前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
986件中 1 - 10件表示
  • 毛利元就

    毛利元就から見た中国地方中国地方

    安芸(現在の広島県西部)の小規模な国人領主から中国地方のほぼ全域を支配下に置くまでに勢力を拡大、中国地方の覇者となり「謀神」「謀将」とも評されるが、「知将」の呼び名の方が高く、「戦国最高の知将」と後世評される。用意周到かつ合理的な策略及び危険を顧みない駆け引きで自軍を勝利へ導く稀代の策略家として名高い。子孫は長州藩の藩主となったことから、同藩の始祖としても位置づけられる人物である。毛利元就 フレッシュアイペディアより)

  • 中国国分

    中国国分から見た中国地方中国地方

    中国国分(ちゅうごくくにわけ)とは、羽柴秀吉(豊臣秀吉)と毛利輝元の同盟関係が成立した天正11年(1583年)以降、秀吉政権によっておこなわれた、中国地方に対する大名など諸領主への領土配分のことである。中国国分 フレッシュアイペディアより)

  • 決戦III

    決戦IIIから見た中国地方中国地方

    その後も旧勢力の浅井、朝倉を滅ぼし、長篠にて武田を退けた。だが、北陸の上杉謙信、中国の毛利輝元、大坂の一揆衆など強敵は多くそれらを打破するため、柴田勝家・前田利家の両名を北陸へ、羽柴秀吉・蜂須賀小六を中国へ派遣、丹羽長秀・荒木村重に畿内平定を担当させ、丹波を平定した光秀はそのまま北上し丹後へ進出。多方面同時侵攻作戦を完成したばかりの天下の拠点、安土城で発表した。そして信長は家康と共に甲斐へ侵攻、武田を滅ぼし天下統一に近づいた。武田を滅ぼしてのち、信長は僅かな共を引き連れて京の本能寺に泊まった。運命の時が刻々と迫っていた……。決戦III フレッシュアイペディアより)

  • 西国

    西国から見た中国地方中国地方

    中国地方 - なかでも特に山陽地方。かつて西国街道があったことに由来。西国 フレッシュアイペディアより)

  • 平成18年豪雪

    平成18年豪雪から見た中国地方中国地方

    この豪雪の特徴としては強い冬型の気圧配置が続くことで雪雲が季節風により山地まで運ばれるため山間部や内陸部に大雪をもたらす「山雪型」の特徴が顕著に現れており、北海道地方から北陸地方・山陰地方の山間部では多くの地域で冬(12月 - 2月)の降雪量や最深積雪が平年を上回った。特に新潟県の山間部にある津南町では4mを超える最深積雪を記録したのをはじめ北海道、東北地方、北陸地方、群馬県、岐阜県、長野県、中国地方などの山間部や内陸部を中心として記録的な最深積雪となる所が多く12月の時点で歴代最深積雪の記録を塗り替えた地点もあった(豪雪の記録は年間で一番積雪が増える1月後半から2月にかけて記録されることが多く、12月中に記録を更新することは珍しい)。一方、金沢市、福井市、鳥取市など日本海側沿岸部に位置する地域では最深積雪こそ平年並あるいは平年を上回るところが多かったものの冬期間の降雪量は平年並あるいは平年を下回るところが多かった。12月は日本海側山間部から内陸部、沿岸部の多くの地点で降雪量が平年を大きく上回ったものの1月中旬以降は冬型の気圧配置が長続きせず高温となる時期も多くなったこと(2005〜2006年冬のシーズンは12月よりも2月の方が高温であった)や冬型の気圧配置となっても山間部中心の降雪となったため日本海側沿岸部では1月、2月の降雪量は平年を下回り、この地域では2月中旬以降は融雪も進み3月を迎える前に積雪がなくなる地点も多かった。山間部の地域でも1月中旬以降は強い降雪のピークは超えたが、代わりに気温の変動などによる雪崩被害も増加した。また新潟市や東北地方太平洋側の仙台市や福島市でも冬の降雪量や最深積雪は平年並、あるいは平年を下回った(但し、元々これらの都市は日本海からの発達した雪雲の影響を比較的受けにくい地域であり北国と呼ばれる割に積雪はとても少ない)。このほか12月は平年の「寒気が南下してくる限界」よりも南に寒気が流れ込んだため九州地方、四国地方、中国地方瀬戸内側、近畿地方、東海地方など平年は雪が少ない地域でも大雪となった。主要都市でも鹿児島市、高知市、広島市、名古屋市など広い範囲で記録的な大雪となった。また、1月下旬には本州南岸を通過した低気圧の影響で関東地方でも大雪となった。平成18年豪雪 フレッシュアイペディアより)

  • 産経新聞

    産経新聞から見た中国地方中国地方

    2007年(平成19年)9月1日までに、リストラの一環として行われた総支局の統合、撤退に伴い東京本社管内の県域版を廃止し、「首都圏・静岡版」「北関東版」「東北版」「甲信越版」にそれぞれ統合し、東京本社管内に於いての実質的な“県版”は廃止された(首都圏・静岡版は2009年(平成21年)2月11日より県域版が復活し各都県版に分けられた)。また大阪本社管内の中国地方と四国地方の県域版も「中四国版」に統一された。発行拠点のない地域では、直売所以外にブロック紙の販売店を通じて委託販売するなどしてカバーしている。産経新聞 フレッシュアイペディアより)

  • 道州制

    道州制から見た中国地方中国地方

    道州制特区推進法の制定によって、現在の「道」と国の出先機関の地方区分が同一である北海道において、権限を新たな「道」に委譲し、やがて全国へと道州制を拡大していこうとしている。道州制に向けてのビジョン策定は、安倍晋三元首相が、自らの選挙区である中国地方の山陽地方と山陰地方の格差を例に挙げて、総裁選で公約し、担当大臣も置いた。道州制 フレッシュアイペディアより)

  • ひまわり乳業

    ひまわり乳業から見た中国地方中国地方

    主に高知県下に販売網を有する企業であるが、高知県以外の四国3県や中国地方にも販売店を有する。また宅配サービスを行っており、牛乳や乳製品は四国地方のみだが、青汁は中国地方や近畿地方の一部でも宅配サービスを行っている。現在は、オンラインショップで日本全国から製品の購入が可能になった。ひまわり乳業 フレッシュアイペディアより)

  • 江の川

    江の川から見た中国地方中国地方

    江の川(ごうのかわ)は、広島県および島根県を流れる一級水系の本流。中国地方最大の川である。江川(ごうがわ)とも呼ばれる。広島県域では可愛川(えのかわ)とも呼ばれる。また、中国太郎の異名を持つ。江の川 フレッシュアイペディアより)

  • 2008年夏の局地的荒天続発

    2008年夏の局地的荒天続発から見た中国地方中国地方

    各地の梅雨明け時期を見ると、沖縄が6月17日ごろ、九州南部・九州北部・四国・中国が7月6日ごろ、近畿・東海が12日ごろ、関東・甲信地方が19日ごろとなりそれぞれ1日?14日早かった。奄美は7月2日ごろ、東北北部は8月5日ごろ、北陸・東北南部が8月6日ごろで、それぞれ4日?15日遅かった。2008年夏の局地的荒天続発 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
986件中 1 - 10件表示

「中国のできごと」のニューストピックワード