986件中 61 - 70件表示
  • 来島ダム

    来島ダムから見た中国地方中国地方

    1953年(昭和28年)、発足以来電源開発を急務としていた中国電力は、島根県邑智郡美郷町に建設していた明塚発電所を完成させた。これは中国地方一の大河と言われる江の川本流の下流部にあたる美郷町に建設した浜原ダムより取水し、最大2万5,000キロワットの電力を発生させるものである。中国電力はその後の1956年(昭和31年)、飯石郡飯南町を流れる神戸川に来島ダムを完成させた。これに貯えた水を潮発電所に送水し、最大3万6,000キロワットの電力を発生するとともに、発電に使用した水を浜原ダムへと放出することで、明塚発電所の発生電力量をさらに増大させるという、まさに一石二鳥の効果をもたらす事業であった。来島ダム フレッシュアイペディアより)

  • 全日本同和会

    全日本同和会から見た中国地方中国地方

    1951年11月、近畿・中国・四国・九州などの地方公共団体の同和対策関係職員を中心に全日本同和対策協議会が誕生。以後数年間、全日本同和対策協議会は部落解放同盟(略称、解放同盟、同盟)と手を結び、政府に対して同和対策の積極的実施を要請していたが、やがて指導理念の相違から決裂。全日本同和会は、その全日本同和対策協議会の後身として1960年5月に生まれた。全日本同和会 フレッシュアイペディアより)

  • 中島千晶

    中島千晶から見た中国地方中国地方

    度々間違われるが中島の読みは「なかじま」ではなく、濁らずに「なかしま」である。この読み方を珍しがる人が多いが、彼女の出身地である岡山県を始め、中国地方・九州地方では多い姓である。同じく岡山県出身のテレビせとうちのアナウンサーの中島有香、鹿児島県出身の歌手の中島美嘉、福岡県出身のカンニングの故・中島忠幸、福岡県出身の野球選手の中島俊哉も同じく「なかしま」と読む。中島千晶 フレッシュアイペディアより)

  • 内海町 (広島県)

    内海町 (広島県)から見た中国地方中国地方

    内海町と芦品郡新市町は広島県及び中国地方では平成の大合併で初めて消滅した自治体となった。内海町 (広島県) フレッシュアイペディアより)

  • ゼンジー北京

    ゼンジー北京から見た中国地方中国地方

    コスチュームも中国風に変え「ハイ! ワタシ中国ハ広島のウマレアルヨ!」(中華人民共和国(中国)と広島のある中国地方をかけた)という協和語のような口上と共に舞台に立ち、これが大いに受けてテレビに出るようになった。喋りながらマジックをするコミックマジックの第一人者である。最初はすぐにタネがバレるような稚拙なマジックで笑いを取るが、ショーの終盤では必ず高度なマジックを披露して締めるのが定番。持ちネタは200種類。ゼンジー北京 フレッシュアイペディアより)

  • 進氏

    進氏から見た中国地方中国地方

    進氏は戦国時代に入ると尼子氏など伯耆に侵出してきた中国地方の有力者のもとに属した。なお、進氏の名は伯耆衆と呼ばれる山名尚之の被官衆には確認されない。このことからも山名教之の代には守護代を務めたこともある進氏は明応年間に入ると山名氏から離れ自立する動きを見せていたことが明らかになっている。その後の一族の動向は不明だが、天正年間からは東伯耆の南条氏家臣に進下総守が確認され、一部の者は他の有力者の家臣に組み込まれていったものと推察される。進氏 フレッシュアイペディアより)

  • 中町スタイル

    中町スタイルから見た中国地方中国地方

    ひるまえワイド…NHK広島放送局の平日昼前の情報番組(前半〔11:05〜11:30〕は中国地方向け、後半〔11:30〜12:00〕は広島県向け)。中町スタイル フレッシュアイペディアより)

  • 中国地方知事会

    中国地方知事会から見た中国地方中国地方

    中国地方知事会(ちゅうごくちほうちじかい)とは、中国地方5県(鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県)の知事によって構成される知事会である。中国地方知事会 フレッシュアイペディアより)

  • 中四国サミット

    中四国サミットから見た中国地方中国地方

    中四国サミット(ちゅうしこくサミット)とは、中国地方及び四国地方の知事、副知事、経済連合会会長らが参加し、毎年8月に開催される協議会である。中四国サミット フレッシュアイペディアより)

  • ひろしまニュース845

    ひろしまニュース845から見た中国地方中国地方

    祝日は中国地方のニュースと気象情報を15分間伝える。ひろしまニュース845 フレッシュアイペディアより)

986件中 61 - 70件表示

「中国のできごと」のニューストピックワード