前へ 1 2
18件中 1 - 10件表示
  • 死刑

    死刑から見た中国の人権問題中国の人権問題

    中華人民共和国では殺人だけでなく麻薬犯罪や汚職事件で有罪になった場合も死刑になるほか、公開処刑が行われていた。中国政府は「犯罪抑止力のために必要だ」と主張しているが、中国の人権問題として国際社会の批判を受けている。なお死刑執行数は世界最大であり、2008年のアムネスティ報告書の調査によれば2008年に世界25カ国で少なくとも2,390人の死刑が執行されたが、最多の中国は少なくとも1,718人と、世界の死刑執行数の約72%を占めている。世界人口の5分の1が中国に集中していることを考慮しても、世界の主要国の中では、死刑執行率も格段に高い。死刑 フレッシュアイペディアより)

  • 米中関係

    米中関係から見た中国の人権問題中国の人権問題

    1989年に発生した六四天安門事件でアメリカをはじめとした主要国はこぞって中国の人権状況を非難し、アメリカは高レベル交流を中止し、対中武器禁輸及び経済制裁を課した。翌1990年夏のヒューストン・サミットでG7各国は中国に対し政治及び経済、特に人権の状況改善を強く求める声明を発表した。米中関係 フレッシュアイペディアより)

  • カルト・オブ・ザ・デッド・カウ

    カルト・オブ・ザ・デッド・カウから見た中国の人権問題中国の人権問題

    2006年初めに、cDcはグーグルが中国当局の検閲命令に従うと決定したことに抗議して、「グーラグ(ソ連の強制労働収容所・矯正収容所、グラグのもじり)」キャンペーンを立ち上げた。同キャンペーンはグーグルのロゴのパロディーを用い、「グーラグ:検閲の輸出、一回の検索で一個の検索結果」を標語とした。cDcはTシャツなどの関連グッズを作り、その全ての利益を中国の人権問題援助のために寄付した。カルト・オブ・ザ・デッド・カウ フレッシュアイペディアより)

  • 陳光誠

    陳光誠から見た中国の人権問題中国の人権問題

    2012年アメリカ合衆国大統領選挙で共和党の大統領候補となるミット・ロムニーは、陳光誠と家族が確実に保護されるよう、望むこと、この件に限らず中国の人権問題に立ち向かうこと、アメリカが中国に改革を促すことを訴えた。5月3日にはオバマ政権がアメリカ大使館から陳が退去するよう急がせたと報道されていることについて、事実であれば「自由にとって暗黒の日であり、オバマ政権にとっても恥だ」と糾弾した。陳光誠 フレッシュアイペディアより)

  • バラク・オバマ政権の外交政策

    バラク・オバマ政権の外交政策から見た中国の人権問題中国の人権問題

    クリントンはアジア歴訪に旅立つ前、「我々は中国との経済関係を理解している。だから我々は互いに利益となる方法を話し合い、努力していく」と発言した。しかし、クリントンは米国の中国の人権問題に対する批判は許されるべきでなく、国際経済や環境問題、安全保障の問題で北京と協力する際の「障害」になると示唆すると批判に遭った。しかし、数日後クリントンはそれまで批判的だった米国国務省が提出した2008年度版の中国の人権侵害に関する報告書にサインした。これに反応して中国は人権問題に対するワシントンの不当な扱いを告発する報告書をまとめ、米国は自分の人権侵害から目をそらしていると語った。バラク・オバマ政権の外交政策 フレッシュアイペディアより)

  • リー・クアンユー

    リー・クアンユーから見た中国の人権問題中国の人権問題

    2008年、「一部の国の指導者が中国の人権問題とチベット問題を理由に、北京オリンピックの開幕式をボイコットすると圧力をかけているが、何の根拠もないものだ」と欧米各国の行動に対して批判的な態度を示しており、さらにリーは「チベットに抱く西側の人々のイメージは『ロマンチックな理想郷』であり、『ヒマラヤとダライ・ラマ』の地だ。しかし、中国にとってのチベットは『封建社会』であり、『後進地域』なのだ。中国はチベットを支配して以来、インド的な身分制度や農奴を廃止し、医療施設、学校、道路、鉄道、空港などを作り、少なくともチベットの生活水準を上げてきた」と語ることによって西側メディアの中国批判を牽制した。リー・クアンユー フレッシュアイペディアより)

  • 穀歌

    穀歌から見た中国の人権問題中国の人権問題

    2010年1月12日、米 Google は、中国を基点とした中国の人権活動家の Gmail アカウントなどを対象とした大規模サイバー攻撃があったことを公表し、言論の自由が脅かされていることなどを理由に今後中国の検閲を受け入れない方針を発表した。「Google.cn」の閉鎖も視野に入れ、中国政府との交渉を行っていた。しかし、検閲なしの検索サービスを中国当局に求めた交渉は決裂したため、Googleは、2010年3月22日、「Google.cn」を停止し、検閲を行っていない香港版の「Google.com.hk」に自動でリダイレクトする処置を始め、2010年7月ごろから「google.cn」の検索窓は香港版へのリンクとなり、翻訳などその他のサービスと、工業情報化部のICPライセンス()登録番号のリンクがある。穀歌 フレッシュアイペディアより)

  • ウゴ・チャベス

    ウゴ・チャベスから見た中国の人権問題中国の人権問題

    中国との友好関係をアピールするために南米ベネズエラで開催される国際野球連盟世界ユース選手権大会で台湾チームのベネズエラ入国を拒否した事があり、アメリカやフランスが批判した2008年のチベット動乱や中国の人権問題にも触れなかった。ウゴ・チャベス フレッシュアイペディアより)

  • チャイナ・フリー

    チャイナ・フリーから見た中国の人権問題中国の人権問題

    それに関連し、米国の健康食品会社が、中国産食品や製品に対する不信感の高まりに対処し、中国産食品や原材料を一切使っていないという事をアピールするため、自社製品に「CHINA FREE」と記したシールを貼るようになったのが始まりである。その後、主に食品業界などで推進され、広告や販売促進キャンペーンなどにも使われている。この背景には近年盛んに報道される「中国産食品の不祥事」および「中国の人権問題」「中国の覇権主義」などの要因による中国産への根強い不信感があり、この表示をすることにより安全性と中国への抗議を印象付ける効果を売り手側は期待している。チャイナ・フリー フレッシュアイペディアより)

  • トゥール・ムハメット

    トゥール・ムハメットから見た中国の人権問題中国の人権問題

    留学先の日本で1989年の六四天安門事件のことを初めて知って衝撃を受けた。九州大学大学院に在学中の1997年2月にはグルジャ事件が発生した際には、写真やビデオを携えて福岡県内のロータリークラブに行き、事件について30?40人の聴衆の前で中国当局による人権蹂躙の実態について話した。当時は未だ日中蜜月期であったため、聴衆の多くは日中友好に水を差すような内容を煙たがった。しかし後日、別のロータリークラブからも実態を話して欲しいとの要請を受けて、今後もう中国へは帰れなくなるであろうと腹を括った上でこれを快諾、人権活動家としての道を歩み始めた。ムハメットは、天安門事件やグルジャ虐殺などと併せて中国当局による人権蹂躙の状況を指し、「中共の支配の下で、東トルキスタン全体は屋根の無い巨大な刑務所になっています!」と批判している。トゥール・ムハメット フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2
18件中 1 - 10件表示

「中国の人権問題」のニューストピックワード