前へ 1 2
17件中 1 - 10件表示
  • 中華人民共和国

    中華人民共和国から見た中国の人権問題中国の人権問題

    中華人民共和国の司法に関してはいくつかの問題が内外から指摘されている。中華人民共和国の警察などでは中華人民共和国政府(中国共産党政府)を非難する者に対しては動きが敏速ですぐに逮捕を行い、密かに拷問での自白強要を行っているとも言われている。司法も裁判所の制度も日欧米の諸外国と大きく異なっている。死刑の場合は判決後数日以内と、迅速に決行されるケースが多い。控訴する権利は与えられてはいるものの実際に控訴で逆転できるパターンはわずかである。(中国の人権問題も参照)中華人民共和国 フレッシュアイペディアより)

  • 米中関係

    米中関係から見た中国の人権問題中国の人権問題

    1989年に発生した六四天安門事件で米国をはじめとした主要国はこぞって中国の人権状況を非難し、米国は高レベル交流を中止し、対中武器禁輸及び経済制裁を課した。翌1990年夏のヒューストン・サミットでG7各国は中国に対し政治及び経済、特に人権の状況改善を強く求める声明を発表した。米中関係 フレッシュアイペディアより)

  • スティーヴン・ハーパー

    スティーヴン・ハーパーから見た中国の人権問題中国の人権問題

    近年、世界の政治、経済における中国の影響力が増大してくるにつれ、西側の指導者に中国の人権問題への批判を控える傾向がみられる中、ハーパーは中国の人権問題について強い関心を持ち、積極的に言及し中国を批判している。同時に日本の右派・保守派の慰安婦問題や南京大虐殺に関する否認主義に対しても批判的である。また2008年6月11日に、国内の先住民への同化政策(民族文化の抹殺)をはじめとする数々の差別・抑圧を謝罪し、二度とあってはならない歴史であると述べた。スティーヴン・ハーパー フレッシュアイペディアより)

  • 死刑

    死刑から見た中国の人権問題中国の人権問題

    中華人民共和国では殺人だけでなく麻薬犯罪や汚職事件で有罪になった場合も死刑になるほか、公開処刑が行われていた。これらは犯罪抑止力の為に必要と中国政府は主張しているが、中国の人権問題として国際社会の批判を受けている。なお死刑執行数は世界最大であり、2008年のアムネスティ報告書の調査によれば2008年に世界25カ国で少なくとも2390人の死刑が執行されたが、最多の中国は少なくとも1718人と、世界の死刑執行数の約72%を占めている。世界人口の5分の1が中国に集中していることを考慮しても、世界の主要国の中では、死刑執行率も格段に高い。死刑 フレッシュアイペディアより)

  • カルト・オブ・ザ・デッド・カウ

    カルト・オブ・ザ・デッド・カウから見た中国の人権問題中国の人権問題

    2006年初めに、cDcはグーグルが中国当局の検閲命令に従うと決定したことに抗議して、「グーラグ(ソ連の強制労働収容所・矯正収容所、グラグのもじり)」キャンペーンを立ち上げた。同キャンペーンはグーグルのロゴのパロディーを用い、「グーラグ:検閲の輸出、一回の検索で一個の結果」を標語とした。cDcはTシャツなどの関連グッズを作り、その全ての利益を中国の人権問題援助のために寄付した。カルト・オブ・ザ・デッド・カウ フレッシュアイペディアより)

  • 嫌中

    嫌中から見た中国の人権問題中国の人権問題

    チベット問題・中国の人権問題から中国共産党を厳しく批判するリベラル派・左派もいるが、こうした人々は反中ではあっても嫌中とは呼ばれない。嫌中 フレッシュアイペディアより)

  • バラク・オバマ政権の外交政策

    バラク・オバマ政権の外交政策から見た中国の人権問題中国の人権問題

    クリントンはアジア歴訪に旅立つ前、「我々は中国との経済関係を理解している。だから我々は互いに利益となる方法を話し合い、努力していく」と発言した。しかし、クリントンは米国の中国の人権問題に対する批判は許されるべきでなく、国際経済や環境問題、安全保障の問題で北京と協力する際の「障害」になると示唆すると批判に遭った。しかし、数日後クリントンはそれまで批判的だった米国国務省が提出した2008年度版の中国の人権侵害に関する報告書にサインした。これに反応して中国は人権問題に対するワシントンの不当な扱いを告発する報告書をまとめ、米国は自分の人権侵害から目をそらしていると語った。バラク・オバマ政権の外交政策 フレッシュアイペディアより)

  • チャイナ・フリー

    チャイナ・フリーから見た中国の人権問題中国の人権問題

    それに関連し、米国の健康食品会社が、中国産食品や製品に対する不信感の高まりに対処し、中国産食品や原材料を一切使っていないという事をアピールするため、自社製品に「CHINA FREE」と記したシールを貼るようになったのが始まりである。その後、主に食品業界などで推進され、広告や販売促進キャンペーンなどにも使われている。この背景には近年盛んに報道される「中国産食品の不祥事」および「中国の人権問題」「中国の覇権主義」などの要因による中国産への根強い不信感があり、この表示をすることにより安全性と中国への抗議を印象付ける効果を売り手側は期待している。チャイナ・フリー フレッシュアイペディアより)

  • 陳光誠

    陳光誠から見た中国の人権問題中国の人権問題

    2012年アメリカ合衆国大統領選挙で共和党の大統領候補となるミット・ロムニーは、陳光誠と家族が確実に保護されるよう、望むこと、この件に限らず中国の人権問題に立ち向かうこと、アメリカが中国に改革を促すことを訴えた。5月3日にはオバマ政権がアメリカ大使館から陳が退去するよう急がせたと報道されていることについて、事実であれば「自由にとって暗黒の日であり、オバマ政権にとっても恥だ」と糾弾した。陳光誠 フレッシュアイペディアより)

  • 週刊金曜日

    週刊金曜日から見た中国の人権問題中国の人権問題

    「権力は腐敗する、絶対的権力は絶対的に腐敗する」(ジョン・アクトンの言葉)という前提にたち、「だから監視が必要であり、そのためにジャーナリズムは存在する」という思想を体現した誌面を特徴とする。したがって、与党や政府や財界など体制を批判する記事が多い。近隣諸国の中では日本の政財界と深い関係を持つアメリカ合衆国を批判する記事が目立つが、チェチェン紛争などに絡むロシアの人権問題や覇権主義、「人体の不思議展」の疑惑など中国の人権問題、中国共産党の独裁と腐敗に言及した記事も少なくなく、“敵か、味方か”の二分的な思考に囚われず、強権的・タカ派な政権には厳しい姿勢を貫くのが基本的な論調といえる。週刊金曜日 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2
17件中 1 - 10件表示

「中国の人権問題」のニューストピックワード