86件中 21 - 30件表示
  • 中国の人権問題

    中国の人権問題から見たインターネットカフェ

    中国政府は検閲による情報操作(香港・マカオは除く)を行っており、政府にとって不利益があると認識した報道を規制している。金盾等の検閲システムを利用し、反政府や同盟国の朝鮮民主主義人民共和国を中傷するウェブページを閉鎖、または回線を切断させる処置をとり続けている。2004年11月には違法インターネットカフェ1600店余を摘発し、ネット上で政府を非難する自国人を逮捕しメールの文章も検閲内容として規制されている。2006年の時点で、GoogleやYahoo!、マイクロソフトなどの企業も政府の検閲に協力し、中国国内での言論の自由を奪っているとして、国際的に人権団体等が非難している。2006年6月には中国のインターネット人口が1億2300万人に達すなどネット文化の進展にともない、中国政府はネット規制システム金盾をバージョンアップさせている。一方で、そうした検閲、規制を回避するためのシステムも一部で配布されているといわれる(傲游など)。中国の人権問題 フレッシュアイペディアより)

  • 中国の人権問題

    中国の人権問題から見た新華社通信

    中国の報道機関としては、中華人民共和国国務院直属の機関である新華社通信、中国共産党中央委員会の機関紙『人民日報』、国営テレビ局中国中央電視台(中国唯一のキー局)などが世界的に知られ、これらはいずれも中国政府と緊密な関係にあり、中国政府を批判するような報道は一切なされない。しかし、改革開放以後、タブロイド紙が爆発的に増え、テレビは地方局が多数開設されたため、中国政府公式の報道機関である上記3大報道機関の影響力は相対的に低下しているともいわれる。しかし、新興報道機関は中小多数で熾烈な報道合戦を展開しているため大衆の好奇心を刺激するような論評で大衆の関心の高い事柄を報道するが、そのうち政府への批判的な報道は当局から「整頓」と呼ばれる修正を命じられることが多く、「上と下を見つつ報道」しているといわれる。また、体制批判ができないため矛先を日本を始めとする外国批判に向けているともいわれている。中国の人権問題 フレッシュアイペディアより)

  • 中国の人権問題

    中国の人権問題から見た教育

    これら2つの戸籍の間では今でも教育・就職・医療・社会保障などの条件が異なる。都市戸籍は産児制限を課せられているため老後の保障として年金制度が整備されている。この一方農村戸籍は農地の使用の権利を有するなど、個々に長短があり一概にどちらが有利とは言えない。中国の人権問題 フレッシュアイペディアより)

  • 中国の人権問題

    中国の人権問題から見たGoogle

    中国政府は検閲による情報操作(香港・マカオは除く)を行っており、政府にとって不利益があると認識した報道を規制している。金盾等の検閲システムを利用し、反政府や同盟国の朝鮮民主主義人民共和国を中傷するウェブページを閉鎖、または回線を切断させる処置をとり続けている。2004年11月には違法インターネットカフェ1600店余を摘発し、ネット上で政府を非難する自国人を逮捕しメールの文章も検閲内容として規制されている。2006年の時点で、GoogleやYahoo!、マイクロソフトなどの企業も政府の検閲に協力し、中国国内での言論の自由を奪っているとして、国際的に人権団体等が非難している。2006年6月には中国のインターネット人口が1億2300万人に達すなどネット文化の進展にともない、中国政府はネット規制システム金盾をバージョンアップさせている。一方で、そうした検閲、規制を回避するためのシステムも一部で配布されているといわれる(傲游など)。中国の人権問題 フレッシュアイペディアより)

  • 中国の人権問題

    中国の人権問題から見た中国人民解放軍

    中華人民共和国は中国共産党による一党独裁制国家であり、中国人民解放軍も党の軍隊である。そのため党にとって好ましくない人物の人権は、軍隊まで動員されて蹂躙されている。特に近年は、中国の急速な経済発展とともに人権の保護を求める国民と政府との間の紛争が各地で急増している(以下、特記なき場合は「中国」とは中華人民共和国を指す)。中国の人権問題 フレッシュアイペディアより)

  • 中国の人権問題

    中国の人権問題から見た医療

    これら2つの戸籍の間では今でも教育・就職・医療・社会保障などの条件が異なる。都市戸籍は産児制限を課せられているため老後の保障として年金制度が整備されている。この一方農村戸籍は農地の使用の権利を有するなど、個々に長短があり一概にどちらが有利とは言えない。中国の人権問題 フレッシュアイペディアより)

  • 中国の人権問題

    中国の人権問題から見たアムネスティ・インターナショナル

    反政府運動の首謀者から汚職といった他人に暴力を振るったり生命の危機に直面させない罪などでも、死刑判決即決行に該当する。人権擁護団体アムネスティ・インターナショナルの報告によると、2004年で全世界で執行された死刑囚の数の9割以上(約3400人)が中国で行われており、同団体に非難されている。また現在もほんの一部ではあるが、凶悪犯の処刑を一般人に公開したり政府のテレビ番組内で生中継などをしていることがある(公開処刑)。また、チベット解放運動家はしばしば処刑されていた。同団体の報告によると、パンチェン・ラマの生まれ変わりとされた少年(当時6歳)を、政治犯として逮捕している。中国の人権問題 フレッシュアイペディアより)

  • 中国の人権問題

    中国の人権問題から見た王丹

    天安門事件時のリーダーの一人王丹は「民主化、人権を巡る状況は、天安門事件当時より悪い。事件以前、政府批判や民主化、人権の議論が出来た。いまや人々は当局の弾圧を恐れて何も出来ず、何も言えない」と2011年6月に語っている。中国の人権問題 フレッシュアイペディアより)

  • 中国の人権問題

    中国の人権問題から見た世帯

    これとは逆に大規模開発においては、不十分な移転補償の下で農民などが強制的に移動させられる場合も多い。中国の現在の高度成長は農村部から流入する低賃金の労働者に負っている側面が高い。したがって嘗て「盲流」と呼ばれる農村の労働力の流入を一概に禁止してはいないが、農村戸籍の子弟の都市の小中学校への入学を制限するなど、世帯単位での都市への流入を制限する政策を実施している。中国の人権問題 フレッシュアイペディアより)

  • 中国の人権問題

    中国の人権問題から見た朝鮮民主主義人民共和国

    中国政府は検閲による情報操作(香港・マカオは除く)を行っており、政府にとって不利益があると認識した報道を規制している。金盾等の検閲システムを利用し、反政府や同盟国の朝鮮民主主義人民共和国を中傷するウェブページを閉鎖、または回線を切断させる処置をとり続けている。2004年11月には違法インターネットカフェ1600店余を摘発し、ネット上で政府を非難する自国人を逮捕しメールの文章も検閲内容として規制されている。2006年の時点で、GoogleやYahoo!、マイクロソフトなどの企業も政府の検閲に協力し、中国国内での言論の自由を奪っているとして、国際的に人権団体等が非難している。2006年6月には中国のインターネット人口が1億2300万人に達すなどネット文化の進展にともない、中国政府はネット規制システム金盾をバージョンアップさせている。一方で、そうした検閲、規制を回避するためのシステムも一部で配布されているといわれる(傲游など)。中国の人権問題 フレッシュアイペディアより)

86件中 21 - 30件表示

「中国の人権問題」のニューストピックワード