86件中 71 - 80件表示
  • 中国の人権問題

    中国の人権問題から見た人民日報

    中国の報道機関としては、中華人民共和国国務院直属の機関である新華社通信、中国共産党中央委員会の機関紙『人民日報』、国営テレビ局中国中央電視台(中国唯一のキー局)などが世界的に知られ、これらはいずれも中国政府と緊密な関係にあり、中国政府を批判するような報道は一切なされない。しかし、改革開放以後、タブロイド紙が爆発的に増え、テレビは地方局が多数開設されたため、中国政府公式の報道機関である上記3大報道機関の影響力は相対的に低下しているともいわれる。しかし、新興報道機関は中小多数で熾烈な報道合戦を展開しているため大衆の好奇心を刺激するような論評で大衆の関心の高い事柄を報道するが、そのうち政府への批判的な報道は当局から「整頓」と呼ばれる修正を命じられることが多く、「上と下を見つつ報道」しているといわれる。また、体制批判ができないため矛先を日本を始めとする外国批判に向けているともいわれている。中国の人権問題 フレッシュアイペディアより)

  • 中国の人権問題

    中国の人権問題から見たメール

    中国政府は検閲による情報操作(香港・マカオは除く)を行っており、政府にとって不利益があると認識した報道を規制している。金盾等の検閲システムを利用し、反政府や同盟国の朝鮮民主主義人民共和国を中傷するウェブページを閉鎖、または回線を切断させる処置をとり続けている。2004年11月には違法インターネットカフェ1600店余を摘発し、ネット上で政府を非難する自国人を逮捕しメールの文章も検閲内容として規制されている。2006年の時点で、GoogleやYahoo!、マイクロソフトなどの企業も政府の検閲に協力し、中国国内での言論の自由を奪っているとして、国際的に人権団体等が非難している。2006年6月には中国のインターネット人口が1億2300万人に達すなどネット文化の進展にともない、中国政府はネット規制システム金盾をバージョンアップさせている。一方で、そうした検閲、規制を回避するためのシステムも一部で配布されているといわれる(傲游など)。中国の人権問題 フレッシュアイペディアより)

  • 中国の人権問題

    中国の人権問題から見た経済格差

    近年、都市部と農村との経済格差が顕著となると共に、都市部への人口流入が問題となっている。合法的な出稼ぎにおいても、農村戸籍の人間が出稼ぎに行く時には暫定居住証を発行してもらい、外来人口管理費などを納めなければならないといった制約が存在する。したがって違法な人口流入も相当数に上ると考えられている。中国の人権問題 フレッシュアイペディアより)

  • 中国の人権問題

    中国の人権問題から見た中国天主教愛国会

    キリスト教の内、カトリック系の中国天主教愛国会は、1958年からは本来ローマ教皇だけに認められている司教ら聖職者任命を独自に行っている。信徒は350万人。 聖職者が4000人、教会・礼拝堂が4600余カ所といわれる。プロテスタントは、信徒は約1000万人、聖職者が1万8000人おり、教会堂が1万2000カ所、簡素な宗教活動の場所(会所)が2万5000カ所ある。中国の人権問題 フレッシュアイペディアより)

  • 中国の人権問題

    中国の人権問題から見た産児制限

    これら2つの戸籍の間では今でも教育・就職・医療・社会保障などの条件が異なる。都市戸籍は産児制限を課せられているため老後の保障として年金制度が整備されている。この一方農村戸籍は農地の使用の権利を有するなど、個々に長短があり一概にどちらが有利とは言えない。中国の人権問題 フレッシュアイペディアより)

  • 中国の人権問題

    中国の人権問題から見たチベット仏教

    憲法には「公民は宗教信仰の自由を持つ」と規定されている。ただし、共産党の指導に従わないものは邪教となり当局に弾圧される上、未成年者への宗教教育は禁止されており、チベット仏教、キリスト教やその「地下教会」、新興気功集団「法輪功」などの弾圧事件はよく報道されている。中国の人権問題 フレッシュアイペディアより)

  • 中国の人権問題

    中国の人権問題から見た人権

    中華人民共和国は中国共産党による一党独裁制国家であり、中国人民解放軍も党の軍隊である。そのため党にとって好ましくない人物の人権は、軍隊まで動員されて蹂躙されている。特に近年は、中国の急速な経済発展とともに人権の保護を求める国民と政府との間の紛争が各地で急増している(以下、特記なき場合は「中国」とは中華人民共和国を指す)。中国の人権問題 フレッシュアイペディアより)

  • 中国の人権問題

    中国の人権問題から見た言論統制

    現在においても中国政府は取り締まりを日々強化しており、毛沢東や鄧小平の時代のような報道規制・情報規制、言論統制を目指していると見られている。中国の人権問題 フレッシュアイペディアより)

  • 中国の人権問題

    中国の人権問題から見た中国中央電視台

    中国の報道機関としては、中華人民共和国国務院直属の機関である新華社通信、中国共産党中央委員会の機関紙『人民日報』、国営テレビ局中国中央電視台(中国唯一のキー局)などが世界的に知られ、これらはいずれも中国政府と緊密な関係にあり、中国政府を批判するような報道は一切なされない。しかし、改革開放以後、タブロイド紙が爆発的に増え、テレビは地方局が多数開設されたため、中国政府公式の報道機関である上記3大報道機関の影響力は相対的に低下しているともいわれる。しかし、新興報道機関は中小多数で熾烈な報道合戦を展開しているため大衆の好奇心を刺激するような論評で大衆の関心の高い事柄を報道するが、そのうち政府への批判的な報道は当局から「整頓」と呼ばれる修正を命じられることが多く、「上と下を見つつ報道」しているといわれる。また、体制批判ができないため矛先を日本を始めとする外国批判に向けているともいわれている。中国の人権問題 フレッシュアイペディアより)

  • 中国の人権問題

    中国の人権問題から見たDEATH NOTE

    日本の漫画DEATH NOTEなども規制の対象となっている。中国の人権問題 フレッシュアイペディアより)

86件中 71 - 80件表示

「中国の人権問題」のニューストピックワード