中国の食の安全問題 ニュース&Wiki etc.

中国産食品の安全性(ちゅうごくさんしょくひんのあんぜんせい)では、中華人民共和国産食品の安全性に関する問題を扱う。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「中国産食品の安全性」のつながり調べ

  • 地産地消

    地産地消から見た中国産食品の安全性

    バブル経済期に始まる「本物志向」が平成不況期以降も定着する一方、1990年代には安価だが安全性に深刻な問題を抱える中国産などの農産物が市場に氾濫し、食の安全の問題がクローズアップされる。こうしたなか、国内の高い農産物でも「安心・安全で高品質」をアピールすることで市場での競争力が確保され、地産地消の流れが徐々に定着していった。(地産地消 フレッシュアイペディアより)

  • グレーマーケット

    グレーマーケットから見た中国産食品の安全性

    2008年の中国のミルク騒動以降、中国の親達が地元生産の乳児用調製粉乳への信頼を失ったことで、欧州、日本、米国の調製粉乳の需要が生まれた。これらの国々からの調製粉乳の輸入制限により親は外国ブランドに対し割り増し料金で買おうとしていたので、香港に渡り店頭で調製粉乳を購入し、深セン市まで運びまた香港に戻って購入するというプロセスを繰り返す調製粉乳の運び屋の出現につながった。この運び屋の影響で香港における調製粉乳の不足が発生したことから香港自治政府は一回の旅行につき一人二缶までの輸出制限を課すことを余儀なくされた?。自治政府による規制の影響で今度はオーストラリアで不足が起き?、調製粉乳の生産メーカーは英国の小売業者に対し調製粉乳が後に中国へ輸出されるという証拠があるときに、購入を二缶までに制限するように求めた(グレーマーケット フレッシュアイペディアより)

「中国産食品の安全性」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「中国の食の安全問題」のニューストピックワード