72件中 31 - 40件表示
  • 中国製品ボイコット

    中国製品ボイコットから見た中国産食品の安全性中国産食品の安全性

    2008年のメラミン入りミルク事件は中国産食品の衛生管理の象徴的事件とされ、これが発端となって中国に於ける国産ミルクの信用は失墜した。中国製品ボイコット フレッシュアイペディアより)

  • カネスエ

    カネスエから見た中国製餃子中毒事件中国産食品の安全性

    2006年7月28日、名古屋市初出店となる「旬楽膳 名古屋地アミ店」では、2008年1月の中国製餃子中毒事件発覚以後、客数が約1.2倍、売上高が1.5倍増加した。カネスエ フレッシュアイペディアより)

  • 中国醸造

    中国醸造から見た中国産食品の安全性中国産食品の安全性

    中国醸造株式会社(ちゅうごくじょうぞう、)は、広島県廿日市市に本社を置く酒造会社。 1918年(大正7年)創業。清酒「一代」、焼酎、みりん、リキュール類などの製造販売を行う。県内の安芸太田町戸河内には、今福線の試掘トンネル跡を利用した「戸河内蔵置所」があり、清酒・焼酎・ウイスキーの貯蔵・熟成が行われている。なお、中国産食品の安全性が話題となっている近年では、誤解を避けるため商品ラベルに社名を「広島・中国醸造」と記載しているものもある。中国醸造 フレッシュアイペディアより)

  • 毒ギョーザ事件

    毒ギョーザ事件から見た中国産食品の安全性中国産食品の安全性

    毒ギョーザ事件 フレッシュアイペディアより)

  • 烏龍茶

    烏龍茶から見た中国産食品の安全性中国産食品の安全性

    2007年、2008年に殺虫剤が混入させられた中国製冷凍餃子が流通し、中国産食品の安全性に不安を感じる消費者が急増、烏龍茶の消費にも影響を及ぼした。中国以外の代替地が求められたが、烏龍茶を作る茶の木は日本の緑茶などの茶の木と根本的に同一植物であるため、2015年に入ると日本国内産茶葉を加工した烏龍茶を原料とした烏龍茶飲料が発売されるに至った。烏龍茶 フレッシュアイペディアより)

  • テーブルマーク

    テーブルマークから見た中国製冷凍餃子中毒事件中国産食品の安全性

    1956年の株式会社設立から、51年にわたって増収を続ける高成長企業として有名だったが、2007年4月に過去6年にわたって巨額の架空売上を計上していたことが発覚。さらに架空売上の計上が加ト吉とJTの組織ぐるみで行われたこともあり、その信用は大きく失墜することとなった。そのため加ト吉は2007年11月、資本提携先であり加ト吉の保有を希望していたJTと日清食品の3社の冷凍食品事業統合で基本合意。まずJTが全株取得のTOBを行い上場廃止とした上で完全子会社化、その後速やかに全株式の49%を日清食品に譲渡してJTと日清食品の冷凍食品事業を加ト吉に集約、JTと日清食品の共同持株体制で経営される計画であった。しかし、2008年に発生したJT子会社のジェイティフーズによる中国製冷凍餃子中毒事件の影響で共同持株化は白紙撤回され、同年4月18日にJTの完全子会社となった。テーブルマーク フレッシュアイペディアより)

  • 中国食品工業

    中国食品工業から見た中国産食品の安全性中国産食品の安全性

    中国産食品の安全性が問題になっていた時期であり、社名から「中華人民共和国」を連想する消費者が少なくなかった上に、原材料の一部に中国産を使用した商品があったこともあり、風評被害による消費者の買い控え、取引先の減少が、倒産の主たる原因となったとの報道もなされている。中国食品工業 フレッシュアイペディアより)

  • 全日本学生文化会議

    全日本学生文化会議から見た中国産食品の安全性中国産食品の安全性

    2007年(平成19年)には、沖縄戦住民集団自決問題に関する現地世論調査を実施し、その結果を国会議員の勉強会や『産経新聞』で発表した。2008年(平成20年)には、「毒ギョーザ事件」や「チベット人虐殺事件」をめぐって中国への批判姿勢を強め、長野で行われた北京オリンピック聖火リレーへの抗議行動や、胡錦濤国家主席来日に対する抗議行動(日比谷公園、早稲田大学等)に取り組んでいる。全日本学生文化会議 フレッシュアイペディアより)

  • グレーマーケット

    グレーマーケットから見た中国産食品の安全性中国産食品の安全性

    2008年の中国のミルク騒動以降、中国の親達が地元生産の乳児用調製粉乳への信頼を失ったことで、欧州、日本、米国の調製粉乳の需要が生まれた。これらの国々からの調製粉乳の輸入制限により親は外国ブランドに対し割り増し料金で買おうとしていたので、香港に渡り店頭で調製粉乳を購入し、深セン市まで運びまた香港に戻って購入するというプロセスを繰り返す調製粉乳の運び屋の出現につながった。この運び屋の影響で香港における調製粉乳の不足が発生したことから香港自治政府は一回の旅行につき一人二缶までの輸出制限を課すことを余儀なくされた?。自治政府による規制の影響で今度はオーストラリアで不足が起き?、調製粉乳の生産メーカーは英国の小売業者に対し調製粉乳が後に中国へ輸出されるという証拠があるときに、購入を二缶までに制限するように求めたグレーマーケット フレッシュアイペディアより)

  • 地産地消

    地産地消から見た中国産食品の安全性中国産食品の安全性

    バブル経済期に始まる「本物志向」が平成不況期以降も定着する一方、1990年代には安価だが安全性に深刻な問題を抱える中国産などの農産物が市場に氾濫し、食の安全の問題がクローズアップされる。こうしたなか、国内の高い農産物でも「安心・安全で高品質」をアピールすることで市場での競争力が確保され、地産地消の流れが徐々に定着していった。地産地消 フレッシュアイペディアより)

72件中 31 - 40件表示

「中国の食の安全問題」のニューストピックワード