63件中 41 - 50件表示
  • アフラトキシン

    アフラトキシンから見た中国産食品の安全性中国産食品の安全性

    2010年3月、中国において、下水や廃油・残飯から作られた「地溝油」と呼ばれるリサイクル油が大量に出回っているとして報道された。この地溝油は衛生上問題があるだけではなく、アフラトキシンが含まれており、中国の食品安全当局により取り締まりが強化されることとなった。安価なため、2010年3月現在、中国で出回っている油の10%がこの地溝油であるというほど大きく広まっており、中国産食品の安全性にまた1つ疑念が呈されることとなった。アフラトキシン フレッシュアイペディアより)

  • 日清医療食品

    日清医療食品から見た中国産食品の安全性中国産食品の安全性

    中国産食品の安全性も参照のこと。日清医療食品 フレッシュアイペディアより)

  • ウナギ

    ウナギから見た中国産食品の安全性中国産食品の安全性

    これに関して日本鰻輸入組合森山喬司理事長は、アメリカに輸入されたウナギから上記の物質が検出されたものの、「日本に輸入されている中国産ウナギは中国政府による検査・各工場の自主検査、日本での命令検査をパスしており安全だ」「ウナギが危ないと連日報道されて消費者の不安が煽られ、ウナギの売れ行きは激減している。いかに努力して安全なものにしているか実態を理解してほしい」とコメントしている(中国産食品の安全性も参照のこと)。ウナギ フレッシュアイペディアより)

  • Made in Japan

    Made in Japanから見た中国産食品の安全性中国産食品の安全性

    日本産の食品も一昔前は生産効率の優先で、化学合成系の農薬や保存料・着色料を多用していた上、衛生状態の不完全な工場も存在した為にあまり安全ではなかった。近年に於いては食品衛生法が厳格化した事、中国産食品の安全性や2011年7月施行の米流通追跡法に起因した国産食材の供給見直しもあり、相対的に日本産食品の安全性は向上した。また、米や青果類の相次ぐ商標化もあり、先進国中最低とされる食料自給率ながら、海外の富裕層を中心に人気が出始めている。Made in Japan フレッシュアイペディアより)

  • 電子タバコ

    電子タバコから見た中国産食品の安全性中国産食品の安全性

    この問題に関連して、アメリカ食品医薬品局 (FDA) は電子タバコに発がん性物質をはじめとする毒性物質が含まれることを報告書内で示している。また、WHOおよび米国疾病管理予防センター (CDC) は若年者の使用においてニコチン依存の増大と喫煙に向かわせるリスクを懸念していることが示されている。この問題に際して、FDA筋は(中国産食品の安全性のような)品質管理の杜撰さからか来るものだとみている。この見解に関して米国肺協会 (ALA) は支持を表明しており、FDAの承認が出ない限りはそれら製品を販売すべきではないという意見を示しており、また、FDA側でもこういった安全性の懸念から2009年7月時点ですでに50件が検査中を含め出荷を足止めさせていると発表している。この問題では発売元(の一つ?)であるSmoking Everywhere社が同4月よりFDAの出荷差し止めは越権行為だとして法廷で争う姿勢もみせるなど、注目も集める。電子タバコ フレッシュアイペディアより)

  • 福田康夫

    福田康夫から見た中国製冷凍食品による農薬中毒事件中国産食品の安全性

    中国製冷凍食品による農薬中毒事件で中国国内で日本未出荷の餃子から日本と同様の食中毒が発生し7月初めに伝えられたものの、中国政府への要請とサミットへの配慮から、事実が1ヶ月遅く公表されることとなった。福田康夫 フレッシュアイペディアより)

  • 福田康夫

    福田康夫から見た中国産食品の安全性中国産食品の安全性

    2008年発覚した中国製冷凍ギョーザによる中毒事件に関し、2008年2月29日、毒物混入経路が不明のまま中国公安省が開いた「中国国内での毒物混入可能性は極めて低い」という事実上事件の幕引きを図る会見について、「中国は解決に非常に前向き」と評価した。福田康夫 フレッシュアイペディアより)

  • コープネット事業連合

    コープネット事業連合から見た中国産食品の安全性中国産食品の安全性

    2007年9月に、「ユーコープ事業連合」(コープかながわ・コープしずおか・市民生協やまなしを総合利用会員生協とする事業連合)との連帯を発表し、2010年に1つの事業連合となる予定であったが、中国の毒入り餃子の問題により安全性を第一に確保するため無期限延期となった。コープネット事業連合 フレッシュアイペディアより)

  • フグ

    フグから見た中国産食品の安全性中国産食品の安全性

    なお、中国産食品の安全性問題はフグ関連でも発生している。アメリカにおける、中国産のアンコウの切り身でのフグ・フグ毒の混入、及び日本と米国ハワイ州における中国産カワハギの切り身でのフグ・フグ毒の混入が代表例として挙げられる。フグ フレッシュアイペディアより)

  • 餃子

    餃子から見た中国産食品の安全性中国産食品の安全性

    2008年 中国製冷凍餃子中毒事件 - 中国で生産され、日本へ輸出された冷凍食品の餃子に高濃度の農薬が混入しており、それを食べた多数の人が薬物中毒を起こした事件。→詳細は中国製冷凍食品による農薬中毒事件、段躍中を参照。餃子 フレッシュアイペディアより)

63件中 41 - 50件表示

「中国の食の安全問題」のニューストピックワード