72件中 41 - 50件表示
  • 中国の環境問題

    中国の環境問題から見た中国産食品の安全性中国産食品の安全性

    中国食品薬品監督管理局の資料によれば、工場からの汚染された排水や、化学肥料、農薬によって、河川、湖及び近海に深刻な環境汚染が起きているという。河川、湖については6割が深刻な汚染に侵されている。また、重金属によって土壌汚染が起きている地域(渤海沿岸、華東、華南)もあり、汚染地域では癌や奇病の多発、奇形生物の発生も指摘されている。土壌や河川の汚染は、食品の安全性にも影響を及ぼし、中国製食品を汚染している。中国の耕地面積の5分の1近くは何らかの形で汚染され、10%以上は重金属汚染によって耕作できない「毒土」と化しているとされる。詳細は食の安全、中国産食品の安全性を参照。中国の環境問題 フレッシュアイペディアより)

  • クロルピリホス

    クロルピリホスから見た中国産食品の安全性中国産食品の安全性

    クロルピリホス(Chlorpyrifos)は、有機リン化合物である。コリンエステラーゼ阻害作用を持ち、殺虫効果を持つことから農薬やシロアリ駆除などに用いられる。IUPAC系統名は、チオリン酸=O-(3,5,6-トリクロロピリジン-2-イル)=O,O-ジエチル O,O-diethyl O-(3,5,6-trichloropyridin-2-yl) thiophosphate である。2008年2月26日、中国製の冷凍食品から検出されたことが判明。クロルピリホス フレッシュアイペディアより)

  • 冷凍食品

    冷凍食品から見た中国産食品の安全性中国産食品の安全性

    なお一定段階まで調理された冷凍食品では原材料の安全性の問題や生産国に連動して不信感を招くこともある。日本では日本冷凍食品協会調べで2006年度の調理済み輸入冷凍食品が前年度比100%を超える急成長市場にあるが、これは日本国内の食料需要でも少なからぬ地位を輸入調理済み冷凍食品が得ている半面、中国産食品の安全性のような問題に連動して、問題のある製品が流通後に回収される騒動もあり、2008年1月末にも日本各地で販売された中国製冷凍餃子から有害物質が検出され中毒者が出る騒動も起こっている。この冷凍餃子事件をきっかけに、冷凍餃子の売り上げが激減するなどの事態が起こった。冷凍食品 フレッシュアイペディアより)

  • 中華人民共和国の科学技術

    中華人民共和国の科学技術から見た中国産食品の安全性中国産食品の安全性

    耕作地や水が不足しており、これは新技術のみがの作物量が増加させることができることを意味する。元中国共産党総書記の江沢民は「農業科学技術の新たな革命」を呼びかけた。民衆の関心が広まると、遺伝子組み換え作物に関する制限や規定が導入もしくは言及されるようになった。中国は国内の家畜の急速な遺伝子改良を進めるため大量の海外の家畜の精液や胎児と同様に海外の家畜動物を100万匹単位で購入している。農薬の使用の増加などのより高度な農業方法は中国産食品の安全性に関わる問題となっている。中華人民共和国の科学技術 フレッシュアイペディアより)

  • だいすき!! ゆずの子育て日記

    だいすき!! ゆずの子育て日記から見た毒入りギョーザ事件中国産食品の安全性

    毒入りギョーザ事件の影響で第4話から第7話までJTはスポンサーを自粛し、第6話・第7話は穴埋めでAC公共広告機構のCMを放映したが、第8話よりtaspoのお知らせCMでJTはCM放映を再開した。だいすき!! ゆずの子育て日記 フレッシュアイペディアより)

  • 2008年北京オリンピック

    2008年北京オリンピックから見た中国産食品の安全性中国産食品の安全性

    大気汚染や食品の安全性への懸念からか、合宿地として、主に欧米勢を中心に約25ヵ国が日本での最終調整を決定した。2008年北京オリンピック フレッシュアイペディアより)

  • 2000年代の日本

    2000年代の日本から見た中国製冷凍餃子中毒事件中国産食品の安全性

    1月 - 日本国内で中国製ギョーザによる中毒が相次いで発生する。(→中国製冷凍餃子中毒事件2000年代の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 松尾由美子

    松尾由美子から見た中国産食品の安全性中国産食品の安全性

    前述の「北京オリンピックに関わりたい」という願いは、スポーツ番組ではないものの「スーパーJチャンネル」で2008年8月4日から8月7日の4日にわたって放送された“松尾由美子看到的北京(中国語で『松尾由美子が見た北京』の意)”によって叶った。北京オリンピックに関して「五輪直前の北京を何でも見てやろう」精神で、様々なスポットなどを訪れ、リポートをするというもので、松尾自ら中国人へ中国語で対話をして取材した。なお、8月12日には10分程度の総集編(一部地域)、8月5日から8月8日には「やじうまプラス(5時台)」で、前日の放送分が多少のアレンジが加えられた上で放送された。さらに取材後記として公式ホームページに掲載されたコラムでは、中国国内の人権問題、環境問題、毒餃子事件をはじめとする日中の外交諸問題が依然として改善が停滞しているとして「ちっとも解決していません」と指摘しており、しかしながら一般市民個々人のレベルでは、「中国語を駆使してコミュニケーションを取れれば互いの不信感は薄れていくというのを実感した。」と記している。松尾由美子 フレッシュアイペディアより)

  • 羽田雄一郎

    羽田雄一郎から見た中国製冷凍餃子中毒事件中国産食品の安全性

    2007年12月下旬から2008年1月にかけて発生した中国製冷凍餃子中毒事件への対応について、最初の事例発生から報道まで、約1か月経過していることを指摘し、「大きな責任が行政にある」と述べた。羽田雄一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 餃子

    餃子から見た中国製冷凍餃子中毒事件中国産食品の安全性

    2008年 中国製冷凍餃子中毒事件 - 中国で生産され、日本へ輸出された冷凍食品の餃子に高濃度の農薬が混入しており、それを食べた多数の人が薬物中毒を起こした事件。→詳細は中国製冷凍食品による農薬中毒事件、段躍中を参照。餃子 フレッシュアイペディアより)

72件中 41 - 50件表示

「中国の食の安全問題」のニューストピックワード

  • 女性はいくらでもうそをつけますから

  • 日清製粉グループpresentsバレーボール日本代表オンラインファンミーティング

  • 生地が薄くて動きやすい