前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
219件中 1 - 10件表示
  • 中国産食品の安全性

    中国産食品の安全性から見たジクロルボス

    2004年6月、成都市品質管理局は成都市で生産された漬物のうち、添加物基準をクリアしたのはそのわずか23%しかないことを公表した。また添加物の表示が推奨されていたラベルに不正な表示がされていたことも見つかった。四川省の漬物工場では工業用塩が使われ、出荷前に大量のジクロルボスを含んだ農薬が噴霧されていた。中国産食品の安全性 フレッシュアイペディアより)

  • 中国産食品の安全性

    中国産食品の安全性から見たメタミドホス

    中国製「やせ薬」を服用した人700名以上が急性肝炎や肝不全などを発症した。また、中国産の冷凍ホウレンソウからクロルピリホスが、ブロッコリーからメタミドホスが、その他枝豆からも基準値を超える残留農薬が検出され、厚生労働省は翌月から輸入自粛を指導した。中国産食品の安全性 フレッシュアイペディアより)

  • 中国産食品の安全性

    中国産食品の安全性から見た岡田克也

    自民党から民主党への政権交代後、岡田克也外相は中国側に捜査状況に関する「中間報告」を求めていたが、10月10日に行われた岡田外相と王家瑞対外連絡部長による会談で、王は「刑事事件だ。解決は難しい」と否定的な見解を日本政府側に伝えた。中国産食品の安全性 フレッシュアイペディアより)

  • 中国産食品の安全性

    中国産食品の安全性から見た高村正彦

    2008年8月6日、中毒事件発覚後、中国国内で回収された天洋食品製の餃子が流通し、その餃子を食べた中国人が中毒症状を起こしていたことが報じられる。この中国における事例は6月中旬に発生した。讀賣新聞などは7月初めの時点で既に国内の関係者にはこれに関して情報が伝えられていたとも報道した。さらにこの事実により中国の政府側は日本側の主張通りである可能性が大きくなったとを北京の日本大使館を経由して日本政府に7月頃に伝えていたが、福田康夫総理大臣および高村正彦外務大臣はこの事実を中国側の要請により即公表しなかったことが後で明らかになる。中国産食品の安全性 フレッシュアイペディアより)

  • 中国産食品の安全性

    中国産食品の安全性から見た胡錦濤

    北京五輪終了後、胡錦濤主席は公安当局に対し本格的に捜査に着手するよう指示した。産経新聞は胡主席が訪日した際、日本人の本件に対する関心の高さに驚いたためだと報じている(読売新聞の2008年読者が選んだ10大ニュース日本編、三菱総研が調査した2008年最も恐いと感じたニュースでそれぞれ1位を獲得している)。また、日本のマスコミ情報は報道規制の強い中国にも徐々に浸透し、中国でも日本のマスコミのほうが情報量も多く、信憑性が高いと思う知識人や国民が増えているという。中国産食品の安全性 フレッシュアイペディアより)

  • 中国産食品の安全性

    中国産食品の安全性から見た農薬

    農作物を育てる際の不適切な農薬の使用(他国では既に使用禁止されている農薬の使用・不適切な使用量)中国産食品の安全性 フレッシュアイペディアより)

  • 中国産食品の安全性

    中国産食品の安全性から見たメラミン

    9月8日、甘粛省蘭州市の中国人民解放軍第一医院の李文輝医師は、6月28日以来メラミンで汚染された粉ミルクを飲んだ乳児14人が腎臓結石になり、同医院で治療を受けていたことを明らかにした。粉ミルクは河北省石家荘市の「三鹿集団」によって製造され、同社は8月6日以前に製造した粉ミルクの700トンの自主回収を決定した。中国当局は衛生部を中心とした共同調査チームを立ち上げ、全国調査を行った。その後、質検総局は数度に渡り、中国国内の乳製品検査を行い、結果を公表している。中国産食品の安全性 フレッシュアイペディアより)

  • 中国産食品の安全性

    中国産食品の安全性から見た共同通信

    中国当局は詳細が判明するまで新華社及び政府発表以外報道を控えるよう通達を出していたため、中国共産党機関紙が手短に伝えた程度であったが、2月11日、徳島にて冷凍餃子の包装の外側から微量の有機リン系殺虫剤「ジクロルボス」が検出され、販売店が防虫作業のために店内にて「ジクロルボス」を含む薬剤を使用した可能性があったことを発表すると、中国国内にて報道が急増、「日本人は毒餃子が中国と無関係と認めた」と情報操作を開始し、2月15日には、天洋食品工場長の言葉として「我々は最大の被害者だ」など事実とは異なる表現で報じられるようになった。また、同日に共同通信の記者が中国国内でメタミドホスを購入・所持し、中国の国内法に抵触したため一時拘束された。その結果、中国のネットでは「日本人は虚弱体質」「日本人が毒物を混入した」等の書き込みが増えることとなった。 TBSは番組内にて、これまでの経緯をまとめて報じ、中国語で「すり替え」を意味する「頂替」であると中国を批判した。このような中国当局の対応により、中国の一部の消費者に対し天洋食品の餃子は問題ないという認識がなされ、後の事件に繋がった。中国産食品の安全性 フレッシュアイペディアより)

  • 中国産食品の安全性

    中国産食品の安全性から見た三菱総研

    北京五輪終了後、胡錦濤主席は公安当局に対し本格的に捜査に着手するよう指示した。産経新聞は胡主席が訪日した際、日本人の本件に対する関心の高さに驚いたためだと報じている(読売新聞の2008年読者が選んだ10大ニュース日本編、三菱総研が調査した2008年最も恐いと感じたニュースでそれぞれ1位を獲得している)。また、日本のマスコミ情報は報道規制の強い中国にも徐々に浸透し、中国でも日本のマスコミのほうが情報量も多く、信憑性が高いと思う知識人や国民が増えているという。中国産食品の安全性 フレッシュアイペディアより)

  • 中国産食品の安全性

    中国産食品の安全性から見た丸大食品

    9月20日、丸大食品は伊利集団製の牛乳を使用していた5つの商品をメラミンが混入している可能性があるとして回収を発表し、その後の検査でメラミンが検出された。中国産食品の安全性 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
219件中 1 - 10件表示

「中国の食の安全問題」のニューストピックワード