361件中 61 - 70件表示
  • 中国産食品の安全性

    中国産食品の安全性から見たアジア開発銀行

    2007年の初頭にアジア開発銀行が中国政府に対する批判と早急な改革を勧告する報告書を提出すると、中国の食品の安全性に対する不安は最高潮に達した。同年国家食品薬品監督管理局は回答者の65%が食品の安全性に関心を持っているという調査結果を発表した。その後、中国人民政治協商会議のメンバーである呂建中と国務院副総理の呉儀は謝罪と食品の安全性を監視するシステムを確立すると約束する声明を発表した。中国産食品の安全性 フレッシュアイペディアより)

  • 中国産食品の安全性

    中国産食品の安全性から見た食品添加物

    食品添加物・内容物の偽装。中国産食品の安全性 フレッシュアイペディアより)

  • 中国産食品の安全性

    中国産食品の安全性から見たドーピング

    2010年6月、ドイツ卓球協会は、ドーピングに用いられるクレンブテロールが検出された所属選手1名を2年間の出場停止処分(その後、解除)とした。その後、本人が意識的に摂取したものではなく、遠征先の中国蘇州市内のホテルで食べた豚肉に薬物が残留していたことが原因と判断されている。中国産食品の安全性 フレッシュアイペディアより)

  • 中国産食品の安全性

    中国産食品の安全性から見たメタボローム

    2006年の暮れ、上海と北京の当局者はヒラメを調査していたところ、基準値を超えた違法な化学物質を含んでいるのを発見した。現在、中国の年間生産高は4万トンである。ある養殖業者はヒラメの免疫システムが弱くなってからは生産性を維持するために禁止された薬品を使い始めた。彼らはヒラメの病気を予防する十分な養殖技術を持っていないためである。上海市食品薬品監督管理局の当局者は魚のメタボロームに発癌性があるニトロフランが含まれているのを発見し、北京ではマラカイトグリーンを含む薬品を含んだ魚が見つかった。杭州市を含む他の都市ではヒラメの調査を開始し、山東省からのヒラメの仕入れを禁止した。上海や北京、香港の多くのレストランでは当局がヒラメに高濃度の違法な抗生物質が含まれているのを発見してからはヒラメを仕入れるのをやめた。中国産食品の安全性 フレッシュアイペディアより)

  • 中国産食品の安全性

    中国産食品の安全性から見たクレンブテロール

    2010年6月、ドイツ卓球協会は、ドーピングに用いられるクレンブテロールが検出された所属選手1名を2年間の出場停止処分(その後、解除)とした。その後、本人が意識的に摂取したものではなく、遠征先の中国蘇州市内のホテルで食べた豚肉に薬物が残留していたことが原因と判断されている。中国産食品の安全性 フレッシュアイペディアより)

  • 中国産食品の安全性

    中国産食品の安全性から見た世界保健機関

    中国では単独の行政機関がすべての食品の安全性の責任を負うのではなく、各部の職務はしばしば重複し、地方の機関と中央政府との間に明確な上下関係はない。関係部局が複雑であったため、全国人民代表大会は2003年それを解消すべく国家食品薬品監督管理局を設立し、すべての食品の安全性の監視、規制を単独で行うことが提案された。しかし、同局は単独の担当機関になることはできず、他の機関も継続して監視することになった。この不透明な責任の分裂は各部の対立や、国民が不満を述べたり、大きな危機を解決する必要があるときにどこへ行けばいいのか分からないといった混乱を生み出した。中国の食品規制は複雑でその監視システムは無責任であり、部局は重複し、あいまいな義務を課している。関係部は食品の安全性の責任を共有し、地方行政機関も食品の生産と販売を監視している。2007年4月にWHOのヘンク・ベケダムはこれまで施行されてきた食品や医薬品関連の法律はそれ自体が基本法の目的に沿わないその場しのぎの方法を生み出してきたと批判している。中国産食品の安全性 フレッシュアイペディアより)

  • 中国産食品の安全性

    中国産食品の安全性から見た冷凍食品

    2008年10月14日、イトーヨーカドー南大沢店(八王子市)において販売されたニチレイフーズの中国製冷凍食品「いんげん」(製造元は中国山東省の煙台北海食品)から化学物質「ジクロルボス」が検出された。中国産食品の安全性 フレッシュアイペディアより)

  • 中国産食品の安全性

    中国産食品の安全性から見た中国

    日本における中国産輸入食品は量自体が他国に比して多いこともあるため、2007年9月時点で違反数、問題発生数もワースト1位であった。さらに2007年12月下旬から2008年1月にかけて中国製冷凍餃子事件が発生した。また、マクドナルドのチキンは中国産のために、品質が心配されている。この鶏には、抗生物質や成長ホルモン剤をたっぷり注射したものである。冷凍餃子にはメタミドホスや有機リン系殺虫剤が混入していた。それ以降、中国産野菜の輸入は急減し、2008年2月は前年同期比の4割減、2008年全体でも25%減となった。これは消費者の中国食品への疑念が影響したものである。中国産食品の安全性 フレッシュアイペディアより)

  • 中国産食品の安全性

    中国産食品の安全性から見た頭髪

    2004年1月、中国のテレビ中国中央電視台の番組で人毛を精製して作られる醤油を暴露する番組「毛髪水醤油」が放送された。記者たちの間で頭髪を原料にした醤油のことが話題になっていたところから取材が始まった。製造者によれば、人毛・頭髪は中国国内の美容院や理容店、病院から収集され、中にはゴミ(使用済みのコンドームや、使い古した病院綿、使用済みの生理用品、使い古した注射器など)が混入しているという。人毛からアミノ酸を抽出し液体または粉末が精製され作られた人毛醤油は、秘密裏に日本などの外国へ輸出されるという。その後、中国政府は人毛を使って醤油を作ることを禁止した。中国産食品の安全性 フレッシュアイペディアより)

  • 中国産食品の安全性

    中国産食品の安全性から見たSARS

    家畜の飼育基準の不徹底(不衛生な生育環境、家畜育成用抗生物質の乱用など。トリインフルエンザ、SARSの項目も参照)中国産食品の安全性 フレッシュアイペディアより)

361件中 61 - 70件表示

「中国の食の安全問題」のニューストピックワード

  • 女性はいくらでもうそをつけますから

  • 日清製粉グループpresentsバレーボール日本代表オンラインファンミーティング

  • 生地が薄くて動きやすい