139件中 51 - 60件表示
  • 徳陽市

    徳陽市から見た四川大地震四川大地震

    2008年5月19日に発生した四川大地震では綿陽市に次いで大きな被害を出した。徳陽市 フレッシュアイペディアより)

  • 日下公人

    日下公人から見た四川大地震四川大地震

    胡錦濤は軍との主導権争いに敗れ、共産党はむしろ軍に抑えられた状態に見える。大不況になれば、北京や上海の金持ちはカナダなど国外に逃げてしまうが、それは、近代化した人たちが国外から出てしまうことである。国内に残った人は、共産党員になっていればまだうまい汁が吸えるが、党員以外はどう動くか。いずれ内乱を起こす。内乱が起こったら、軍隊や警察が出動しても、力だけでは、簡単に大衆を鎮圧することはできない。中国国内に連鎖的に次々と反乱が起こって、地方に政権ができるという可能性も大きい。それは、四川大地震のときに単に軍隊や警察では鎮めることができず、救援物資が届いて何とかおさまったという事実を思い出していただければわかる。中国は何とか日本に近付きたいから、当然民主党政権に対する工作を進める。親中派の政治家、あるいは新聞などマスコミのトップを一本釣りし、中国に有利に働いてくれるように工作する。さらには「日中親善」という看板を使って「天皇に会わせろ」という。外務省は賛成するかもしれないが、そんなことに天皇を利用してはいけない。日下公人 フレッシュアイペディアより)

  • 国際緊急援助隊

    国際緊急援助隊から見た四川大地震四川大地震

    2008年5月 - 中華人民共和国四川大地震災害国際緊急援助隊 フレッシュアイペディアより)

  • 警備犬

    警備犬から見た四川大地震四川大地震

    警視庁の警備犬部隊は、新潟県中越地震や四川大地震などの国内・海外で発生した災害に救助犬として派遣されており、中越地震では警備犬「レスター号」が、埋没していた乗用車に閉じ込められていた当時2歳の幼児を発見し、生存を確認した。警備犬 フレッシュアイペディアより)

  • 群青の谷

    群青の谷から見た四川大地震四川大地震

    その依頼により、四川大地震に対するalanの義援活動を知ったCoccoが感銘を受け、四川の美しい自然を思い描いた作品。Coccoにとって初の他アーティストへの楽曲提供となった。群青の谷 フレッシュアイペディアより)

  • Mi-26 (航空機)

    Mi-26 (航空機)から見た四川大地震四川大地震

    2008年5月12日に発生した四川大地震では、復興作業で2機のMi-26が使用された。1機はロシアからの救援隊、もう1機は中国の中国飛龍専業航空のMi-26Tが災害地へ派遣された。Mi-26 (航空機) フレッシュアイペディアより)

  • 四川盆地

    四川盆地から見た四川大地震四川大地震

    新生代、四川盆地の南西ではユーラシアプレートとインドプレートが衝突しており、そのためにかつて盆地の一部だった西部が急峻な山脈となり四川盆地を取り囲む高い山脈が形成された。四川盆地とその北の山地には多くの断層帯があり、有史以来でも何度も大地震が起こっている(四川地震、四川大地震を参照)。四川盆地 フレッシュアイペディアより)

  • 川島蹴太

    川島蹴太から見た四川大地震四川大地震

    2008年5月12日に発生した四川大地震について公式ウェブログ上で募金の呼びかけを行い、また同年6月には被災地へ出向き被害の実態をウェブログで発表した。川島蹴太 フレッシュアイペディアより)

  • 80後

    80後から見た四川大地震四川大地震

    “80後”は特殊な時代背景の中で育ってきた為、長い間マイナスイメージをもたれており、数年前にはインターネットなどメディア上で「崩壊する世代」「最も責任感のない世代」「愚昧の世代」「最も身勝手な世代」「最も反逆する世代」というような攻撃的な表現を含め、“80後”を差別視するような言葉を至る所で見かけた。しかし、時が流れ、“80後”の年齢が上がるに伴い、人々の彼らに対するイメージや偏見は次第に変わってきた。特に2008年5月12日の四川大地震発生後、また北京オリンピックの聖火リレーなどの中で、彼ら若者の気骨の精神はる有力な中堅の力として愛国ブームの火付け役となり、精力的に愛国、思弁、正義、人間らしい積極的な思想を広めたことで、人々の彼らに対する見方を変え、各種メディアは積極的な報道や正式な宣伝を始めるまでに至り、「“80後”は主流派」とまで言われるようになった。80後 フレッシュアイペディアより)

  • 田尻和宏

    田尻和宏から見た四川大地震四川大地震

    石川県出身。東京都立大学法学部卒業後の1976年(昭和51年)外務省に入省する。外務省ではチャイナ・スクールに属し、中国駐在は北京、上海、重慶、広州と4度にわたる。中国課地域調整官在任中の2008年5月に発生した四川大地震では、日本の国際緊急援助隊・医療チーム団長として現地で活動した。帰国後、外務省日中交流室勤務を経て、2009年8月から広州総領事。田尻和宏 フレッシュアイペディアより)

139件中 51 - 60件表示

「中国・四川省で地震」のニューストピックワード