中国・甘粛省で土石流 ニュース&Wiki etc.

甘粛省(かんしゅくしょう、 中国語:甘?省、拼音:Gānsù Shěng、英語:Gansu)は中華人民共和国北西部にある省級行政区である。省都は蘭州市。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「甘粛省」のつながり調べ

  • チャハル

    チャハルから見た甘粛省

    その後、チャハル部は高原東部から東北平原(満州)にかけて最大の勢力であり続け、チベット仏教界とも親密な関係を築いた。17世紀に入るとリンダン・フトゥクト・ハーンは自らの下にモンゴル諸部族を再統一しようと考えたが、それまで対等な関係で同盟を結んでいたにすぎなかったモンゴル諸部は彼の強権を嫌い、ホルチン部においては、いち早く満洲の後金国主ヌルハチと同盟し、その息子ホンタイジ率いる後金軍が内ハルハを支配下に入れたのち、熱河まで進出する事態となった。1627年、後金国のホンタイジの圧迫を受けたリンダン・フトゥクト・ハーンは西方に移動し、1628年にハラチン、トゥメトの両ハーン家を滅ぼしてフヘ・ホト(フフホト)を手に入れ、河套のオルドス部を服従させ、さらに北モンゴルにまで勢力を伸ばした。当時、北モンゴルのハルハ部で最も強力であったのは、アバダイ・ハーンの甥のトゥメンケン・チョクト・ホンタイジで、彼はリンダン・フトゥクト・ハーンに忠誠を誓ってその事業に協力したため、リンダン・フトゥクト・ハーンは全モンゴルをその支配下に置くことができた。1634年、リンダン・フトゥクト・ハーンはチベット遠征に出発し、青海に入ろうとしたが、その途上シャラ・タラの草原(甘粛省武威県、永昌県方面)で病死した。その間、リンダン・フトゥクト・ハーンが不在のモンゴルでは、満洲のホンタイジ率いる後金軍がフヘ・ホトを占領し、翌年(1635年)にはリンダンの遺児エジェイが後金に降り、元朝皇帝に伝わる玉璽「制誥之宝」を後金に献上することとなった。(チャハル フレッシュアイペディアより)

  • ニコライ・リョーリフ

    ニコライ・リョーリフから見た甘粛省

    ニューヨークを後にしたレーリヒ家は、長男ジョージとその友人6人と共に、5年計画での「レーリヒ家のアジア探検」に赴いた。レーリヒ自身の言葉を借りると「シッキムから始まり、パンジャーブ、ラダック、カラコルム山脈、ホータン、カシュガル、Qara Shar、ウルムチ、エルティシ川、アルタイ山脈、オイロート、中央ゴビ、甘粛省、ツァイダム盆地、そしてチベットへ」の探検旅行であり、途中、1926年にシベリアからモスクワへ寄り道する予定であった。(ニコライ・リョーリフ フレッシュアイペディアより)

「甘粛省」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ