前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
809件中 1 - 10件表示
  • 後秦

    後秦から見た甘粛省甘粛省

    後秦の支配集団・姚氏は後漢時代に猖獗を極めた焼当羌の子孫である。羌族の乱が平定された後、この部は南安郡赤亭(現在の甘粛省隴西県付近)へ移されたため、南安赤亭羌と称された。三国時代の魏の末期、族長の姚柯迴は鄧艾に従って263年に蜀(蜀漢)を滅ぼし、功績によって鎮西将軍・綏戎校尉・西羌都督を受け、4世紀初頭に子の姚弋仲が部を継いだ。後秦 フレッシュアイペディアより)

  • 青海

    青海から見た甘粛省甘粛省

    雍正帝は、グシ・ハン一族に所属していた直轄地や諸侯たちを、1724年から1732年にかけて、「ダライ・ラマに賞給するもの」と清朝の手で所領を安堵するものたちに大別、チベットは、ダライ・ラマの「香火田地」たる「西蔵」、青海の2地方と、隣接する中国の各省(甘粛、四川、雲南)に分属させられる各地とに大別されることとなった。青海 フレッシュアイペディアより)

  • 前涼

    前涼から見た甘粛省甘粛省

    前涼の始祖の張軌は、前漢の高祖劉邦の縁戚である趙王張耳の末裔と伝わり(『晋書』張軌伝)、張一族は歴代にわたり高級官僚を輩出し、張軌自身も西晋に仕えて尚書郎・散騎常侍・太子舎人などを務めた。その西晋が八王の乱を起こし、特にその乱が激しさを増すと中央にいることの危険を悟り、301年1月に護羌校尉・涼州刺史となって涼州に赴任し、姑臧に駐屯した。当時の涼州は鮮卑の反乱や盗賊が横行し、さらに秦州(現在の甘粛省東部)などから八王の乱のために大量の流民が避難してくるなど、良好な条件を備えているとは言い難かったが、張軌はそれなりの兵力を率いて赴任しており、涼州の反乱を平定して社会の安定に努め、305年には鮮卑の若羅抜能を討伐した。こうして張軌は涼州支配を確立させた。ただし張軌は王を名乗らず、あくまで西晋の臣下としての立場を貫いた。前涼 フレッシュアイペディアより)

  • 蘭新線第二複線

    蘭新線第二複線から見た甘粛省甘粛省

    蘭新線第二複線(らんしんせんだいにふくせん、、)は、中華人民共和国甘粛省蘭州市と新疆ウイグル自治区ウルムチ市の間を結ぶ高速鉄道新線。蘭新線第二複線 フレッシュアイペディアより)

  • 蘭州市

    蘭州市から見た甘粛省甘粛省

    蘭州市(らんしゅうし、、、)は中華人民共和国甘粛省の省都。雅名を金城といい、石油工業が発達している。蘭州市 フレッシュアイペディアより)

  • 甘南チベット族自治州

    甘南チベット族自治州から見た甘粛省甘粛省

    甘南チベット族自治州(かんなんチベットぞくじちしゅう)は中華人民共和国甘粛省に位置する自治州の一つ。甘粛省の西南隅を占める。中国名をそのまま音読みした「甘南(かんなん)」のほか、チベット語にもとづく「ケンロ」、「ケンホ」、ローマ字転写を日本式に発音した「カンロ」などの表記例が見られる。チベットの伝統的な地理区分ではアムド地方の東部に相当する。甘南チベット族自治州 フレッシュアイペディアより)

  • チベット侵攻

    チベット侵攻から見た甘粛甘粛省

    雍正のチベット侵攻(1723 - 1724)・分割(1724 - 1732)以降、チベットは西藏・青海と、隣接する中国の各省(甘粛・四川・雲南)に組み込まれた地域とに3分されていた。チベット侵攻 フレッシュアイペディアより)

  • 中国の宗教

    中国の宗教から見た甘粛省甘粛省

    2012年中国家庭追跡調査が、漢民族が多数派である25省で実施された。対象は中国の全人口の95%である。自治区である香港やマカオ、新疆、内モンゴル、チベット、寧夏、および青海省と海南省は除外した。その結果、これらの省の人口のわずか10%しか教団的宗教に属していなかった:仏教徒が6.75%、1.89%がプロテスタント、0.54%が道教徒、0.46%がイスラム教徒、0.41%がカトリックであり、0.40%が他宗教の信者だと申告した。回答者の90%が自分を「無宗教」と考えているが、調査員たちの見積もりでは、全体のわずか6.3%が完全なる無宗教(神や精霊を信じたり崇拝したりしていない)であるとされる。調査員たちの仮説では、回答者の多くが、宗教と「信仰している」の意味とに偏った理解があるかもしれないと考えられている。また、5カ所を選定して詳細な分析が行われた:その地域は、上海、遼寧省、河南省、甘粛省、および広東省である。河南省は、キリスト教徒の割合が他の省よりも多くおよそ6%であった。仏教徒はより若く、より高等の教育を受けている傾向がある一方、キリスト教徒はより高齢で、非識字の可能性がより高かった。また、仏教徒は概して富裕層である一方、キリスト教徒はほとんど人口の最貧困層に属していた。中国の宗教 フレッシュアイペディアより)

  • 固原市

    固原市から見た甘粛省甘粛省

    寧夏回族自治区の南部に位置し、呉忠市、中衛市、甘粛省に接する。固原市 フレッシュアイペディアより)

  • トキ

    トキから見た甘粛省甘粛省

    かつては北海道・本州・伊豆諸島・佐渡島・隠岐諸島・四国・九州・琉球諸島といった日本各地のほか、ロシア極東(アムール川・ウスリー川流域)、朝鮮半島、台湾、中華人民共和国(北は吉林省、南は福建省、西は甘粛省まで)と東アジアの広い範囲にわたって生息しており、18世紀・19世紀前半まではごくありふれた鳥であった。日本では東北地方や日本海側に多く、太平洋側や九州ではあまり見られなかったようである。トキ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
809件中 1 - 10件表示