809件中 91 - 100件表示
  • 河州

    河州から見た甘粛省甘粛省

    河州 (甘粛省) - 中華人民共和国甘粛省にかつて存在した州。河州 フレッシュアイペディアより)

  • 李軌

    李軌から見た甘粛省甘粛省

    武威郡姑臧県(現在の甘粛省武威市)の人。姑臧の資産家の家に生まれ、郷里での名望により多くの人士と交際した。隋の大業年間、鷹揚府司兵に任ぜられた。大業13年(617年)、薛挙が金城で乱を起こしたのを機に、李軌は同郷の曹珍・関謹・梁碩・李贇・安修仁らと語らって挙兵した。虎賁郎将の謝統師や武威郡丞の韋士政を捕らえて、武威郡を占領し、河西大涼王を自称した。張掖郡・敦煌郡・西平郡・枹罕郡を平定して、河西地方を領有した。大業14年(618年)、唐の高祖李淵が薛挙を攻めた際に、李軌に親書を送り、李軌を従弟としている。同年11月、李軌は皇帝を称して国号を涼とし、安楽と元号を建て、唐に使節を派遣し「大涼皇帝臣軌」との表奉を行っている。李軌 フレッシュアイペディアより)

  • 智儼

    智儼から見た甘粛省甘粛省

    智儼(ちごん、602年 - 668年)は中国華厳宗の第二祖とされる僧。天水(甘粛省天水県)生まれ、12歳で華厳宗初祖とされる杜順に見出され、14歳で出家、サンスクリットを学び、学僧となる。華厳経の注釈学と心の問題を扱う唯識学を統合し、華厳教学の事実上の創始者となる。智儼 フレッシュアイペディアより)

  • 中国西北部

    中国西北部から見た甘粛省甘粛省

    西北五省区は陝西省、甘粛省、青海省、寧夏回族自治区、新疆ウイグル自治区中国西北部 フレッシュアイペディアより)

  • フフィー教団

    フフィー教団から見た甘粛省甘粛省

    フフィー教団(khufiyya、中国語 虎夫耶)は中国で発生した地域的スーフィー教団。主に寧夏回族自治区、甘粛省、青海省などに信者が多い。17世紀に馬来遅が開いた。系統的にはナクシュバンディー教団の分派とされる。中心は甘粛省の臨夏市にあり、馬来遅の墓は聖地として崇敬対象となっている。清代には四大門宦であったがその後3派に分派し現在に至る。フフィー教団 フレッシュアイペディアより)

  • オグロヅル

    オグロヅルから見た甘粛省甘粛省

    ジャンムー・カシミール州東部、甘粛省や四川省、青海省、新疆ウイグル自治区、チベット自治区で繁殖し、ベトナム北部、アルナーチャル・プラデーシュ州、青海省、雲南省、チベット自治区南部で越冬する。オグロヅル フレッシュアイペディアより)

  • G212国道

    G212国道から見た甘粛省甘粛省

    left|80pxG212国道(G212こくどう/国道212線、G212線)は中華人民共和国の甘粛省蘭州市から重慶市を結ぶ全長1302kmの中国の国道である。甘粛省、四川省、重慶市の三つの省(直轄市)を通る。蘭州から南南西方向に向かって重慶に達する。G212国道 フレッシュアイペディアより)

  • 城関区

    城関区から見た甘粛省甘粛省

    城関区 (蘭州市) - 甘粛省蘭州市に位置する市轄区。城関区 フレッシュアイペディアより)

  • 鹵部

    鹵部から見た甘粛省甘粛省

    「鹵」字は塩を産出する西方内陸部の塩鹹地を意味する。東方すなわち沿岸部の塩鹹地を「斥」といい、西方すなわち内陸部の塩鹹地を「鹵」と呼んだ。『説文解字』は具体的な地名として安定郡鹵県(現甘粛省)を挙げている。また引伸してそこから産出される塩自体を指すようにもなり、これを「塩鹵」ともいう。『史記』貨殖列伝に「山東は海塩を食し、山西は塩鹵を食す」という記述がある。また「鹵」字には「鹵莽」という熟語で大雑把な様子を表す意味があり、さらに「櫓」に通じて大きな盾、「」に通じて略奪するといった意味がある。鹵部 フレッシュアイペディアより)

  • G227国道

    G227国道から見た甘粛省甘粛省

    left|80pxG227国道(G227こくどう/国道227線、G227線)別名西張公路(せいちょうこうろ)、寧張公路(ねいちょうこうろ)は中華人民共和国の青海省西寧市から甘粛省張掖市を結ぶ全長347kmの中国の国道である。青海省と甘粛省の二つの省を通る。そのうち青海省内は244.56kmである。国防の為の主要な道路であり、1981年11月30日に国家幹線公路となった。G227国道 フレッシュアイペディアより)

809件中 91 - 100件表示