809件中 11 - 20件表示
  • 銀川市

    銀川市から見た甘粛省甘粛省

    近代には甘粛省省都蘭州と内モンゴル自治区の包頭を結ぶ包蘭鉄路の開通によって繁栄した。1929年の寧夏省成立とともに省会が設置され、省名と重複することより賀蘭県と改称、1945年1月には賀蘭県城区に銀川市が分割設置されることが決定、同年8月、『寧夏省銀川市政籌備処組織規定』が公布され銀川市が成立し寧夏省会とされた。銀川市 フレッシュアイペディアより)

  • 万里の長城

    万里の長城から見た甘粛省甘粛省

    国境に沿った長大な防御壁、いわゆる長城を最初に建設したのは斉または楚とされ、春秋時代に建造はさかのぼるとされる。やがてこの長城建造は他国にも波及し、戦国時代には外敵に備えるために、斉や韓、魏や楚のように北方遊牧民族と接していない国も含めた戦国七雄のすべての国々が特に警戒すべき国境に長城を建設していた。そのなかで、遊牧民族に備えるために北の国境に長城の建設を行っていたのは燕、趙、秦の3ヶ国であった。秦の長城は現在の甘粛省岷県から北東に、黄土高原を貫いて現在のフフホト市トクト県まで伸びていた。趙の長城は本来の趙の本拠地からはるかに北に離れた黄河の北岸から現在の河北省にかけて走っており、さらに黄河屈曲部の河套平原の北、陰山山脈の南麓にもう一本長城を建設していた。これは国土北部に広がる遊牧地帯への勢力拡張と、その先にある広大な可耕地である河套平原の確保を目的としていたとされる。燕の長城は長大であり、現代の河北省北部から遼寧省を取り囲むように伸び、さらに鴨緑江を越えて朝鮮半島にまで伸びていた。この長城は戦国時代初期に燕が東胡を圧迫して得た遼西・遼東の新領土を確保するために建設されたものであり、建設時期としては各国長城の中で最も新しいものの一つであった。万里の長城 フレッシュアイペディアより)

  • 清真料理

    清真料理から見た甘粛省甘粛省

    清真料理店は、高級店も庶民向けの軽食堂も、アラビア文字(アラビア語で書かれてある場合もあるが、ウイグル語で表記されていることも多い。)が看板などに書かれていることが多く、「清真」等の漢字表記と併せて清真料理店を探し出す目印になっている。清真料理店はムスリムの居住の多い地域(新疆や寧夏などはもちろん、漢民族など非ムスリムが主要な町の中でも、ムスリムが固まって居住している地域など)に立地することが多い。しかし、非ムスリム居住地域に立地する清真料理店も数は少ないものの存在し、その数は近年増加傾向にある。経営者は新疆や寧夏をはじめ、甘粛省や青海省などのムスリム多数地域の出身者も多い。清真料理 フレッシュアイペディアより)

  • G211国道

    G211国道から見た甘粛省甘粛省

    left|80pxG211国道(G211こくどう/国道211線、G211線)は中華人民共和国の甘粛省寧夏回族自治区銀川市から陝西省西安市を結ぶ全長691kmの中国の国道である。簡称は銀陝線(ぎんせんせん)である。寧夏回族自治区、甘粛省、陝西省と3つの省及び自治区を経由する。銀川市から南西方向に向かって西安に達する。211国道は古いシルクロードの経路を辿っている。G211国道 フレッシュアイペディアより)

  • 改土帰流

    改土帰流から見た甘粛省甘粛省

    現在の甘粛省、青海省、四川省西部、昌都地区、チベットの各地方には古くからチベット族が居住していた。また現在の湖南省、四川省、雲南省、貴州省、広西チワン族自治区などの山岳地帯には、ミャオ族、ヨウ族、ロロ族などの少数民族である原住民が居住していた。元代になって、政令の受け入れ、朝貢、納税を前提に、原住民を種族と部族の単位に分類した。その上で彼らの酋長に「宣慰使」や「宣撫使」などの中国の官名を与え、原住民の慣習に従って彼らを統治させる権原とその世襲権を与えた。これらの官を「土司」あるいは「土官」という。これらの「土司・土官」の制度は、元・明・清代の3朝の間にしだいに整備拡張されていった。改土帰流 フレッシュアイペディアより)

  • 斉家文化

    斉家文化から見た甘粛省甘粛省

    斉家文化(せいか/さいか-ぶんか)は中華人民共和国甘粛省の黄河上流域を中心に紀元前2400年頃から紀元前1900年頃にかけて存在した新石器時代末期から青銅器時代初期の文化。名称は、1923年に考古学者ユハン・グンナール・アンデショーン(Johan Gunnar Andersson、ヨハン・アンダーソン、北京原人の発見者)によって発見されたこの文化の主要遺跡・斉家坪遺跡(甘粛省広河県斉家坪の隝河河畔)に由来する。斉家文化 フレッシュアイペディアより)

  • 天水会

    天水会から見た甘粛省甘粛省

    天水会(てんすいかい)は、中国甘粛省にある中国鉄道天水線(天水?蘭州、現在は隴海線の一部)の建設に留用された日本人300名が、日本帰国後に作った互助会である。天水会 フレッシュアイペディアより)

  • 慶陽市

    慶陽市から見た甘粛省甘粛省

    慶陽市(けいよう-し)は中国甘粛省に位置する地級市。慶陽市 フレッシュアイペディアより)

  • 冬虫夏草

    冬虫夏草から見た甘粛省甘粛省

    チベット高原やヒマラヤ地方の海抜3,000mから4,000mの高山地帯で、草原の地中にトンネルを掘って暮らす大型のコウモリガ科の蛾である Oberthur()の幼虫に寄生する。中国の行政地域で言えば、チベット自治区、青海省、四川省を中心に、雲南省、甘粛省、貴州省などでよく見られ、夏に採取されている。冬虫夏草 フレッシュアイペディアより)

  • 酒泉市

    酒泉市から見た甘粛省甘粛省

    酒泉市(しゅせんし)は中華人民共和国甘粛省に位置する地級市。酒泉市 フレッシュアイペディアより)

809件中 11 - 20件表示