597件中 31 - 40件表示
  • 天水市

    天水市から見た甘粛省甘粛省

    天水市(てんすいし)は中華人民共和国甘粛省南東部に位置する地級市。西安と蘭州の中間に位置する。天水市 フレッシュアイペディアより)

  • チベットの歴史

    チベットの歴史から見た甘粛省甘粛省

    1724年5月に、年羮堯が「青海善後事宜」を提出し、チベット再編案を提出した。この提案を受けて雍正帝は、グシハン一族が支配下においていた諸侯領・直轄領を1724年から1732年にかけて、チベットをタンラ山脈よりディチュ河にかけての線で二分し、西南部はガンデンポタンに委ね、東北部のモンゴル王公、チベット人諸侯らは青海地方と甘粛省、四川省、雲南省などの諸省に分属させた(雍正のチベット分割)。チベットの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 宝蘭旅客専用線

    宝蘭旅客専用線から見た甘粛省甘粛省

    宝蘭旅客専用線(ほうらんりょかくせんようせん、、)は、中華人民共和国陝西省宝鶏市と甘粛省蘭州市の間に計画中の高速鉄道新線。宝蘭旅客専用線 フレッシュアイペディアより)

  • 酒泉市

    酒泉市から見た甘粛省甘粛省

    酒泉市(しゅせんし)は中華人民共和国甘粛省に位置する地級市。酒泉市 フレッシュアイペディアより)

  • 長征

    長征から見た甘粛省甘粛省

    第一軍はカム地方各地で自治を行っていたチベット人貴族の資産を強制没収し農民を解放するなどして自治国家を築かせようとしたが、国民党政府からの要請も受けたチベットのガンデンポタン政府が紅軍に攻撃を行い、第一軍はこれを逃れて北の甘粛省方面にたどり着いた。カムでの農民の見聞とガンデンポタン軍による攻撃は、その後の共産党のチベット観に暗い影響を与える。また途中で第四軍の一部は党中央の北上路線を拒否し南下に転じたが、その過程で大きな損害を被った。長征 フレッシュアイペディアより)

  • アクサイ・カザフ族自治県

    アクサイ・カザフ族自治県から見た甘粛省甘粛省

    アクサイ・カザフ族自治県(アクサイ・カザフぞくじちけん)は、中華人民共和国甘粛省酒泉市に位置する自治県。甘粛省、青海省、新疆ウイグル自治区との境界部に位置する。自治県人民政府の所在地は紅柳湾鎮。アクサイ・カザフ族自治県 フレッシュアイペディアより)

  • ヤクブ・ベクの乱

    ヤクブ・ベクの乱から見た甘粛省甘粛省

    イリ将軍は恵遠城に駐箚し、3路の軍を統括していた。さらに天山北路の民政を直接担当し、天山南路の民政も地元のベグを通じて行っていた。しかし東路の民政に関しては甘粛省の管轄下にあった。ヤクブ・ベクの乱 フレッシュアイペディアより)

  • 回民蜂起

    回民蜂起から見た甘粛省甘粛省

    陝西省・甘粛省を中心に発生したドンガン人の蜂起(、、1862-1873)回民蜂起 フレッシュアイペディアより)

  • 東トルキスタン

    東トルキスタンから見た甘粛省甘粛省

    南にチベット自治区および青海省、東に甘粛省、北東にモンゴル国と接しており、北西から南西にかけては、カザフスタン、キルギス、タジキスタン等西トルキスタン地域と呼称される旧ソビエト連邦領中央アジア諸国、インド・パキスタン間で係争中のカシミール(アクサイチン)地方などと接している。東トルキスタン フレッシュアイペディアより)

  • チベット

    チベットから見た甘粛省甘粛省

    清朝の雍正帝は1723-24年にグシ=ハン一族を征服、彼らがチベット各地の諸侯や直轄地に有していた支配権をすべて接収し、タンラ山脈とディチュ河を結ぶ線より南側に位置する地域は、ガンデンポタンの統治下に所属させ、この線より北側の地域は、青海地方を設けて西寧に駐在する青寧弁事大臣に管轄させたほか、残る各地の諸侯は、隣接する陝西(のち分離して甘粛)、四川、雲南などの「内地」の各省に分属させた。「西蔵」という地域呼称は、康煕時代から中国文献に登場しはじめていたが、これ以降、チベットのうちガンデンポタンの管轄下にある範囲が西蔵と称される。チベット フレッシュアイペディアより)

597件中 31 - 40件表示