809件中 31 - 40件表示
  • 嘉峪関市

    嘉峪関市から見た甘粛省甘粛省

    嘉峪関市(かよくかん-し)は中華人民共和国甘粛省西北部に位置する地級市。市名は嘉峪関から命名された。 嘉峪関の南は祁連山脈、北は龍首山と馬鬃山に面し、その地理的特色から秦漢代以後の歴代王朝はこの地域に兵力を集中させた。嘉峪関市 フレッシュアイペディアより)

  • 海北チベット族自治州

    海北チベット族自治州から見た甘粛省甘粛省

    青海省東北部に位置し、北から東にかけて甘粛省と省境を接し、南は海東市、西寧市、海南チベット族自治州、西は海西モンゴル族チベット族自治州と接する。海南チベット族自治州との境界には巨大なティショルギャルモ湖(略称は「青い湖」を意味するゴンポ湖 (mtsho sngon po) 。モンゴル名「フフノール」、中国名「青海湖」はこの略称の意訳)が広がる。自治州人民政府は海晏県西海鎮に所在する。海北チベット族自治州 フレッシュアイペディアより)

  • 黄南チベット族自治州

    黄南チベット族自治州から見た甘粛省甘粛省

    北部は青海省の海東市、西部は海南チベット族自治州、西南部はゴロク・チベット族自治州、東部から南部にかけては甘粛省の甘南チベット族自治州と接する。チベットの伝統的な地理区分では、アムド地方のレプコン地方の中核をなす。黄南チベット族自治州 フレッシュアイペディアより)

  • ゴロク・チベット族自治州

    ゴロク・チベット族自治州から見た甘粛省甘粛省

    北方から東方にかけて青海省の海西モンゴル族チベット族自治州、 海南チベット族自治州、黄南チベット族自治州、甘粛省の甘南チベット族自治州と、東南方は四川省のアバ・チベット族チャン族自治州と、南方は同カンゼ・チベット族自治州と、西方は青海省の玉樹チベット族自治州と接する。ゴロク・チベット族自治州 フレッシュアイペディアより)

  • 西蔵

    西蔵から見た甘粛甘粛省

    清国は、接収したグシハン一族の属領をタンラ山脈からディチュ河(金沙江)にかけての線で二分し、その北部・東部に対しては、青海地方のほか甘粛、雲南、四川等の諸省の間で分割し、その南部は、ダライ・ラマを擁し、ラサに本拠をおくガンデンポタンの管轄下にゆだねた。「西蔵」という単語は17世紀の資料にも散見されるが、この分割以降、チベットのうち、ガンデンポタンが管轄する領域の呼称となる。この線の北部・東部のモンゴル人・チベット人諸侯は「旗制」もしくは「土司」制度のもと、青海、四川、甘粛、雲南等の諸地方に分配され、個別に清朝皇帝に臣属することとなった。西蔵 フレッシュアイペディアより)

  • ソ連空軍志願隊

    ソ連空軍志願隊から見た甘粛省甘粛省

    10月21日から11月までに、第1陣の義勇パイロット・地上勤務員・建築士・技師など447人と、飛行機225機(戦闘機155、中型爆撃機62、練習機8)がアルマ・アタから新疆を経由して中国へ到着した。ソ連製航空機は中国空軍にも供与され、 中国軍パイロットは甘粛省・蘭州基地でソ連志願隊からI-16の戦闘教練を受けた。また、成都・老河口には飛行学校が開設され、ソ連人顧問が直接指導した。1ヶ月間の訓練を終えた中ソ連合航空隊は、12月上旬の南京防衛戦で初参戦している。ソ連空軍志願隊 フレッシュアイペディアより)

  • 中国産食品の安全性

    中国産食品の安全性から見た甘粛省甘粛省

    2003年には各国で使用が禁止されているDDTが中国茶から検出され(2005年にも検出)、2004年に安徽省偽粉ミルクによる幼児が死亡する事件が発生、また成都市や四川省で作られた漬物から残留農薬が検出され、また理髪店から回収された人毛からアミノ酸を抽出加工して作られた人毛醤油が日本など外国へ輸出されていると中国中央電視台が放映した。2005年には禁止されている着色料スーダンレッドが使用されていることが判明した。2008年9月には、甘粛省でメラミンにより汚染された粉ミルクが発覚し、国際社会も輸入停止措置を行った。中国産食品の安全性 フレッシュアイペディアより)

  • 東トルキスタン

    東トルキスタンから見た甘粛省甘粛省

    南にチベット自治区および青海省、東に甘粛省、北東にモンゴル国と接しており、北西から南西にかけては、カザフスタン、キルギス、タジキスタン等西トルキスタン地域と呼称される旧ソビエト連邦領中央アジア諸国、インド・パキスタン間で係争中のカシミール(アクサイチン)地方などと接している。東トルキスタン フレッシュアイペディアより)

  • チベットの歴史

    チベットの歴史から見た甘粛省甘粛省

    1724年5月に、年羹堯が「青海善後事宜」を提出し、チベット再編案を提出した。この提案を受けて雍正帝は、グシハン一族が支配下においていた諸侯領・直轄領を1724年から1732年にかけて、チベットをタンラ山脈よりディチュ河にかけての線で二分し、西南部はガンデンポタンに委ね、東北部のモンゴル王公、チベット人諸侯らは青海地方と甘粛省、四川省、雲南省などの諸省に分属させた(雍正のチベット分割)。チベットの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • トゴン・テムル

    トゴン・テムルから見た甘粛省甘粛省

    恵宗は20歳を過ぎた頃よりバヤンの専権に反発するようになり、至元6年(1340年)、バヤンと対立していたバヤンの甥であるトクトと協力し、トクトによる政変を実行しバヤンを追放した。この政変の影響でブダシリとエル・テグスの母子は追放され、トク・テムル以来政権を掌握してきた旧勢力は一掃されることとなった。しかし新たにトクトとその父マジャルタイによる政権掌握を創出し、トクトの勢力を駆逐すべく至正7年(1347年)、恵宗はトクト父子の政敵であった父のコシラやイェスン・テムルの重臣と協力し、トクト父子を甘粛に追放、しかし新たに強大な政治勢力が生まれることを警戒し至正9年(1349年)には再びトクトを政権復帰させるなど、重臣間の政争に積極的に関与していた。トゴン・テムル フレッシュアイペディアより)

809件中 31 - 40件表示