809件中 41 - 50件表示
  • 北元

    北元から見た甘粛省甘粛省

    この時点で元(北元)の勢力は中国の北方から甘粛、雲南まで維持しており、江南と華北をようやく制覇したに過ぎない明を取り囲むようにして南北に対峙していた。特に東北地方(満州)には数十万の大軍を擁する元(北元)の大尉であるジャライル部のナガチュの勢力が健在であり、明や高麗は北辺をナガチュの大軍にしばしば脅かされた。高麗はナガチュの軍事的脅威を受け、明と通好する一方で元(北元)とも通好していたが、1362年にナガチュが高麗を攻め込むと、李成桂の率いる高麗軍により撃退され、その後は和親状態となる。北元 フレッシュアイペディアより)

  • ヤクブ・ベクの乱

    ヤクブ・ベクの乱から見た甘粛省甘粛省

    イリ将軍は恵遠城に駐箚し、3路の軍を統括していた。さらに天山北路の民政を直接担当し、天山南路の民政も地元のベグを通じて行っていた。しかし東路の民政に関しては甘粛省の管轄下にあった。ヤクブ・ベクの乱 フレッシュアイペディアより)

  • 縄文土器

    縄文土器から見た甘粛省甘粛省

    甘粛省博物館蔵の縄文式脚付き碗縄文土器 フレッシュアイペディアより)

  • 回族

    回族から見た甘粛省甘粛省

    清の時代には彼ら漢族化したムスリムは漠然と「回民」あるいは「漢回」などと呼ばれていた。清の末期には回民蜂起が各地で発生した。1855年から1873年にかけては雲南省でパンゼーの乱が発生。1862年からは陝西省・甘粛省で回民のドンガン人の蜂起が発生している。こうした回民蜂起を契機に、1860年代には、新疆でヤクブ・ベクの乱が発生、ヤクブ・ベクは一時的に政権を樹立した。回族 フレッシュアイペディアより)

  • 寧夏回族自治区

    寧夏回族自治区から見た甘粛省甘粛省

    自治区北部は内蒙古自治区、南部は甘粛省と接する。東部の一部は陝西省と接している。寧夏回族自治区 フレッシュアイペディアより)

  • 長征

    長征から見た甘粛省甘粛省

    紅一方面軍はカム地方各地で自治を行っていたチベット人貴族の資産を強制没収し農民を解放するなどして自治国家を築かせようとしたが、国民党政府からの要請も受けたチベットのガンデンポタン政府が紅軍に攻撃を行い、紅一方面軍はこれを逃れて北の甘粛省方面にたどり着いた。カムでの農民の見聞とガンデンポタン軍による攻撃は、その後の共産党のチベット観に暗い影響を与える。また途中で紅四方面軍の一部は党中央の北上路線を拒否し南下に転じたが、その過程で大きな損害を被った。長征 フレッシュアイペディアより)

  • 武威市

    武威市から見た甘粛省甘粛省

    武威市(ぶいし)は、中華人民共和国甘粛省中部位置する地級市。ここの雷台地区には雷台漢墓という後漢時の張将軍の一族の墓地がある。これは高台の下に墓室があり、その中には大量の銅車馬があり、有名な銅奔馬も出土した。現在雷台には雷神を祀る道観(道教の寺院)がある。それ以外にも元代のチベットの首領と元朝の中央の会盟の場だった白塔寺がある。歴史的遺産より1985年には中国歴史文化名城に指定されている。武威市 フレッシュアイペディアより)

  • 馬家軍

    馬家軍から見た甘粛省甘粛省

    馬家軍(ばかぐん)は1949年まで甘粛、寧夏、青海地域を支配していた一族の軍閥。一族のほとんどが姓が馬の甘粛省河州(現臨夏回族自治州)出身で、中国のムスリムたる回族である。馬家軍の主要人物は甘粛の馬占鰲、馬安良、寧夏の馬福祥、馬鴻逵、馬鴻賓、青海の馬海晏、馬麒、馬麟、馬歩芳で、特に馬鴻逵、馬鴻賓、馬歩芳らを併せて“西北三馬”(シーベイサンマ、西北地方の3頭の馬の意)と呼ばれた。馬家軍 フレッシュアイペディアより)

  • 北涼

    北涼から見た甘粛省甘粛省

    北涼(ほくりょう、397年5月 - 439年9月)は、五胡十六国時代に甘粛省に存在した国。建国者は段業だが、実質的な創始者は盧水胡の沮渠蒙遜である。国号は涼(りょう)。北涼 フレッシュアイペディアより)

  • 黄砂

    黄砂から見た甘粛省甘粛省

    ゴビ砂漠(中国北部 内モンゴル・甘粛・寧夏・陝西 - モンゴル南部)黄砂 フレッシュアイペディアより)

809件中 41 - 50件表示