前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
821件中 1 - 10件表示
  • 彭麗媛

    彭麗媛から見た中国人民解放軍中国人民解放軍

    人民解放軍での階級は少将。人民解放軍総政治部歌舞団団長。夫は現中国共産党中央委員会総書記、党中央軍事委員会主席の習近平。彭麗媛 フレッシュアイペディアより)

  • 北京西郊空港

    北京西郊空港から見た中国人民解放軍中国人民解放軍

    国家の指導者や党、政府(:zh:中華人民共和國政府)、の要人が北京に出入するのに用いられている。 要人専用機としてボーイング737が10機(B737-300 8機・B737-700 2機)、ボンバルディア CRJが10機(CRJ-200BLR 5機・CRJ-700 5機)所属する。 以前にはホーカー・シドレー トライデントが用いられていた。北京西郊空港 フレッシュアイペディアより)

  • チベットの歴史 (現代)

    チベットの歴史 (現代)から見た中国人民解放軍中国人民解放軍

    1949年に国共内戦に勝利して、無宗教の社会主義国家中華人民共和国を樹立した中国共産党は、「チベットは中国の一部分」として、チベット全土の「解放」を目指して1950年に中国人民解放軍による軍事行動を発動しチベットを軍事制圧し、17ヶ条協定により、チベットの主権を奪った。(「帝国主義侵略勢力のチベットにおける影響を順調に一掃して、中華人民共和国の領土と主権の統一を完成し(十七か条協定の序文より)」)その後、チベット亡命政府は中国共産党政府はチベットに住む人々に対する非常に残忍な弾圧や虐殺を繰り返し行なう事でチベットを抑圧支配し続けていると主張している。さらに漢人の移民を故意に実行し現在ではチベットにおける漢人とチベット人の人口比率は逆転していると主張している。チベットの歴史 (現代) フレッシュアイペディアより)

  • ハルビン工業大学

    ハルビン工業大学から見た中国人民解放軍中国人民解放軍

    葉選平 - 中国人民政治協商会議第一副主席、中国人民解放軍の元老葉剣英の長男ハルビン工業大学 フレッシュアイペディアより)

  • 米中関係

    米中関係から見た中国人民解放軍中国人民解放軍

    米軍を中心にした国連軍は巻き返しを図り、北朝鮮軍を追い、中朝国境の鴨緑江付近まで接近したが、中国人民解放軍が参戦し、共産主義陣営の大規模な反撃が始まる。中国は清川江に沿って人海戦術(山岳浸透戦略)で反撃、国連軍に側面から打撃を与えた。米国第8軍は長期退却を余儀なくされ、米軍史上かつてない敗北を喫した。1951年3月、中国が国境付近に新規兵力を移動させたため、沖縄の嘉手納基地の米空軍は臨戦態勢に入り、4月5日、統合参謀本部は新兵力投入のための基地になっていた満州への核攻撃を要求する。トルーマン大統領は9基のマーク4をのもとへ移動させることを承認したが、米軍内部で反対意見が多く、実際に原爆投下は行われなかった。その後、膠着状態が続き、1953年7月27日停戦合意に至った。なお、朝鮮戦争は公式には終結(終戦)しておらず、朝鮮統一問題は米中関係での重要な地位を占めている。また、朝鮮戦争で蒋介石の国民政府からほとんど支援を得られなかったことは米国に政策の方針転換を促した。米中関係 フレッシュアイペディアより)

  • 東トルキスタン独立運動

    東トルキスタン独立運動から見た中国人民解放軍中国人民解放軍

    1949年、中国共産党は、新疆の接収を行うために、鄧力群を派遣し、イリ政府との交渉を行った。毛沢東は、イリ政府に書簡を送り、イリの首脳陣を北京の政治協商会議に招いた。しかし、8月27日、北京に向かったイリ首脳陣の乗った飛行機はソ連領内で消息を断ち(現在も原因不明)、首脳を失ったイリ政府は混乱に陥った。残されたイリ政府幹部のセイプディン・エズィズィが、急遽政治協商会議に赴き、共産党への服属を表明した。9月26日にはブルハン・シャヒディら新疆省政府幹部も国民政府との関係を断ち共産党政府に服属することを表明した。12月までに人民解放軍が新疆全域に展開し、東トルキスタンは完全に中華人民共和国に統合された( ウイグル侵攻)。1955年には民族区域自治の適用を受けて新疆ウイグル自治区となった。東トルキスタン独立運動 フレッシュアイペディアより)

  • 朝日新聞の中国報道問題

    朝日新聞の中国報道問題から見た中国人民解放軍中国人民解放軍

    中国人民解放軍によるチベット侵攻以後のチベット人に対する迫害について、ほとんど報道・批判してこなかったという指摘がある。朝日新聞の中国報道問題 フレッシュアイペディアより)

  • トウ小平

    トウ小平から見た中国人民解放軍中国人民解放軍

    1973年3月、周恩来の復活工作が功を奏し、鄧小平は党の活動と国務院副総理の職務に復活、病身の周恩来を補佐して経済の立て直しに着手する。同年8月の第10回党大会で中央委員に返り咲き、12月には毛沢東の指示によって党中央委員会副主席、中央軍事委員会副主席、中国人民解放軍総参謀長となり、政治局を統括。1974年4月、国連資源総会に中国代表団の団長として出席し、演説。その際訪れたニューヨークの威容に驚嘆し、国家発展のためには製鉄業の拡充が急務と考え、新日本製鐵(新日鉄)などから技術導入を図る。1975年1月、国務院常務副総理(第一副首相)に昇格し、周恩来の病気が重くなると、党と政府の日常業務を主宰するようになる。トウ小平 フレッシュアイペディアより)

  • 軍服

    軍服から見た中国人民解放軍中国人民解放軍

    第二次大戦後独立し、同時に東西冷戦下でアメリカと強い関係を持った国々には、礼服、勤務服を含めてアメリカ軍の影響が強い。例:韓国、台湾、フィリピン、旧南ベトナム(ベトナム共和国)等。日本の自衛隊の制服も、旧日本軍からのデザイン上の連続性を最小限にとどめるという配慮も手伝い、アメリカ軍の制服をモデルにしている。1991年には、陸上自衛隊の常装を旧軍のカーキ色に近い茶灰色からアメリカ陸軍と同様の緑色へ変更した。2007年には中国人民解放軍もアメリカ軍の軍服の要素を取り入れた新型軍服を採用している。また、イラン軍では革命以降もアメリカ軍の影響を受けた軍服を使用している。軍服 フレッシュアイペディアより)

  • 中華人民共和国

    中華人民共和国から見た中国人民解放軍中国人民解放軍

    しかし、1930年代から日中戦争を挟んで断続的に行われていた国共内戦において、ソビエトから支援を受ける中国共産党率いる中国人民解放軍がアメリカからの援助を受ち切られた中国国民党率いる中華民国国軍に対して勝利をおさめ、1949年に共産主義政党による一党独裁国家である中華人民共和国を樹立、翌年までに台湾および福建省の一部島嶼を除く中華民国の統治地域を制圧した。なお、国民党政府は進駐中であった日本の領土である台湾島に追われるかたちで政府機能を移転(その後、日本は1952年にサンフランシスコ講和条約に基づき権原を放棄)、その後も国際法上、空白地である台湾島とこれらの島嶼地域は現在国民党政府の実効支配下にある。中華人民共和国 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
821件中 1 - 10件表示

「中国人民解放軍」のニューストピックワード