821件中 11 - 20件表示
  • ベトナム戦争

    ベトナム戦争から見た中国人民解放軍中国人民解放軍

    アメリカによるベトナムにおける軍事活動が拡大を続ける中、1964年にソ連は北ベトナムへの全面的な軍事援助の開始を表明し、ソ連は軍事顧問団を派遣、1965年2月にはアレクセイ・コスイギン首相がハノイ入りした。これまで北ベトナム軍への軍事援助を行っていた中華人民共和国からは、軽火器の供給は豊富にあったが重火器の供給はほとんどなかったため、ゲリラ的な攻撃しか行うことができなかった。これ以降ソビエト連邦から最新式の戦闘機や戦車、対戦車砲などの重火器の供給を受けることが可能になり、軍事力の継続的な増強が実現する。ソ連と対立(中ソ対立)していた中華人民共和国も、ソ連による北ベトナム軍への軍事援助の増大に対抗し、1965年5月には、秘密裏に中国人民解放軍の軍事顧問団の派遣をおこなった。これ以降北ベトナム軍と南ベトナム解放戦線の標的は、南ベトナム軍だけでなく、南ベトナム軍へ「軍事顧問団」の派遣を行っているアメリカ軍へも向く。コスイギン首相の北ベトナム訪問が行われた1965年2月には、南ベトナム解放戦線がプレイクのアメリカ軍基地を爆破し、多数のアメリカ軍将校を殺害した。ベトナム戦争 フレッシュアイペディアより)

  • 朝鮮戦争

    朝鮮戦争から見た中国人民解放軍中国人民解放軍

    侵攻を受けた韓国側には進駐していたアメリカ合衆国軍を中心に、イギリスやフィリピン、オーストラリア、ベルギーやタイ王国などの国連加盟国で構成された国連軍(正式には「国連派遣軍」)が参戦し、一方の北朝鮮側には中国人民義勇軍(または「抗美援朝軍」「志願軍」。実態は中国人民解放軍)が加わり、直接参戦しないソ連は武器調達や訓練などの形で支援し、アメリカとソ連による代理戦争の様相を呈した。朝鮮戦争 フレッシュアイペディアより)

  • 中華民国

    中華民国から見た中国人民解放軍中国人民解放軍

    アメリカは、第二次世界大戦勃発以来、中華民国と事実上の同盟関係にあり、中華民国が軍事的脅威にさらされた場合は台湾関係法に基づき、適切な行動を取ることとなっている。実際に、1996年に行われた総統選挙に伴い、中華人民共和国の人民解放軍(共産党軍)が選挙への恫喝として軍事演習を強行し、基隆沖海域にミサイルを撃ち込むなどの威嚇行為を行った際には、アメリカ軍はこれに対して台湾海峡に空母打撃群を派遣し、同国のウォーレン・クリストファー国務長官は「アメリカは必要な場合には、台湾を助けるために台湾に近づく」と中華人民共和国に対して警告した。2008年3月に行われた総統選挙の際も近海に空母2隻を派遣した。その総統選挙で当選した馬英九は大陸との間で両岸経済協力枠組協議という自由貿易協定を締結、事実上の経済同盟を発足させるなど、2010年代からは中台関係は回復する方向に進んでいる。中華民国 フレッシュアイペディアより)

  • 華東野戦軍

    華東野戦軍から見た中国人民解放軍中国人民解放軍

    華東野戦軍(かとう-やせんぐん)は中国共産党が国共内戦中に東部で編成した方面軍・軍集団級の部隊。山東野戦軍と華中野戦軍を前身とし、華東軍区を管轄した。後に中国人民解放軍第3野戦軍に発展した。華東野戦軍 フレッシュアイペディアより)

  • 中原野戦軍

    中原野戦軍から見た中国人民解放軍中国人民解放軍

    中原野戦軍(ちゅうげん-やせんぐん)は中国共産党が国共内戦中に中原地域で編成した方面軍・軍集団級の部隊。晋冀魯予野戦軍団を前身とし、中原軍区を管轄した。後に中国人民解放軍第2野戦軍に発展した。中原野戦軍 フレッシュアイペディアより)

  • 中国のナンバープレート

    中国のナンバープレートから見た中国人民解放軍中国人民解放軍

    中国の軍隊や警察の車両専用のナンバープレートもあるが、一般市民には入手できない。これらのプレートは白地に赤と黒の文字が書かれている。中国のナンバープレート フレッシュアイペディアより)

  • 67式汎用機関銃

    67式汎用機関銃から見た中国人民解放軍中国人民解放軍

    それまで、中国人民解放軍では、日中戦争から用いてきたZB26をはじめ、日本軍から鹵獲した機関銃や、アメリカ・ソ連から供与された機関銃など、非常に雑多な種類の機関銃を運用していた。これらの機関銃は銃弾の統一などはされていたが、根本的に構造が違うため部品や操作の互換性など無く、老朽化も著しいことから、兵装の統一が必要であることは明らかであった。67式汎用機関銃 フレッシュアイペディアより)

  • 陳炳徳

    陳炳徳から見た中国人民解放軍中国人民解放軍

    陳 炳徳(ちん へいとく)は中華人民共和国の軍人。中国人民解放軍上将であり中国軍の首脳の1人。陳炳徳 フレッシュアイペディアより)

  • 朱徳

    朱徳から見た中国人民解放軍中国人民解放軍

    朱 徳(しゅ とく、ヂュー・ドゥー、1886年12月1日 - 1976年7月6日)は中華民国・中華人民共和国の軍人、政治家。原名は朱 代珍、朱 建徳、字は玉階。中国共産党入党以来、軍事部門を指導し、中国人民解放軍の「建軍の父」と評される。朱徳 フレッシュアイペディアより)

  • 西安西関空港

    西安西関空港から見た中国人民解放軍中国人民解放軍

    1949年5月 人民解放軍が西安空港を接収し、長さ1,800m、幅50mの石の滑走路となる。西安西関空港 フレッシュアイペディアより)

821件中 11 - 20件表示

「中国人民解放軍」のニューストピックワード