1140件中 11 - 20件表示
  • 北京西郊空港

    北京西郊空港から見た中国人民解放軍中国人民解放軍

    国家の指導者や党、政府(:zh:中華人民共和國政府)、の要人が北京に出入するのに用いられている。 要人専用機としてボーイング737が10機(B737-300 8機・B737-700 2機)、ボンバルディア CRJが10機(CRJ-200BLR 5機・CRJ-700 5機)所属する。 以前にはホーカー・シドレー トライデントが用いられていた。北京西郊空港 フレッシュアイペディアより)

  • 69式ロケットランチャー

    69式ロケットランチャーから見た中国人民解放軍中国人民解放軍

    ソビエト連邦製のRPG-7を無断でコピー生産したものであり、1970年代から中国人民解放軍に配備されるとともに、輸出も広く行われている。愛称の「四零火」は、口径の40ミリとロケットを意味する「火箭」の略称。69式ロケットランチャー フレッシュアイペディアより)

  • BJ212

    BJ212から見た中国人民解放軍中国人民解放軍

    BJ212()は、中国の北京汽車が1965年から1987年に製造していた軍用車両で、中国人民解放軍が使用している1/2トンクラスの四輪駆動車である。1989年に中国における車両形式名基準が変更となったことで、呼称がBJ2020となった。他国の軍への輸出が行われたほか、民間向けにも販売されている。BJ212 フレッシュアイペディアより)

  • HQ-7 (ミサイル)

    HQ-7 (ミサイル)から見た中国人民解放軍中国人民解放軍

    このミサイルには、地上発射型と艦上発射型の2タイプがあり、現在中国軍にて広く使用されている。HQ-7 (ミサイル) フレッシュアイペディアより)

  • ハルビン工業大学

    ハルビン工業大学から見た中国人民解放軍中国人民解放軍

    葉選平 - 中国人民政治協商会議第一副主席、中国人民解放軍の元老葉剣英の長男ハルビン工業大学 フレッシュアイペディアより)

  • SY-1 (ミサイル)

    SY-1 (ミサイル)から見た中国人民解放軍中国人民解放軍

    中華人民共和国国防部では、1956年10月に第五研究院(現在の中國航天科工集團公司(CASIC)を設置して、巡航ミサイルの技術開発を進めていた。1950年2月の中ソ友好同盟相互援助条約を受け、1957年には防衛技術協力条約(Sino-Soviet agreement on new technology for national defense)も締結された。これを受けて、1958年、中国は、P-15 ミサイルおよびその製造設備をソ連より購入した。生産ラインは南昌飛機製造公司に設置され、銭学森博士の指導のもと、2年後にはライセンス生産に着手した。これによって生産されたのがSY-1()であり、1964年8月には工場の試験を通過した。1967年8月、ミサイルの量産が認可され、1960年代後半には中国人民解放軍に就役した。SY-1 (ミサイル) フレッシュアイペディアより)

  • 東トルキスタン独立運動

    東トルキスタン独立運動から見た中国人民解放軍中国人民解放軍

    残されたイリ政府幹部のセイプディン・エズィズィが、急遽政治協商会議に赴き、共産党への服属を表明した。9月26日にはブルハン・シャヒディら新疆省政府幹部も、国民政府との関係を断ち共産党政府に服属することを表明した。12月までに人民解放軍が新疆全域に展開し、東トルキスタンは完全に中華人民共和国に統合された(ウイグル侵攻)。1955年には民族区域自治の適用を受けて新疆ウイグル自治区となった。東トルキスタン独立運動 フレッシュアイペディアより)

  • 軍服

    軍服から見た中国人民解放軍中国人民解放軍

    第二次大戦後独立し、同時に東西冷戦下でアメリカと強い関係を持った国々には、礼服、勤務服を含めてアメリカ軍の影響が強い。例:韓国、台湾、フィリピン、旧南ベトナム(ベトナム共和国)等。日本の自衛隊の制服も、旧日本軍からのデザイン上の連続性を最小限にとどめるという配慮も手伝い、アメリカ軍の制服をモデルにしている。1991年には、陸上自衛隊の常装を旧軍のカーキ色に近い茶灰色からアメリカ陸軍と同様の緑色へ変更した。2007年には中国人民解放軍もアメリカ軍の軍服の要素を取り入れた新型軍服を採用している。また、イラン軍では革命以降もアメリカ軍の影響を受けた軍服を使用している。軍服 フレッシュアイペディアより)

  • 延吉捕虜収容所

    延吉捕虜収容所から見た中国人民解放軍中国人民解放軍

    延吉捕虜収容所(えんきつほりょしゅうようじょ)は、第二次世界大戦後の数年間、現在の中華人民共和国吉林省延辺朝鮮族自治州の州都・延吉にあった日本人の捕虜を収容した捕虜収容所である。満州東部や朝鮮半島から多くの日本人捕虜が集められ、その後、ソビエト連邦へ送られた。1946年4月のソ連軍の撤退後は東北民主連軍(後に中国人民解放軍へ発展)が管理した。延吉捕虜収容所 フレッシュアイペディアより)

  • 2017年の中華人民共和国

    2017年の中華人民共和国から見た中国人民解放軍中国人民解放軍

    8月30日 - 房峰輝人民解放軍前総参謀長と張陽人民解放軍総政治部前主任を規律違反の容疑で拘束。房氏は26日に国防部によって総参謀長を更迭され、李作成が就任している。2017年の中華人民共和国 フレッシュアイペディアより)

1140件中 11 - 20件表示

「中国人民解放軍」のニューストピックワード

  • 国際大会ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム

  • 第25回記念2016ジャパンカップサイクルロードレース

  • 自転車アジア選手権