1140件中 51 - 60件表示
  • SX250/SX2150

    SX250/SX2150から見た中国人民解放軍中国人民解放軍

    SX250は、Shaanxi Automobile Works(現在はShaanxi Automobile Corporation Ltd)で、ソビエト連邦製のウラル-375DとフランスのBerliet GBU 15をベースに1960年初めに開発設計され、中国人民解放軍が物資輸送用に使用しているが、後継車であるSX2190も徐々に投入されている。SX250/SX2150 フレッシュアイペディアより)

  • 九七式中戦車

    九七式中戦車から見た人民解放軍中国人民解放軍

    終戦後には中国大陸において、日本軍の装備の多くが国民革命軍(国民党軍)と紅軍(共産党軍、1948年以降は人民解放軍)に接収され、九七式中戦車も両軍で使用された。これらはのちの国共内戦でも使用され、特に人民解放軍のものは国民革命軍相手に大きな戦果を挙げている(「功臣号」)。九七式中戦車 フレッシュアイペディアより)

  • 長江・CJ-750

    長江・CJ-750から見た中国人民解放軍中国人民解放軍

    2007年現在も中国人民解放軍において、迷彩色に塗装されたOHV式エンジン搭載のM1-SUPERの稼働が確認されており、現役第一線で現在も使用されている。基本的に民間に販売されている物と軍用との機構、外観的な仕様の差はほとんどない。長江・CJ-750 フレッシュアイペディアより)

  • 郭涛 (中将)

    郭涛 (中将)から見た中国人民解放軍中国人民解放軍

    郭涛(1926年2月 − 2011年11月3日)は、中華人民共和国の軍人。中国人民解放軍中将。郭涛 (中将) フレッシュアイペディアより)

  • 第三次台湾海峡危機

    第三次台湾海峡危機から見た中国人民解放軍中国人民解放軍

    中華人民共和国政府はアメリカ合衆国の政策転換に激怒した。1995年7月7日、新華社は中国人民解放軍が行う弾道ミサイル試験を報じ、この地域の平和と安全を危険に晒すことになろうと指摘した。中華人民共和国は中華民国領内彭佳嶼の北、60キロメートルに限った地域で7月21日から26日にかけて試験を行った。同時に中華人民共和国は福建省内の部隊を移動した。7月下旬から8月上旬にかけて李登輝と李の台湾海峡を巡る政策を非難する多くの論評が新華社と人民日報から発表された。第三次台湾海峡危機 フレッシュアイペディアより)

  • 67式汎用機関銃

    67式汎用機関銃から見た中国人民解放軍中国人民解放軍

    それまで、中国人民解放軍では、日中戦争から用いてきたZB26をはじめ、日本軍から鹵獲した機関銃や、アメリカ、ソ連から供与された機関銃など、非常に雑多な種類の機関銃を運用していた。これらの機関銃は弾薬の統一などはされていたが、根本的に構造が違うため部品や操作の互換性などは無く、老朽化も著しいことから、機関銃の統一が必要であることは明らかであった。67式汎用機関銃 フレッシュアイペディアより)

  • 東トルキスタン共和国

    東トルキスタン共和国から見た中国人民解放軍中国人民解放軍

    12月までに中国人民解放軍が新疆全域に展開し、東トルキスタンは完全に中華人民共和国に統合された(新疆侵攻)。ウイグル族とソ連領中央アジア出身者、モンゴル族やシベ族、回族で構成された東トルキスタン共和国軍(イリ民族軍)を野戦第五軍に編入した人民解放軍に対抗して、国民党側についたウイグル族のユルバース・カーンは白系ロシア人と中国人ムスリムの軍(帰化軍)を率いていた。1950年、伊吾で国民党軍と人民解放軍の戦闘が起こり、敗れた国民党は中国大陸を脱出することになった()。ユルバース・カーンはチベットを通過してインドのカルカッタへ逃亡しなければならなかったが、チベットでダライラマ軍に攻撃を受けた。カルカッタからは国民党とともに蒸気船で台湾に避難した。ユルバース・カーンが新疆省亡命政府主席に就任。東トルキスタン共和国 フレッシュアイペディアより)

  • 隠岐 (海防艦)

    隠岐 (海防艦)から見た中国人民解放軍中国人民解放軍

    隠岐(おき)は、日本海軍の海防艦。普遍的には択捉型海防艦の4番艦とされているが、海軍省が定めた公式類別では占守型海防艦の8番艦。太平洋戦争を生き延びて戦後は復員輸送に従事し、賠償艦として中華民国に引き渡されたが、国共内戦で中国人民解放軍の手に落ち、その後中国人民解放軍海軍に所属して、1982年まで現役だった。隠岐 (海防艦) フレッシュアイペディアより)

  • 国境会戦 (朝鮮戦争)

    国境会戦 (朝鮮戦争)から見た中国人民解放軍中国人民解放軍

    朝鮮人民軍(以下北朝鮮軍)は1946年1月に創設された鉄道保安隊を起源としており、正式な発足は1948年2月8日である。1949年末の時点では4個師団を有するに過ぎなかったが、その後半年で倍以上に増強された。特に、49年夏ごろより、中国人民解放軍にあった朝鮮系中国人部隊が、師団編成を保ったままで編入されはじめており、それ以外の部隊にも中国帰りの将兵が多数編入されていた。北朝鮮軍は極めて早いペースで増強されていたが、これら歴戦の将兵により、極めて高い錬度を保っていた。北朝鮮は韓国よりも人口が少なく(約43%)、兵力面では韓国が優位であると考えられていたが、これによって軍事バランスは一気に北側に傾いた。1950年6月25日の開戦の時点で、北朝鮮軍の戦力は、完全編成の歩兵師団8個、未充足の歩兵師団2個、戦車旅団1個および独立戦車連隊1個の正規部隊と警備旅団5個を含み総兵力19万8千、戦車240両、砲552門、迫撃砲1728門、航空機211機にまで増強されていた。国境会戦 (朝鮮戦争) フレッシュアイペディアより)

  • 武漢事件

    武漢事件から見た人民解放軍中国人民解放軍

    武漢事件(ぶかんじけん)あるいは七・二〇事件とは、1967年7月20日に湖北省武漢市で起きた文化大革命における武力衝突事件。労働組合や人民解放軍を背景とした実権派と文革の担い手を自認していた造反派がそれぞれの支持者を動員して武装し、ついには中国上層部まで巻き込む事態となった。武漢事件 フレッシュアイペディアより)

1140件中 51 - 60件表示

「中国人民解放軍」のニューストピックワード

  • 国際大会ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム

  • 第25回記念2016ジャパンカップサイクルロードレース

  • 自転車アジア選手権