1140件中 81 - 90件表示
  • 38度線

    38度線から見た中国人民解放軍中国人民解放軍

    占領政策の過程で北緯38度線上に1本の境界線が引かれたこと、そして、その後に南北に異なるイデオロギー政権が生まれたことが3年間の朝鮮戦争の原因となり、各方面へ多くの犠牲をもたらした。しかし、南北の境界線は、戦争中に南へ北へと移動しても消えることはなく、結局、戦争をもたらした北緯38度線の付近に、停戦ラインを引く結果となってしまったため、朝鮮戦争は「意義のない戦争」であると言われることがあるが、実際には北朝鮮側が1950年にポツダム宣言で定められた米ソ分割占領ラインを一方的に破棄し、南部朝鮮地方へ奇襲をかけて各地で国際法違反の虐殺行為を繰り返したのみならず、武力統一を試みたことにより、国際社会の結集を招き、初めて結成された国連軍により開戦前の国境線よりも後退し、前線を押し戻されたという事実のみが残る。朝鮮戦争勃発直前に中国大陸では国共内戦を経て、中国人民解放軍が海南島を完全占領して台湾を除いた中国大陸全土の支配権をポツダム宣言時の「中国軍」である中華民国軍から奪っており、ソ連から陸上部隊の派出を断られた北朝鮮軍にとって、鴨緑江付近に追い詰められた段階で、本格介入した中国人民解放軍による「抗美援朝義勇軍」(中国領土への戦線拡大を避けて反アメリカ反韓国を標榜した自然発生的義勇軍とされているが、事実上は北朝鮮側に就いた中華人民共和国の全面的参戦)と呼ばれる、陸海空で数十万人ともいわれる中国人民解放軍の猛反撃が無ければ、ダグラス・マッカーサーの発案によるソウル市近郊インチョン逆上陸作戦(スレッジハンマー作戦)の成功により、逆襲に成功した国連軍により、朝鮮半島の韓国主導での武力統一は間違いなかったとされる。逆に1950年代初頭の北朝鮮がこの時点で攻め滅ぼされていれば、1949年に国共内戦により中華民国の首都南京を再陥落させ、北京市で成立したばかりであった中華人民共和国の領土は国連軍の駐屯地と隣接することになり、直前に台湾台北市に遷都した蒋介石率いる中華民国軍(台湾亡命後も1970年代まで常任理事国の中国代表権を維持していた)を取り逃がして焦る毛沢東は、中華人民共和国とアメリカ軍駐屯地域との間に緩衝地帯となっていた北朝鮮が滅亡する事が国連での中国代表権を持たない中華人民共和国の東西冷戦構造における死活問題となると判断し、派兵すれば中国人民解放軍に犠牲を出す事が確実であるにも関わらず朝鮮戦争への全面介入を決断したともされる。このことを踏まえ、米国は中華人民共和国と朝鮮半島有事で米軍が境界線を越えた際の38度線までの米軍撤退などの具体的対応を協議していることを2017年12月にアメリカ合衆国国務長官のレックス・ティラーソンは公表している。38度線 フレッシュアイペディアより)

  • 陳炳徳

    陳炳徳から見た中国人民解放軍中国人民解放軍

    陳 炳徳(ちん へいとく、1941年7月 - )は中華人民共和国の軍人。中国共産党中央委員会委員、党中央軍事委員会委員、国家中央軍事委員会委員、中国人民解放軍総参謀長。最終階級は上将。陳炳徳 フレッシュアイペディアより)

  • 呉勝利

    呉勝利から見た中国人民解放軍中国人民解放軍

    呉 勝利(ご しょうり、1945年8月 - )は中華人民共和国の軍人。中国共産党中央委員会委員、党中央軍事委員会委員、国家中央軍事委員会委員。中国人民解放軍海軍司令員を務めた。最終階級は海軍上将。呉勝利 フレッシュアイペディアより)

  • 中印国境紛争

    中印国境紛争から見た中国人民解放軍中国人民解放軍

    中印国境紛争後、アクサイチンに中国人民解放軍が侵攻、中華人民共和国が実効支配をするようになると、パキスタンもそれに影響を受け、1965年8月には武装集団をインド支配地域へ送り込んだ。これにインド軍が反応し、1965年、第二次印パ戦争が勃発した。中印国境紛争 フレッシュアイペディアより)

  • 黄宏

    黄宏から見た中国人民解放軍中国人民解放軍

    黄宏(こう こう、ホアン・ホン、1960年5月25日?)は、中華人民共和国の「相声(日本の漫才・落語にあたる伝統的話芸)」の第八世代の俳優である。中国人民解放軍の俳優、階級は二級文職幹部(現役の少将に相当)。政府から中国国家一級演員に認定されている。中国曲芸協会副主席。元黒竜江广播電視文工団団長、黒竜江省曲芸団党委書記、中国人民解放軍八一電影製片廠廠長。黄宏 フレッシュアイペディアより)

  • 軍服 (朝鮮半島)

    軍服 (朝鮮半島)から見た中国人民解放軍中国人民解放軍

    朝鮮人民軍の軍服に関する情報が当局から公開される事はほとんどなく、その種類や変遷は写真や映像、あるいは脱北した元将兵の証言から考察せざるを得ないのが現状である。襟に階級章がついたカーキ色の人民服風の軍服と制帽、もしくは戦闘帽を着用していることが多い。兵下士官はソ連型のプルオーバー型(ギムナスチョルカ型と呼ばれる)の軍服が基本である。ソ連軍と中国人民解放軍、そして旧日本軍の軍装から強い影響を受けていると、一般的に言われる。軍服 (朝鮮半島) フレッシュアイペディアより)

  • 92式装輪装甲車

    92式装輪装甲車から見た中国人民解放軍中国人民解放軍

    90式装輪装甲車の欠点を解消した車両として1986年に発表され、1995年から部隊へ配備された。人民解放軍(陸軍・海軍陸戦隊など)のほかに人民武装警察で広く使用され、海外にも多く輸出されている。車体を利用した派生型も数多い。同車はエンジン出力がアップしている。92式装輪装甲車 フレッシュアイペディアより)

  • 朝鮮戦争

    朝鮮戦争から見た中国人民解放軍中国人民解放軍

    侵略を受けた韓国側には進駐していたアメリカ軍を中心に、イギリスやフィリピン、オーストラリア、ベルギーやタイ王国などの国連加盟国で構成された国連軍(正式には「国連派遣軍」)が参戦、一方の北朝鮮側には抗美援朝義勇軍(実態は金日成に韓国侵略を許可した中国人民解放軍)が加わり、ソ連は武器調達や訓練などで支援した。北朝鮮が意図的に起こしたため、「代理戦争」や「内戦」と表現する者には親北だと批判がなされている朝鮮戦争 フレッシュアイペディアより)

  • 新疆生産建設兵団

    新疆生産建設兵団から見た中国人民解放軍中国人民解放軍

    1952年、中国の安定に伴い新疆に駐屯していた中国人民解放軍第2軍、第6軍、第15軍の大部分約10万人が開墾と辺境防衛任務を与えられたのに始まる。1954年には中央から正式に新疆軍区生産建設兵団の名称を与えられた。国民党軍や旧東トルキスタン共和国のの出身者も少なくなく、初代司令官に国民党政権時代の新疆警備総司令であるが就いた。開墾地は国営農場となった。中心地は石河子市に所在する。1956年12月には全員が復員手続きを取って軍籍を離れた。新疆生産建設兵団 フレッシュアイペディアより)

  • 徴兵制度

    徴兵制度から見た中国人民解放軍中国人民解放軍

    毎年採用される中国人民解放軍新兵の枠は、志願兵も徴集兵も計画的に決められている。入隊志願者・被奨励者の中から選抜されて現役志願兵に採用される。これに漏れた者は、徴兵制度に委ねられる。徴兵された者が現役兵となるか予備役兵となるかは、年齢・能力・適性によって判断される。民兵組織への一定期間の参加も兵役と見なされる。徴兵制度 フレッシュアイペディアより)

1140件中 81 - 90件表示

「中国人民解放軍」のニューストピックワード

  • 国際大会ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム

  • 第25回記念2016ジャパンカップサイクルロードレース

  • 自転車アジア選手権