260件中 91 - 100件表示
  • 中国人民解放軍

    中国人民解放軍から見たSu-30 (航空機)

    中国政府は湾岸戦争、アフガニスタン戦争、イラク戦争などでのアメリカ合衆国軍による軍事的成果に影響されて、近年は軍事兵器や軍事システムや戦闘スタイルの革新に力を入れ、通常兵器による軍事力も強力になりつつある。ロシアの専門家によれば2015年頃には第5世代戦闘機が配備されるのではないかと指摘している。また、ロシアの兵器輸出企業の重役によれば中国はインドとは違い陸上兵器の近代化が進んでいるため、陸上兵器は地対空ミサイル以外はほとんど輸入してくれないと語っている。そして新式装備の絶対数は多く、Su-27/Su-30MKKシリーズは300機以上ある。これは日本や韓国のF-15保有機数を凌駕している。また、空軍兵器の取引においては完成した機体を購入する時代は終わり、エンジンやレーダーなどのような装備単位で買う段階になったと言われている。その象徴がJ-10である。また、特殊部隊の育成も進んでおり、最近では世界最難関の特殊部隊育成機関であるArmy international Bootcampの合格者も輩出している。中国人民解放軍 フレッシュアイペディアより)

  • 中国人民解放軍

    中国人民解放軍から見たアメリカ合衆国

    2009年3月4日に全人代の李肇星報道官が記者会見を行い、中国の2009年度(1 - 12月)国防予算は前年度実績比14.9%増の4806億人民元(約6兆9000億円)で、中国のGDPに占める国防費率は1.4%で、財政支出予算に占める国防費率は6.3%であると発表した。西側諸国の見解によれば後述の通り実際の軍事費はさらに大きいとみられるが、公表額においてもアメリカ、イギリスに次ぐ世界3位の軍事費である。 中国は1989年度以降21年間連続で軍事支出を20%以上拡大させ続けていることになる。中国人民解放軍 フレッシュアイペディアより)

  • 中国人民解放軍

    中国人民解放軍から見た091型原子力潜水艦

    1949年4月23日創立。兵力約26万人、うち海軍航空部隊約35,000人、沿岸警備隊約25,000人、海兵隊約1万人を有する。駆逐艦29隻、フリゲート45隻、弾道ミサイル搭載原子力潜水艦3隻(夏級を1隻と晋級を2隻)、攻撃型原子力潜水艦の漢級を3隻(稼働するのは2隻のみ)、商型原子力潜水艦を2隻、通常動力型潜水艦61隻(うち30隻以上は旧式化したロメオ級、明型、宋型)を保有する。また、海軍航空隊は、7個海航師(海軍航空師団)、7個独立飛行団から成り、各種軍用機620機を保有する。沿岸防衛部隊として、35個岸防導弾砲兵団(海岸防衛ミサイル砲兵団。65,300人)が存在する。中国人民解放軍 フレッシュアイペディアより)

  • 中国人民解放軍

    中国人民解放軍から見たオーストラリア

    中国人民解放軍海軍は、その艦艇部隊に航空援護を提供するため、ある程度の規模の戦闘用航空機部隊を有している。艦艇部隊の外洋志向に呼応して、航空部隊はその覆域を広げる努力を続けており、空中給油による航続距離の延伸のほか、国産空母の導入も模索していると伝えられている。空母の技術を研究するため、中国はオーストラリア、ウクライナ、ロシアの中古ないし建造途中の航空母艦を計3隻購入した。このうち、75%まで完成した状態でウクライナより購入したヴァリャーグを、大連において建造を再開した。完成を疑問視されることもあったが2009年の5月には機関部の修復が完了し、ドックに移された事が確認された。2012年には遼寧として就役させている。中国人民解放軍 フレッシュアイペディアより)

  • 中国人民解放軍

    中国人民解放軍から見た中華人民共和国公安部

    中国の軍事支出が明確でないという見解の論拠の具体論としては、中国の予算制度は、ミサイル開発費などの国防科学研究費や軍事教育費用が文教科学予算項目に分類されていたり、戦略核弾道弾部隊(第二砲兵部隊)の維持費が宇宙開発予算に分類されている。また、沿岸・国境警備や内部防衛を担当する武装警察部隊の費用も公安予算に計上され、民間防衛や民兵予備役の費用も国防予算の項目に含、民主国家の軍事予算や、世界的に一般的な定義の軍事予算と比較することは、統計比較手法としては不正確である。ただし、軍事も他の分野も、統計や分類の方法は個々の国や研究機関により異なるので、軍事予算の範囲としてどこまで含めるかは各国政府や軍事研究機関により異なる。統計を国際比較する場合は各国政府や個々の研究機関により異なる統計や分類の方法を、何らかの基準(通常は一般的な定義、多数派の定義)に補正・整合して比較する。中国人民解放軍 フレッシュアイペディアより)

  • 中国人民解放軍

    中国人民解放軍から見た日本

    中国政府は湾岸戦争、アフガニスタン戦争、イラク戦争などでのアメリカ合衆国軍による軍事的成果に影響されて、近年は軍事兵器や軍事システムや戦闘スタイルの革新に力を入れ、通常兵器による軍事力も強力になりつつある。ロシアの専門家によれば2015年頃には第5世代戦闘機が配備されるのではないかと指摘している。また、ロシアの兵器輸出企業の重役によれば中国はインドとは違い陸上兵器の近代化が進んでいるため、陸上兵器は地対空ミサイル以外はほとんど輸入してくれないと語っている。そして新式装備の絶対数は多く、Su-27/Su-30MKKシリーズは300機以上ある。これは日本や韓国のF-15保有機数を凌駕している。また、空軍兵器の取引においては完成した機体を購入する時代は終わり、エンジンやレーダーなどのような装備単位で買う段階になったと言われている。その象徴がJ-10である。また、特殊部隊の育成も進んでおり、最近では世界最難関の特殊部隊育成機関であるArmy international Bootcampの合格者も輩出している。中国人民解放軍 フレッシュアイペディアより)

  • 中国人民解放軍

    中国人民解放軍から見たIl-76 (航空機)

    空輸戦力としては、旧ソ連のAn-12を国産化したY-8を主力とする。また、大型の戦略輸送機として、1990年代前半よりIL-76MDを調達しているほか、これをベースとした空中給油機であるIl-78の購入も予定されている。また、ロシアのIl-76をもとに開発し、イスラエル製の早期警戒装置を搭載した空警2000の導入により、空中早期警戒能力の獲得を図っている。中国人民解放軍 フレッシュアイペディアより)

  • 中国人民解放軍

    中国人民解放軍から見た台湾有事

    1995年 - 1996年 第三次台湾海峡危機(:en:Third Taiwan Strait Crisis、台湾有事も参照)中国人民解放軍 フレッシュアイペディアより)

  • 中国人民解放軍

    中国人民解放軍から見た台湾海峡危機

    1954年 - 1955年 第一次台湾海峡危機中国人民解放軍 フレッシュアイペディアより)

  • 中国人民解放軍

    中国人民解放軍から見たフリゲート

    同年アメジスト号事件。長江でイギリス海軍のフリゲート「アメジスト」と交戦。中国人民解放軍 フレッシュアイペディアより)

260件中 91 - 100件表示

「中国人民解放軍」のニューストピックワード