260件中 11 - 20件表示
  • 中国人民解放軍

    中国人民解放軍から見たアメリカ国防総省

    このような「公表額」に対して、世界各国の政府や軍事研究機関は、「中国政府が、所謂中国脅威論によって軍備拡張が抑え込まれることを警戒して、軍事支出が小さく見えるように操作している」との見解を持っている。ストックホルム国際平和研究所の統計によると、2008年度の中国の軍事費は為替レートベースで849億ドルで、アメリカ合衆国に次いで世界で2位(世界シェア5.8%)であり、1999年 - 2008年の10年間で194%増加した。アメリカ国防総省/台湾国防部の議会への報告によれば、中国の為替換算「軍事支出」は2007年で1100億ドル前後で、世界的に一般的な軍事費の範囲定義をあわせた中国の実態「軍事支出」は中国政府発表の公称「軍事予算」の2-3倍であるとしている。2009年秋に作成された人民解放軍の内部報告書によって、「軍事費」が公表されている「国防費」の1.5倍と記載されていることが2010年7月に明らかになった。中国人民解放軍 フレッシュアイペディアより)

  • 中国人民解放軍

    中国人民解放軍から見た呉勝利

    呉勝利(海軍上将、海軍司令員)中国人民解放軍 フレッシュアイペディアより)

  • 中国人民解放軍

    中国人民解放軍から見た英国放送協会

    中国人民解放軍には他国の軍隊には見られない「自力更生」と呼ばれる独特のシステムが存在した。これは、簡単に言ってしまうと、「国家などの公的予算に頼らず軍が自分で自分の食料や装備を調達する」ということである。元々は軍人が自力で耕作して食料を調達して戦い続けたことを意味するが、1980年代になると軍事費の削減によって「軍事費は軍自らが調達する」という方針が共産党からだされたことにより国の近代化と資本導入が始まったことにあわせ、軍の近代化に伴う人員削減で生み出される失業対策も含めて、各部隊が幅広く企業経営へ乗り出していた。これは1998年に中国共産党が人民解放軍の商業活動を禁止するまで続いた。実際には現在も一般人も利用できる又は一般人向けの各種学校、食堂やクラブなどの飲食店、射撃場など娯楽施設、病院、宿泊施設、食品加工や機器製造等の工場、農牧場、養殖場、炭鉱など鉱山、出版社などあらゆる企業、施設、設備を運営している。イギリスBBCの報道によると、食料の90%を外部からの調達に頼っているということである。人員規模を考慮すると、およそ20万人以上の食料を自給できているということであり、他の軍隊に見られない驚異的な特徴の一つとなっているといえる。中国人民解放軍 フレッシュアイペディアより)

  • 中国人民解放軍

    中国人民解放軍から見た習近平

    主席:習近平(党総書記、国家副主席)中国人民解放軍 フレッシュアイペディアより)

  • 中国人民解放軍

    中国人民解放軍から見た鄧小平

    第2野戦軍(司令員:劉伯承、政治委員:鄧小平中国人民解放軍 フレッシュアイペディアより)

  • 中国人民解放軍

    中国人民解放軍から見た南シナ海

    2012年11月、ヒラリー・クリントン米国務長官は中国と南シナ海の領有権問題について協議した際、中国側の高官のひとりが「(中国は)ハワイの領有権を主張することもできる」と発言し、これに対してヒラリー長官は「やってみてください。われわれは仲裁機関で領有権を証明する。これこそあなた方に求める対応だ」と応じたことを明らかにした。中国人民解放軍 フレッシュアイペディアより)

  • 中国人民解放軍

    中国人民解放軍から見た弾道ミサイル

    中国の軍事支出が明確でないという見解の論拠の具体論としては、中国の予算制度は、ミサイル開発費などの国防科学研究費や軍事教育費用が文教科学予算項目に分類されていたり、戦略核弾道弾部隊(第二砲兵部隊)の維持費が宇宙開発予算に分類されている。また、沿岸・国境警備や内部防衛を担当する武装警察部隊の費用も公安予算に計上され、民間防衛や民兵予備役の費用も国防予算の項目に含、民主国家の軍事予算や、世界的に一般的な定義の軍事予算と比較することは、統計比較手法としては不正確である。ただし、軍事も他の分野も、統計や分類の方法は個々の国や研究機関により異なるので、軍事予算の範囲としてどこまで含めるかは各国政府や軍事研究機関により異なる。統計を国際比較する場合は各国政府や個々の研究機関により異なる統計や分類の方法を、何らかの基準(通常は一般的な定義、多数派の定義)に補正・整合して比較する。中国人民解放軍 フレッシュアイペディアより)

  • 中国人民解放軍

    中国人民解放軍から見たF-15 (戦闘機)

    中国政府は湾岸戦争、アフガニスタン戦争、イラク戦争などでのアメリカ合衆国軍による軍事的成果に影響されて、近年は軍事兵器や軍事システムや戦闘スタイルの革新に力を入れ、通常兵器による軍事力も強力になりつつある。ロシアの専門家によれば2015年頃には第5世代戦闘機が配備されるのではないかと指摘している。また、ロシアの兵器輸出企業の重役によれば中国はインドとは違い陸上兵器の近代化が進んでいるため、陸上兵器は地対空ミサイル以外はほとんど輸入してくれないと語っている。そして新式装備の絶対数は多く、Su-27/Su-30MKKシリーズは300機以上ある。これは日本や韓国のF-15保有機数を凌駕している。また、空軍兵器の取引においては完成した機体を購入する時代は終わり、エンジンやレーダーなどのような装備単位で買う段階になったと言われている。その象徴がJ-10である。また、特殊部隊の育成も進んでおり、最近では世界最難関の特殊部隊育成機関であるArmy international Bootcampの合格者も輩出している。中国人民解放軍 フレッシュアイペディアより)

  • 中国人民解放軍

    中国人民解放軍から見た賀竜

    元老には十大元帥と呼ばれる軍閥代表者がいる。朱徳・彭徳懐・林彪・劉伯承・賀竜・陳毅・羅栄桓・徐向前・聶栄臻・葉剣英で、老総(ラオゾン)とも呼ばれる。中国人民解放軍 フレッシュアイペディアより)

  • 中国人民解放軍

    中国人民解放軍から見た羅栄桓

    第4野戦軍(司令員:林彪、政治委員:羅栄桓中国人民解放軍 フレッシュアイペディアより)

260件中 11 - 20件表示

「中国人民解放軍」のニューストピックワード