47件中 11 - 20件表示
  • 南漢宸

    南漢宸から見た中国人民銀行中国人民銀行

    南漢宸(なん かんしん、ナン ハン チェン、Nan Hanchen、1895年 - 1967年1月27日)は、中華人民共和国の政府当局者、元中国人民銀行総裁・全国人民代表大会常務委員会委員である。南漢宸 フレッシュアイペディアより)

  • 曹菊如

    曹菊如から見た中国人民銀行中国人民銀行

    曹菊如(そう きくにょ、チャオ ジュー ルー、Cao Juru、1901年5月 - 1981年1月)は、中華人民共和国の政府当局者、元中国人民銀行総裁・中国人民政治協商会議全国常務委員である。曹菊如 フレッシュアイペディアより)

  • 陳希愈

    陳希愈から見た中国人民銀行中国人民銀行

    陳希愈(ちん きゆ、チェン シー ユー、Chen Xiyu、1911年7月 - 2000年7月)は、中華人民共和国の政府当局者、元中国人民銀行総裁・秘書・中国人民政治協商会議の第5回常務委員会委員である。陳希愈 フレッシュアイペディアより)

  • 李葆華

    李葆華から見た中国人民銀行中国人民銀行

    李葆華(り ほか、リー バオ ホア、Li Baohua、1909年10月2日 - 2005年2月19日)は、中華人民共和国の政府当局者、元中国人民銀行総裁・中共安徽省委員会書記・1970年代中共中央委員である。李葆華 フレッシュアイペディアより)

  • 呂培倹

    呂培倹から見た中国人民銀行中国人民銀行

    呂培倹(ろ ばいけん、ルー ペイ ジエン、Lü Peijian、1928年8月 - )は、中華人民共和国の政府当局者、元中国人民銀行総裁・中華人民共和国審計署の第2代審計長・第12?14回中共中央委員会委員である。呂培倹 フレッシュアイペディアより)

  • 銀通

    銀通から見た中国人民銀行中国人民銀行

    一方、中国本土の銀聯カードの所持者は2004年1月18日より、一部を除く香港やマカオの銀通ATMから香港ドル(あるいはマカオパタカ)を引き出すことができるようになった。これは、2003年に締結された中国本土・香港経済連携緊密化取決めおよび中国本土・マカオ経済連携緊密化取決めで中国本土住民による香港・マカオへの個人旅行が段階的に解禁されたことが背景にある。同年11月に、香港金融管理局と中国人民銀行が2003年11月に締結した協定に基づいて行われている。1日の引き出し限度額は人民元5000元相当である。この処置に関わる香港ドルと人民元の決済業務は、中国銀行 (香港)が行っている。銀通 フレッシュアイペディアより)

  • 西部大開発

    西部大開発から見た中国人民銀行中国人民銀行

    中国人民銀行は2004年末現在、中国の金融機関が西部12省(区、市)で実施した貸付残高が2兆9,500億元に達したと発表した。ただ、少数民族地域では依然として貧困が激しく、義務教育さえ不徹底であり、急激な産業開発とともに長期的な視野に立脚した教育の充実も不可欠である。このため、国務院は西部各地の貧困地区に教員など各種の資格をもった志願者数万人を送り込むなどの人的支援も行っている。また東部沿海地方の都市が西部地区の都市と国内友好都市関係を結び、資金などの援助も行っている。西部大開発 フレッシュアイペディアより)

  • 北京金融街

    北京金融街から見た中国人民銀行中国人民銀行

    北京金融街の範囲は、南は復興門内大街、北は阜成門内大街、西は復興門北大街(西二環路)、東は太平橋大街に囲まれた地区で、胡同など北京城内の昔からの市街地があった地域を再開発して建設されている。北京市政府の計画により銀行、証券、保険などの金融機関の本社や北京支社が北京市街の西にあたるこの場所に集められており、しばしば中国のウォール街と呼ばれる。また中国の中央銀行である中国人民銀行(People's Bank of China, PBC/PBOC)、金融業を監督する中国銀行業監督管理委員会(China Banking Regulatory Commission, CBRC)、中国証券監督管理委員会(China Securities Regulatory Commission, CSRC)、中国保険監督管理委員会(China Insurance Regulatory Commission, CIRC)もこの金融街にある。そのほか、ビジネスマン向けのホテルやショッピングセンター、高級マンションなども揃う。復興門北大街沿いには順成公園という噴水や広場のある緑地公園が南北に続き、憩いの場となっている。北京金融街 フレッシュアイペディアより)

  • アジア通貨単位

    アジア通貨単位から見た中国人民銀行中国人民銀行

    アジア通貨単位はしばしば、ユーロの基礎となった欧州通貨単位 (ECU) と比較される。アジア通貨単位(ACUあるいはAMU)が設定されれば、アジア通貨建て債券の発行につながり、アジア債券市場とも相まって域内の金融協力が加速し、アジアにおいても共通通貨導入の議論が加速しそうだ。既に中国は人民銀行や中国世界経済研究所など各方面の幹部が共通通貨の検討を持ちかけるなど、積極的な姿勢を見せている。アジア通貨単位 フレッシュアイペディアより)

  • 銀元

    銀元から見た中国人民銀行中国人民銀行

    ところが、日本の終戦後に国共内戦が勃発すると、中国共産党側も国民政府に対抗して紙幣を発行(ただし、共産党は中華ソビエト共和国以来、自己の解放区において独自通貨を発行していたが、その中国経済全体に与える影響は少なかった)したことと国内が戦場になったことで中国の経済・金融は大混乱に陥って大規模なインフレーションが発生した。このため、1937年6月と1948年8月を比較して法幣発行量は47万倍、物価指数は500万倍(上海)に達した。このため、国民政府側では1948年8月19日に中央銀行に金円券を発行させ、金円券1元=法定含有純金0.22217グラム=アメリカ貨幣0.25ドルの相場を定め、3ヶ月以内の条件で金円券1元=法幣300万元を交換させた。だが、共産党側の攻勢が本格化し、この年の12月1日には共産党も石家荘に中国人民銀行を設置して人民幣の発行を開始した。更に1949年5月28日に上海が占領された。なお、共産党は6月に金円券の流通停止を宣言して人民幣1元=金円券10万元にて交換・回収を行った。追い込まれた国民政府は、同年7月4日に金円券を総額300兆元にて発行を打ち切り、広州にて未だに政府などが保有していた法幣以前の旧銀元(「孫文像幣」)による銀本位制に基づいた銀元券を発行し、7月18日から8月31日までに銀元券1元=金円券5億元と交換することとし、9月1日以後は金円券を一切無効とするとした。ところがこれを知った共産党側は金円券や銀元の人民幣への交換は認めるが、銀元券と人民幣との交換は行わないと宣言した。銀元 フレッシュアイペディアより)

47件中 11 - 20件表示

「中国人民銀行」のニューストピックワード