71件中 11 - 20件表示
  • 南漢宸

    南漢宸から見た中国人民銀行中国人民銀行

    南漢宸(なん かんしん、ナン ハン チェン、Nan Hanchen、1895年 - 1967年1月27日)は、中華人民共和国の政府当局者、元中国人民銀行行長・全国人民代表大会常務委員会委員である。南漢宸 フレッシュアイペディアより)

  • 2014年の経済

    2014年の経済から見た中国人民銀行中国人民銀行

    中国の中国人民銀行が発表した3月のマネーサプラM2伸び率は前年比12.1%となり、国家統計局のデータによると、2001年5月以来の低水準となった。2014年の経済 フレッシュアイペディアより)

  • 中国銀行 (香港)

    中国銀行 (香港)から見た中国人民銀行中国人民銀行

    1999年、株式上場を目指して傘下各行の全株式を中銀が取得、構造改革計画を策定し、2001年の中国人民銀行の承認を受けて実行に移された。中銀集団発足時からの6行は宝生銀行に吸収され、同行は中国銀行(香港)有限公司と改称。南洋商業銀行と集友銀行を中銀香港の子会社とした。香港特別行政区立法会は2001年7月12日に「中国銀行(香港)合併令」を公布し、同年10月1日に全合併作業が完了した。中国銀行 (香港) フレッシュアイペディアより)

  • 易綱

    易綱から見た中国人民銀行中国人民銀行

    易 綱(い・こう、イー・ガーン、、、1958年3月5日 - )は、中国の経済学者。2018年から 中国人民銀行行長(総裁)を務める。易綱 フレッシュアイペディアより)

  • 中国銀行 (中華人民共和国)

    中国銀行 (中華人民共和国)から見た中国人民銀行中国人民銀行

    なお、中華人民共和国の中央銀行は中国人民銀行中国銀行 (中華人民共和国) フレッシュアイペディアより)

  • 人民元

    人民元から見た中国人民銀行中国人民銀行

    人民元(じんみんげん)は、中華人民共和国の中央銀行である中国人民銀行が発行している通貨である人民幣(じんみんへい、、、レンミンビィ)のことである。略号はRMB、またはISO 4217での通貨コードのCNY。通貨数量の前に?(円記号)を用いる。なお、香港とマカオでは、それぞれ独自の通貨単位である香港ドルおよびマカオ・パタカが発行されている。人民元 フレッシュアイペディアより)

  • 中華人民共和国の経済

    中華人民共和国の経済から見た中国人民銀行中国人民銀行

    中国の通貨単位は人民元であり、1元(正確には圓)=10角=100分となる。中央銀行は中国人民銀行である。中華人民共和国の経済 フレッシュアイペディアより)

  • 銭荘

    銭荘から見た中国人民銀行中国人民銀行

    だが、中華人民共和国の成立によって銭荘は政府や中国人民銀行の厳重な監督下に置かれ、投機的活動の禁止と生産部門投資への強要と公私合営の徹底を図った。このため、1953年頃には銭荘は公私合営銀行に転換されて完全に消滅し、わずかに中華人民共和国の支配下に入らなかった台湾や香港の中小零細金融機関の名称として存続しているものが残されているだけである。銭荘 フレッシュアイペディアより)

  • アジア通貨単位

    アジア通貨単位から見た中国人民銀行中国人民銀行

    アジア通貨単位はしばしば、ユーロの基礎となった欧州通貨単位 (ECU) と比較される。アジア通貨単位(ACUあるいはAMU)が設定されれば、アジア通貨建て債券の発行につながり、アジア債券市場とも相まって域内の金融協力が加速し、アジアにおいても共通通貨導入の議論が加速しそうだ。既に中国は人民銀行や中国世界経済研究所など各方面の幹部が共通通貨の検討を持ちかけるなど、積極的な姿勢を見せている。アジア通貨単位 フレッシュアイペディアより)

  • アジア債券市場

    アジア債券市場から見た中国人民銀行中国人民銀行

    このような教訓から、1999年11月のASEAN+3首脳会議において、「東アジア地域での自助・支援メカニズム強化」の必要性が確認され、翌2000年5月のASEAN+3財相会議にてチェンマイ・イニシアティブ(CMI)が合意された。同時に、金融面における銀行への過度な融資体質を是正し資本市場を発達させる事が求められた。これは、各国内における長期の資金需要に対して米ドル建ての短期借入れで対応するという通貨・期間面でのダブルミスマッチを改善するだけでなく、市場原理に基づいた企業の資金調達コストに因る産業・企業間での効率的な資金配分を期待するものである。「地産地消」の精神に基づいて国民所得の3-4割にも達すると言われる東アジアの貯蓄を域内で回し、自国通貨建ての社債市場を発達させる事の意義は大きい。将来的には起債もアジアの通貨、或いは共通通貨バスケット建てとする事を目的としており、2003年6月には東アジア・オセアニア中央銀行役員会議(EMEAP)において、11の中央銀行・通貨当局(日本銀行、中国人民銀行、香港金融管理局、韓国銀行、シンガポール金融管理局、タイ銀行、インドネシア銀行、マレーシア国立銀行、フィリピン中央銀行、オーストラリア準備銀行、ニュージーランド準備銀行)が合同で10億米ドル規模の基金を設け、この基金で域内企業が発行する米ドル建ての債権を買い上げるというアジア債権ファンド(ABF)の設立に至った(アジア債券市場育成に関するチェンマイ宣言)。また2004年12月にEMEAPは中国やタイ、インドネシアなど8カ国で現地通貨建て国債・政府機関債に投資するアジア債権ファンド2(20億米ドル規模)の創設を打ち出し、2005年5月から運用されている。アジア債券市場 フレッシュアイペディアより)

71件中 11 - 20件表示

「中国人民銀行」のニューストピックワード