71件中 21 - 30件表示
  • 銀元

    銀元から見た中国人民銀行中国人民銀行

    ところが、日本の終戦後に国共内戦が勃発すると、中国共産党側も国民政府に対抗して紙幣を発行(ただし、共産党は中華ソビエト共和国以来、自己の解放区において独自通貨を発行していたが、その中国経済全体に与える影響は少なかった)したことと国内が戦場になったことで中国の経済・金融は大混乱に陥って大規模なインフレーションが発生した。このため、1937年6月と1948年8月を比較して法幣発行量は47万倍、物価指数は500万倍(上海)に達した。このため、国民政府側では1948年8月19日に中央銀行に金円券を発行させ、金円券1元=法定含有純金0.22217グラム=アメリカ貨幣0.25ドルの相場を定め、3ヶ月以内の条件で金円券1元=法幣300万元を交換させた。だが、共産党側の攻勢が本格化し、この年の12月1日には共産党も石家荘に中国人民銀行を設置して人民幣の発行を開始した。更に1949年5月28日に上海が占領された。なお、共産党は6月に金円券の流通停止を宣言して人民幣1元=金円券10万元にて交換・回収を行った。追い込まれた国民政府は、同年7月4日に金円券を総額300兆元にて発行を打ち切り、広州にて未だに政府などが保有していた法幣以前の旧銀元(「孫文像幣」)による銀本位制に基づいた銀元券を発行し、7月18日から8月31日までに銀元券1元=金円券5億元と交換することとし、9月1日以後は金円券を一切無効とするとした。ところがこれを知った共産党側は金円券や銀元の人民幣への交換は認めるが、銀元券と人民幣との交換は行わないと宣言した。銀元 フレッシュアイペディアより)

  • 銀通

    銀通から見た中国人民銀行中国人民銀行

    一方、中国本土の銀聯カードの所持者は2004年1月18日より、一部を除く香港やマカオの銀通ATMから香港ドル(あるいはマカオパタカ)を引き出すことができるようになった。これは、2003年に締結された中国本土・香港経済連携緊密化取決めおよび中国本土・マカオ経済連携緊密化取決めで中国本土住民による香港・マカオへの個人旅行が段階的に解禁されたことが背景にある。同年11月に、香港金融管理局と中国人民銀行が2003年11月に締結した協定に基づいて行われている。1日の引き出し限度額は人民元5000元相当である。この処置に関わる香港ドルと人民元の決済業務は、中国銀行 (香港)が行っている。銀通 フレッシュアイペディアより)

  • 西部大開発

    西部大開発から見た中国人民銀行中国人民銀行

    中国人民銀行は2004年末現在、中国の金融機関が西部12省(区、市)で実施した貸付残高が2兆9,500億元に達したと発表した。ただ、少数民族地域では依然として貧困が激しく、義務教育さえ不徹底であり、急激な産業開発とともに長期的な視野に立脚した教育の充実も不可欠である。このため、国務院は西部各地の貧困地区に教員など各種の資格をもった志願者数万人を送り込むなどの人的支援も行っている。また東部沿海地方の都市が西部地区の都市と国内友好都市関係を結び、資金などの援助も行っている。西部大開発 フレッシュアイペディアより)

  • 華麗銀行

    華麗銀行から見た中国人民銀行中国人民銀行

    1997年に中国人民銀行北京分行および青島分行(支店)と朝鮮中央銀行が、それぞれ6対4の出資比率で設立された。華麗銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 田村秀男

    田村秀男から見た中国人民銀行中国人民銀行

    中国共産党の支配下にある中国人民銀行が基準相場を設定し、変動を基準値の上下2%以内に限って許容している事、金融・資本市場は制限だらけで取引不自由である事、公正に開かれた金融市場を基盤として為替レートが自由に変動する先進国通貨とは対極にある事から、人民元を「悪貨が良貨を駆逐する」における現代版悪貨としている(2015年現在)。田村秀男 フレッシュアイペディアより)

  • 北京商務中心区

    北京商務中心区から見た中国人民銀行中国人民銀行

    北京CBDは、市街地西部の西二環路付近にある北京金融街(中国人民銀行の本部などがある)に次ぐ北京の金融センターに位置づけられている。このビジネス街を発展させるため、CBDをさらに東へ拡大し東四環路に至る3平方キロメートルを新たに開発する計画も進められている。北京商務中心区 フレッシュアイペディアより)

  • 人民元改革

    人民元改革から見た中国人民銀行中国人民銀行

    2005年7月21日に中国人民銀行により発表され、同日午後7時より実施された人民元の切り上げは、温家宝首相が2005年3月の全国人民代表大会の閉幕後の記者会見において「いつ、どんなやり方をするかは意表をつく事になる。」と明言していたものであった。また、温家宝首相は2005年6月に天津で開催されたアジア欧州会合(ASEM)財務相会議において、中国自身によって決断する「主体性」、為替の乱高下防止のための「制御可能性」、改革を徐々に進める「漸進性」、という人民元改革の3原則を表明しており、それに合致する形での改革に至った。人民元改革 フレッシュアイペディアより)

  • 朝鮮民主主義人民共和国中央銀行

    朝鮮民主主義人民共和国中央銀行から見た中国人民銀行中国人民銀行

    また、北朝鮮の場合、外貨など国際業務は朝鮮貿易銀行が担当しているため、対外取引の許可や外国為替の管理等、外貨と係わる金融領域には関与できない。そのため、朝鮮中央銀行は内国金融を専門に受け持つ金融機関であるといえる。また、中華人民共和国の中央銀行である中国人民銀行との間で、合弁銀行として華麗銀行を保有している朝鮮民主主義人民共和国中央銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 法幣

    法幣から見た中国人民銀行中国人民銀行

    中国人民銀行 - 中華人民共和国の中央銀行で人民元を発行法幣 フレッシュアイペディアより)

  • 陳慕華

    陳慕華から見た中国人民銀行中国人民銀行

    陳慕華(ちん ぼか、チェン ムー ホア、Chen Muhua、1921年6月 - 2011年5月12日)は、中華人民共和国の政治家。国家人口計画生育委員会主任、中国人民銀行行長、中華全国婦女聯合会会長などを務めた。陳慕華 フレッシュアイペディアより)

71件中 21 - 30件表示

「中国人民銀行」のニューストピックワード