71件中 51 - 60件表示
  • 朱鎔基

    朱鎔基から見た中国人民銀行中国人民銀行

    1993年3月29日、李鵬に代わって総理就任が予想されるなか、序列1位の国務院副総理(第一副首相)に任命され、経済を担当した。朱鎔基の経済政策に期待されたことは改革開放の推進と経済の高成長の持続であったが、一方でこの頃から顕著になってきた「経済過熱」を冷却し、物価上昇の抑制を図ることも求められた。朱は経済成長を維持するために外資導入を奨励し、健全な国債を大量に発行する一方、地方が乱発する不良債権の抑制・整理に着手、地方政府や国有企業に対して投資を控えさせた。さらに銀行改革にも乗り出し、7月2日、李貴鮮中国人民銀行行長を解任して自ら兼務し、乱発される債券の発行、無担保の銀行融資などを強く取り締まって、「過熱経済」の軟着陸を図った。朱鎔基 フレッシュアイペディアより)

  • ポリマー紙幣

    ポリマー紙幣から見た中国人民銀行中国人民銀行

    またポリマー紙幣で記念紙幣を発行する事は、世界各国で続けられており、例えば、中華民国(台湾)の中華民国中央銀行が、1999年6月にニュー台湾ドル50周年記念50ドル紙幣をポリマー紙幣で発行したほか、中華人民共和国の中国人民銀行も2000年11月にミレニアム記念100人民元紙幣を発行している。ポリマー紙幣 フレッシュアイペディアより)

  • 第3次安倍内閣 (第1次改造)

    第3次安倍内閣 (第1次改造)から見た中国人民銀行中国人民銀行

    中国の1-9月の輸入が前年比15%も減少していることから、一部では中国経済がマイナス成長に陥っている可能性を指摘する声があり、10月22日に欧州中央銀行は「中国や新興諸国の経済鈍化で海外需要が減少し、回復が損なわれた」として12月の金融緩和を示唆。10月23日には中国人民銀行も金融緩和に踏み切った。その一方で10月21日にはイギリス首相のデーヴィッド・キャメロンと中国国家主席の習近平が会談し、イギリスの原子力発電への投資やロンドン市場での人民元建て中国国債の発行など7兆円規模の商談が成立するといった中国との経済関係を強化する動きもあり、英王立防衛安全保障研究所のエドワード・シュワークは「(イギリス政府は経済関係を重視しており)人権問題の優先順位は低い」と指摘した。第3次安倍内閣 (第1次改造) フレッシュアイペディアより)

  • 暗号通貨

    暗号通貨から見た中国人民銀行中国人民銀行

    暗号通貨の法的地位は国によって大きく異なり、多くの国では未定義であるか変遷の過程にある。明示的に暗号通貨の使用と取引を許している国々もあるものの、暗号通貨を禁止したり制限したりする国々もある。同様に諸々の政府機関、省庁、および裁判所によってビットコインの分類は様々である。中国人民銀行は2014年前半という極めて早い段階で中国国内の金融機関によるビットコインの取り扱いを禁止した。ロシアでは暗号通貨そのものは合法であるが、ロシア国内においてロシアルーブル以外の通貨を用いて商品を購入することがそもそも違法である。暗号通貨 フレッシュアイペディアより)

  • 中国農業銀行

    中国農業銀行から見た中国人民銀行中国人民銀行

    農業銀行の前身である農業共同銀行は1951年に、中国農民銀行及び共同銀行の合併により誕生した。しかし翌1952年には中国人民銀行と合併し、いったんは消滅したが、1955年には中国農業銀行として再び独立した。1950年代、中国農業銀行は、当時社会主義体制下で唯一の銀行(国家銀行)とされた中国人民銀行の子会社として地方金融、農業に対する開発、投資、融資を担当していた。中国農業銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 日韓通貨スワップ

    日韓通貨スワップから見た中国人民銀行中国人民銀行

    外貨が必要な韓国は2012年9月27日、中韓国交正常化20周年の記念セミナーで、中華人民共和国北京市を訪れた韓国銀行総裁の金仲秀が、中国人民銀行総裁の周小川に「人民元とウォンの通貨スワップ協定を常設化できないか」と呼びかけてもいる。(下の「中韓通貨スワップ」も参照)日韓通貨スワップ フレッシュアイペディアより)

  • スティーヴン・マヌーチン

    スティーヴン・マヌーチンから見た中国人民銀行中国人民銀行

    2017年9月21日、北朝鮮と取引する外国金融機関などの企業や個人を米国経済から排除する権限を財務省に与える大統領令が発動されたことを受けて中国人民銀行幹部と建設的な協議を行ったとして「中国だけでなく、全ての企業・個人が対象である。米国と北朝鮮どちらとビジネスするか選択できるが、両方とは無理だ」と表明した。スティーヴン・マヌーチン フレッシュアイペディアより)

  • 圓

    から見た中国人民銀行中国人民銀行

    日中戦争後、中華民国政府の中国国民党軍と中国共産党との間で国共内戦が起こった。この間に法幣が多量発行され激しいインフレーションとなった。中華民国38年(1949年)12月7日に国民政府は台湾へ移転し、中華民国37年(1948年)12月1日から中国共産党により設立されていた中国人民銀行が発行する人民元(Yuan、CNY)が中国本土に流通することとなった。通貨補助単位は元の1/10が「角(Jiao)」、1/100が「分(Fen)」となった。 フレッシュアイペディアより)

  • 中華人民共和国国務院

    中華人民共和国国務院から見た中国人民銀行中国人民銀行

    1982年12月10日、第5期全人代第5回会議によって改正された国務院組織法によると、国務院は国務院総理(首相)が主宰し、国務院副総理(若干名)、国務委員(若干名)、各部長(各省大臣に相当)、各委員会主任(庁長官に相当)、中国人民銀行行長、審計署審計長(会計検査長)、国務院秘書長により構成される。中華人民共和国国務院 フレッシュアイペディアより)

  • 重慶市

    重慶市から見た中国人民銀行中国人民銀行

    1997年内陸部振興のため重慶直轄市が新設され、中国人民銀行重慶営業管理部が設置されるなど、再生の努力がなされている。現在の主力産業は自動車産業(自動車、オートバイ)であり、また中国内最大の軍事設備生産の拠点でもある。重慶市 フレッシュアイペディアより)

71件中 51 - 60件表示

「中国人民銀行」のニューストピックワード