前へ 1 2 3 4 5
43件中 1 - 10件表示
  • 中国人民銀行

    中国人民銀行から見た朱鎔基

    朱鎔基 1993年7月?1995年6月中国人民銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 中国人民銀行

    中国人民銀行から見た中国農業銀行

    1978年12月18日、中国共産党第十一期中央委員会第三回全体会議で中国の改革開放政策路線を確立した。会議では、それまでの政治的階級闘争を最優先課題とする考えに終止符を打ち、「社会主義現代化建設」、つまり国家の経済建設を仕事の中心とする戦略を決定した。金融改革は会議の最重要課題のひとつで、その中でも中央銀行の確立が急務となった。 1979年1月4日に鄧小平が、「今の銀行は勘定計算と会計のことしかやっていない。本当の銀行の機能を果たしていない。銀行は経済発展と技術革新のテコとなるべきだ」と述べ、金融改革の基本方針が示された。同年、同行から中国農業銀行、中国銀行と中国人民建設銀行(現;中国建設銀行)が分離され、それぞれ国務院直属の国有専業銀行とした。具体的には、同年2月に国務院が「中国農業銀行の回復に関する通知」を公布し、中国農業銀行が分離され、農村改革を支援する業務を担当することになった。同年3月に国務院は中国銀行の分離を決定し、外国為替業務を担当させた。さらに、同年8月には、中国人民建設銀行が分離され、主に長期建設資金業務を担当するようになった。1982年7月国務院は同行の位置付けを「中国の中央銀行であり、国務院指導下の全国組織を統一管理する国家機関である」とする文書を出し、翌1983年9月17日には、同じく国務院が『中国人民銀行が中央銀行機能を専門的に行使することに関する決定』を公布した。これにより、1984年1月1日より同行が中国の中央銀行の機能を専管的に行使することになり、中国の新しい中央銀行体制がスタートした。これと同時に、それまで同行が兼ねていた一般銀行業務を、新たに設けた中国工商銀行に引き継がせた。さらに1995年には全国人民代表大会が「中華人民共和国中国人民銀行法」を制定して、中央銀行機能に特化することが規定された。2014年から同行が管理できるデジタル通貨「法定数字貨幣」の開発を公表しており、2016年には同行と一部商業銀行の間で実験的な取引も行い、同行の持つブロックチェーン技術の特許は世界最多で知られる。中国人民銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 中国人民銀行

    中国人民銀行から見た中国工商銀行

    1978年12月18日、中国共産党第十一期中央委員会第三回全体会議で中国の改革開放政策路線を確立した。会議では、それまでの政治的階級闘争を最優先課題とする考えに終止符を打ち、「社会主義現代化建設」、つまり国家の経済建設を仕事の中心とする戦略を決定した。金融改革は会議の最重要課題のひとつで、その中でも中央銀行の確立が急務となった。 1979年1月4日に鄧小平が、「今の銀行は勘定計算と会計のことしかやっていない。本当の銀行の機能を果たしていない。銀行は経済発展と技術革新のテコとなるべきだ」と述べ、金融改革の基本方針が示された。同年、同行から中国農業銀行、中国銀行と中国人民建設銀行(現;中国建設銀行)が分離され、それぞれ国務院直属の国有専業銀行とした。具体的には、同年2月に国務院が「中国農業銀行の回復に関する通知」を公布し、中国農業銀行が分離され、農村改革を支援する業務を担当することになった。同年3月に国務院は中国銀行の分離を決定し、外国為替業務を担当させた。さらに、同年8月には、中国人民建設銀行が分離され、主に長期建設資金業務を担当するようになった。1982年7月国務院は同行の位置付けを「中国の中央銀行であり、国務院指導下の全国組織を統一管理する国家機関である」とする文書を出し、翌1983年9月17日には、同じく国務院が『中国人民銀行が中央銀行機能を専門的に行使することに関する決定』を公布した。これにより、1984年1月1日より同行が中国の中央銀行の機能を専管的に行使することになり、中国の新しい中央銀行体制がスタートした。これと同時に、それまで同行が兼ねていた一般銀行業務を、新たに設けた中国工商銀行に引き継がせた。さらに1995年には全国人民代表大会が「中華人民共和国中国人民銀行法」を制定して、中央銀行機能に特化することが規定された。2014年から同行が管理できるデジタル通貨「法定数字貨幣」の開発を公表しており、2016年には同行と一部商業銀行の間で実験的な取引も行い、同行の持つブロックチェーン技術の特許は世界最多で知られる。中国人民銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 中国人民銀行

    中国人民銀行から見た中国建設銀行

    1978年12月18日、中国共産党第十一期中央委員会第三回全体会議で中国の改革開放政策路線を確立した。会議では、それまでの政治的階級闘争を最優先課題とする考えに終止符を打ち、「社会主義現代化建設」、つまり国家の経済建設を仕事の中心とする戦略を決定した。金融改革は会議の最重要課題のひとつで、その中でも中央銀行の確立が急務となった。 1979年1月4日に鄧小平が、「今の銀行は勘定計算と会計のことしかやっていない。本当の銀行の機能を果たしていない。銀行は経済発展と技術革新のテコとなるべきだ」と述べ、金融改革の基本方針が示された。同年、同行から中国農業銀行、中国銀行と中国人民建設銀行(現;中国建設銀行)が分離され、それぞれ国務院直属の国有専業銀行とした。具体的には、同年2月に国務院が「中国農業銀行の回復に関する通知」を公布し、中国農業銀行が分離され、農村改革を支援する業務を担当することになった。同年3月に国務院は中国銀行の分離を決定し、外国為替業務を担当させた。さらに、同年8月には、中国人民建設銀行が分離され、主に長期建設資金業務を担当するようになった。1982年7月国務院は同行の位置付けを「中国の中央銀行であり、国務院指導下の全国組織を統一管理する国家機関である」とする文書を出し、翌1983年9月17日には、同じく国務院が『中国人民銀行が中央銀行機能を専門的に行使することに関する決定』を公布した。これにより、1984年1月1日より同行が中国の中央銀行の機能を専管的に行使することになり、中国の新しい中央銀行体制がスタートした。これと同時に、それまで同行が兼ねていた一般銀行業務を、新たに設けた中国工商銀行に引き継がせた。さらに1995年には全国人民代表大会が「中華人民共和国中国人民銀行法」を制定して、中央銀行機能に特化することが規定された。2014年から同行が管理できるデジタル通貨「法定数字貨幣」の開発を公表しており、2016年には同行と一部商業銀行の間で実験的な取引も行い、同行の持つブロックチェーン技術の特許は世界最多で知られる。中国人民銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 中国人民銀行

    中国人民銀行から見た李葆華

    李葆華 1978年5月?1982年5月中国人民銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 中国人民銀行

    中国人民銀行から見た南漢宸

    南漢宸 1949年10月?1954年10月中国人民銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 中国人民銀行

    中国人民銀行から見た李貴鮮

    李貴鮮 1988年4月?1993年7月中国人民銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 中国人民銀行

    中国人民銀行から見た周小川

    周小川 2002年12月?2018年3月中国人民銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 中国人民銀行

    中国人民銀行から見た戴相竜

    戴相竜 1995年6月?2002年12月中国人民銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 中国人民銀行

    中国人民銀行から見た陳希愈

    陳希愈 1973年5月?1978年1月中国人民銀行 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5
43件中 1 - 10件表示

「中国人民銀行」のニューストピックワード