1579件中 91 - 100件表示
  • 葉群

    葉群から見た中国共産党中国共産党

    国民党系将軍とその愛妾の間に生まれる。1935年北京師範大学附属中学卒業。葉群は青年期に北京で教師を務め一二・九運動に参加した後、中国共産党の革命根拠地である延安に赴き中国共産党に入党した。延安では中国女子大学職員を務め、延安八大美女の一人とされた。抗日戦争後半に林彪と結婚し二子を得た(林立果、林立衡)。葉群はずっと林彪のことを“一〇一”と呼んだ。それは戦争の年代を別名としたものであった。葉群 フレッシュアイペディアより)

  • 中国のキリスト教

    中国のキリスト教から見た中国共産党中国共産党

    現代の中国では、中国共産党政権は憲法で中国人民の信教の自由を建前上で保障しているが、一方で外国の影響を受ける宗教は認めない方針を採っており、政府が公認しない教会は非合法な地下教会となっている。中国のキリスト教 フレッシュアイペディアより)

  • 中国映画

    中国映画から見た中国共産党中国共産党

    中国語の映画は、それぞれ独自に発展した中国映画、香港映画、台湾映画に分類することができる。1949年以降最近まで、中国大陸の映画は中国共産党により幾分の制約を受けながら成長してきたが、特定の政治的な映画は検閲を受けたり、中国国内での上映を禁止されたりした。しかし、これらの多くの映画は、海外では商業的に流通されたり映画祭で上映されている。以来10年近く、映画制作会社は主に外資系であり、中国の映画制作会社は1916年まで本格的に活動していなかった。中国映画 フレッシュアイペディアより)

  • 丁玲

    丁玲から見た中国共産党中国共産党

    丁 玲(てい れい)は、中華民国・中華人民共和国の女性小説家・政治家。中国共産党にも所属した左翼系の小説家として知られ、女性運動にも幅広く従事した。丁玲は筆名で、本名は蒋 偉(しょう い)、字は氷之。丁玲 フレッシュアイペディアより)

  • 中国の人権問題

    中国の人権問題から見た中国共産党中国共産党

    中華人民共和国は中国共産党による一党独裁制国家であり、中国人民解放軍も党の軍隊である。そのため党にとって好ましくない人物の人権は、軍隊まで動員されて蹂躙されている。特に近年は、中国の急速な経済発展とともに人権の保護を求める国民と政府との間の紛争が各地で急増している(以下、特記なき場合は「中国」とは中華人民共和国を指す)。中国の人権問題 フレッシュアイペディアより)

  • 波多野乾一

    波多野乾一から見た中国共産党中国共産党

    毛沢東 中共を担ふ人々 福地書店、1949.波多野乾一 フレッシュアイペディアより)

  • マオ 誰も知らなかった毛沢東

    マオ 誰も知らなかった毛沢東から見た中国共産党中国共産党

    毛沢東の出生から死に至るまで当時の社会情勢と共に描いたノンフィクションである。毛について「青年時代に国民党に入党し、共産党に入ってからは卑劣な手を使って党を乗っ取り、アヘンを密売し、長征では軍を壊滅状態に追いやり、抗日戦争にはほとんど参加しようとせず、中国を征服すると7000万人を死に追いやった、自己中心的な良心のない人間だった」と記している。また、随所に従来の通説と異なる主張(「孫文の妻、宋慶齢は共産党のスパイだった」「張作霖爆殺事件はソ連の謀略によるものだった」など)を展開している。マオ 誰も知らなかった毛沢東 フレッシュアイペディアより)

  • 建国大業

    建国大業から見た中国共産党中国共産党

    1945年8月、日中戦争(中国側は中国抗日戦争と呼称)が終結し中華民国は戦勝国の一国となった。しかし、蒋介石率いる中国国民党と毛沢東率いる中国共産党による国共合作が崩壊し、内戦状態に突入。当初は、国民党が優勢だったが、人民の支持と強力な武器を入手した共産党がしだいに形勢を逆転させていく。そして、軍事的にも経済的にも追い詰められた国民党は首都南京を脱出し台湾に逃れる。かくして、1949年9月、各界の代表を招き、北平(現:北京)で第1回中国人民政治協商会議が開催され、新しい国歌や国旗について議論される。そして10月1日、天安門にて毛沢東は「中華人民共和国」成立を宣言。この激動の4年間を描いている。建国大業 フレッシュアイペディアより)

  • 尾崎秀実

    尾崎秀実から見た中国共産党中国共産党

    上海滞在中、内山書店に通い、店主の内山完造や、そこに出入りする郭沫若や魯迅、中国左翼作家連盟の夏衍と交際する。また中国共産党とも交流した。昭和3年11月、イレーネ・ワイテマイヤーが経営するツァイトガイスト(ドイツ語で「時代精神」の意)書店でアグネス・スメドレーに会い、コミンテルン本部機関に加わり諜報活動に間接的に協力するようになる。さらに、常盤亭という日本料理店において、スメドレーの紹介で、フランクフルター・ツァイトング紙の特派員「ジョンソン」ことリヒャルト・ゾルゲと出会う。彼を通じてモスクワへ渡った南京政府の動向についてのレポートが高く評価され、南京路にある中華料理店の杏花楼で、ゾルゲから自分はコミンテルンの一員であると告げられ、協力を求められ、承諾する。実際に尾崎をゾルゲに紹介したのはアメリカ共産党員で当時上海にあった汎太平洋労働組合(PPTUS)書記局に派遣され、満鉄傘下の国際運輸という運送会社に潜り込んでいた鬼頭銀一である。尾崎秀実 フレッシュアイペディアより)

  • 西園寺公一

    西園寺公一から見た中国共産党中国共産党

    1970年8月、12年7ヶ月ぶりに日本へ帰国。以後国内で言論活動を行い、中国共産党や毛沢東、江青等を賞賛。自らが文化大革命の中で中華人民共和国を事実上追放されたにもかかわらず、文化大革命を礼賛する言動を続けた。既に文化大革命中より多方面から批判を浴びていたが、文化大革命が終結しその実情が暴かれ、さらに中華人民共和国内で文化大革命に対する批判がされた後は言論人としての立場を失った(後述)。西園寺公一 フレッシュアイペディアより)

1579件中 91 - 100件表示

「中国共産党」のニューストピックワード