2115件中 11 - 20件表示
  • 尖閣諸島問題

    尖閣諸島問題から見た中国共産党中国共産党

    また、1953年1月8日付けの中国共産党中央委員会の機関紙人民日報は「琉球群島人民による反米闘争」と題する記事で、琉球群島(当時の米軍占領地域)の範囲を記事冒頭で「琉球群島は我国(中国)の台湾東北(北東)と日本の九州島西南の海上に位置する。そこには尖閣諸島、先島諸島、大東諸島、沖縄諸島、トカラ諸島、大隈諸島など7つの島嶼からなっており(後略)」と紹介しており、琉球群島に尖閣諸島が含まれていると紹介している。尖閣諸島問題 フレッシュアイペディアより)

  • チベット侵攻

    チベット侵攻から見た中国共産党中国共産党

    チベット侵攻(チベットしんこう)とは、中国人民解放軍(中国共産党の軍隊)によるチベットへの侵攻をいう。侵攻は、チベット侵攻 フレッシュアイペディアより)

  • 国共合作

    国共合作から見た中国共産党中国共産党

    国共合作(こっきょうがっさく)とは、1924年から1927年と、1937年から1945年の2度に亘り中国国民党と中国共産党の間に結ばれた協力関係のことである。「合作」は中国語で協力関係を意味する。国共合作 フレッシュアイペディアより)

  • 中国の歴史

    中国の歴史から見た中国共産党中国共産党

    袁世凱により国民党が非合法化されたのち、孫文は1914年7月に中華革命党を東京で結成した。1919年には拠点を上海に移し、中国国民党と改称した。1921年には上海で中国共産党が成立した。これらの政党は1918年のロシア革命の影響を受けており、議会政党というよりも明確な計画性と組織性を備えた革命政党を目指した。1924年国民党は第一回全国大会をおこない、党の組織を改編するとともに共産党との合同(第一次国共合作)を打ち出した。孫文はこのころ全く機能していなかった国会に代わって国内の団体代表による国民会議を提唱し、これに呼応した馮国璋により北京に迎えられた。1925年には国民会議促成会が開かれたが、この会期中に孫文は没した。7月には広東軍政府で機構再編が進み、中華民国国民政府の成立が宣言された。一方で1924年6月には蒋介石を校長として黄埔軍官学校が設立された。1925年4月に国民革命軍が正式に発足され、国民党は蒋介石を指導者として軍事的な革命路線を推し進めることとなった。中国の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 孔子学院

    孔子学院から見た中国共産党中国共産党

    孔子学院(こうしがくいん)とは、中華人民共和国の中国共産党傘下のプロパガンダ機関。中国共産党の指示の元で海外の大学などの教育機関と提携し、中国語や「中国文化」の教育及び宣伝、中華人民共和国との友好関係醸成を目的に設立した機関である。孔子学院 フレッシュアイペディアより)

  • 中華民国の政治

    中華民国の政治から見た中国共産党中国共産党

    初代総統である蒋介石は、1948年制定の「動員戡乱時期」(中国共産党の反乱を鎮圧する時期)であることを理由として、第5期総統の任期途中である1975年4月に死去するまで、27年間にわたり総統職を務めていた。中華民国の政治 フレッシュアイペディアより)

  • 盧溝橋事件

    盧溝橋事件から見た中国共産党中国共産党

    1935年7月25日から開会された第七回コミンテルン大会では西洋においてはドイツ、東洋においては日本を目標とすることが宣言され、同時に世界的に人民戦線を結成するという決議を行い、特に中国においては抗日戦線が重要であると主張し始めた。コミンテルン支部である中国共産党はこの方針に沿って翌8月には「抗日救国のために全国同胞に告げる書(八・一宣言)」を発表し、1936年6月頃までに、広範な階級層を含む抗日人民戦線を完成した。コミンテルンによる中国の抗日運動指導は五・三〇事件に始まっており、抗日人民戦線は罷業と排日の扇動ではなく対日戦争の準備であった。1935年11月に起きた中山水兵射殺事件、1936年には8月24日に成都事件、9月3日に北海事件、9月19日に漢口邦人巡査射殺事件、9月23日には上海日本人水兵狙撃事件などの反日テロ事件を続発させた。さらに1936年12月に起きた西安事件におけるコミンテルンの判断も蒋介石を殺害するのではなく、人民戦線に引き込むことであった。西安事件翌月の1937年1月6日に南京政府は国府令として共産軍討伐を役目としていた西北剿匪司令部の廃止を発表している。盧溝橋事件 フレッシュアイペディアより)

  • 朝鮮戦争

    朝鮮戦争から見た中国共産党中国共産党

    日本統治下の朝鮮半島内では独立運動を志向する諸勢力も存在はしたが、独立志向組織はむしろ国外にあり、その勢力は小さく亡命先での活動が主だった。大きく分けると中華民国上海の大韓民国臨時政府、中国共産党指導下にあった満州の東北抗日聯軍(抗日パルチザン)、アメリカ国内における活動家などが挙げられるが、それらはいずれも朝鮮半島の住民から大きな支持を得るに至らず、その影響力は限定的なものであった。朝鮮戦争 フレッシュアイペディアより)

  • 鎌と槌

    鎌と槌から見た中国共産党中国共産党

    コミンテルンやコミンフォルムに参加した世界の共産党も鎌と槌をシンボルに使うようになった。ソビエト連邦共産党以外にも、中国共産党など世界各地の共産党も鎌と槌を標章にしているため、冷戦下の中ソ対立で中国共産党に与した党も、鎌と槌を使っている。また、ソ連共産党にも中国共産党にも反対する共産主義政党ですら、鎌と槌を使っていた。それゆえ、鎌と槌は、傾向の差こそあれ多くの共産主義の標章となっている。鎌と槌 フレッシュアイペディアより)

  • 尖閣諸島問題

    尖閣諸島問題から見た中国共産党中国共産党

    また、1953年1月8日付けの中国共産党中央委員会の機関紙人民日報は「琉球群島人民による反米闘争」と題する記事で、琉球群島(当時の米軍占領地域)の範囲を記事冒頭で「琉球群島は我国(中国)の台湾東北(北東)と日本の九州島西南の海上に位置する。そこには尖閣諸島、先島諸島、大東諸島、沖縄諸島、トカラ諸島、大隅諸島など7つの島嶼からなっており(後略)」と紹介しており、琉球群島に尖閣諸島が含まれていると紹介している。尖閣諸島問題 フレッシュアイペディアより)

2115件中 11 - 20件表示

「中国共産党」のニューストピックワード