1579件中 11 - 20件表示
  • 日本共産党

    日本共産党から見た中国共産党中国共産党

    アメリカ合衆国による日本占領が続く中、1948年の朝鮮半島で分断国家である大韓民国と朝鮮民主主義人民共和国の成立、1945年の中国での国共内戦に勝利した中国共産党による中華人民共和国の成立などで、東アジアの緊張が高まった。日本共産党 フレッシュアイペディアより)

  • 盧溝橋事件

    盧溝橋事件から見た中国共産党中国共産党

    1935年7月25日から開会された第七回コミンテルン大会では西洋においてはドイツ、東洋においては日本を目標とすることが宣言され、同時に世界的に人民戦線を結成するという決議を行い、特に中国においては抗日戦線が重要であると主張し始めた。コミンテルン支部である中国共産党はこの方針に沿って翌8月には「抗日救国のために全国同胞に告げる書(八・一宣言)」を発表し、1936年6月頃までに、広範な階級層を含む抗日人民戦線を完成した。コミンテルンによる中国の抗日運動指導は五・三〇事件に始まっており、抗日人民戦線は罷業と排日の扇動ではなく対日戦争の準備であった。1935年11月に起きた中山水兵射殺事件、1936年には8月24日に成都事件、9月3日に北海事件、9月19日に漢口邦人巡査射殺事件、9月23日には上海日本人水兵狙撃事件などの反日テロ事件を続発させた。さらに1936年12月に起きた西安事件におけるコミンテルンの判断も蒋介石を殺害するのではなく、人民戦線に引き込むことであった。西安事件翌月の1937年1月6日に南京政府は国府令として共産軍討伐を役目としていた西北剿匪司令部の廃止を発表している。盧溝橋事件 フレッシュアイペディアより)

  • 中華民国の政治

    中華民国の政治から見た中国共産党中国共産党

    初代総統である蒋介石は、1948年制定の「動員戡乱時期」(中国共産党の反乱を鎮圧する時期)であることを理由として、第5期総統の任期途中である1975年4月に死去するまで、27年間にわたり総統職を務めていた。中華民国の政治 フレッシュアイペディアより)

  • 尖閣諸島問題

    尖閣諸島問題から見た中国共産党中国共産党

    また、1953年1月8日付けの中国共産党中央委員会の機関紙人民日報は「琉球群島人民による反米闘争」と題する記事で、琉球群島(当時の米軍占領地域)の範囲を記事冒頭で「琉球群島は我国(中国)の台湾東北(北東)と日本の九州島西南の海上に位置する。そこには尖閣諸島、先島諸島、大東諸島、沖縄諸島、トカラ諸島、大隈諸島など7つの島嶼からなっており(後略)」と紹介しており、琉球群島に尖閣諸島が含まれていると紹介している。尖閣諸島問題 フレッシュアイペディアより)

  • オットー・ブラウン (共産主義者)

    オットー・ブラウン (共産主義者)から見た中国共産党中国共産党

    オットー・ブラウン(Otto Braun、1900年9月28日 - 1974年8月15日)別名リトロフはドイツの共産革命家。ソ連のコミンテルンから中国共産党にドイツ人顧問として派遣された。中国名として「李徳」あるいは「華夫」と名乗り、リトロフの音写で「李特羅夫」と書かれる。オットー・ブラウン (共産主義者) フレッシュアイペディアより)

  • 近代から現代にかけての世界の一体化

    近代から現代にかけての世界の一体化から見た中国共産党中国共産党

    ナショナリズムの高揚を革命運動に取り込むことを考えた孫文は、1919年中華革命党を改組し、中国国民党を結成し、護法運動を展開、広東軍政府非常大総統に就任した。一方、1921年になるとコミンテルンの指導の下、陳独秀、李大釗、毛沢東らは中国共産党を結党した(中共一大会議)。1922年6月、孫文は広東軍の領袖陳炯明と対立し、広東軍政府を追われた。後に陳炯明の勢力を駆逐すると、孫文は上海でソ連のアドリフ・ヨッフェと会談し、「連ソ容共」をスローガンとした孫文・ヨッフェ宣言が発表され、第一次国共合作が進められた。近代から現代にかけての世界の一体化 フレッシュアイペディアより)

  • 天皇特例会見

    天皇特例会見から見た中国共産党中国共産党

    天皇特例会見(てんのうとくれいかいけん)とは天皇が特例で外国要人などと会見すること。本項では2009年12月15日に行なわれた今上天皇と習近平中華人民共和国副主席(中国共産党序列6位)との特例会見を中心に記述する(タイ王国上院議長との特例会見は後述)。天皇特例会見 フレッシュアイペディアより)

  • チベットの領域に関する認識と主張

    チベットの領域に関する認識と主張から見た中国共産党中国共産党

    チベットの領域に関する認識と主張では、「チベット」の記事の下方単位として、チベット亡命政府および中華人民共和国政府それぞれの主張するチベットの範囲を中心として、「チベットの領域」についての認識について紹介する。チベットの領域に関する認識と主張 フレッシュアイペディアより)

  • 日下公人

    日下公人から見た中国共産党中国共産党

    日本人は昔から『史記』や『三国志』を愛読しているので、「中国人は外交の天才だ」と思っているが、それは大きな誤解である。中国は外交が下手である。歴史的に見れば、中国の外交は失敗の連続と言わなければならない。そもそも外交が上手であれば、19世紀から20世紀にかけて、あれほど欧米から好き勝手に領土や権益を毟り取られたりはしないはずである。平時の外交のみならず、対外戦争においても同じで、朝鮮戦争、中越戦争と、中国は当初の目的を達成できなかった。中華民国は中国共産党によって国家を奪われた。その後中華人民共和国の時代となったが、この国が勝ったのはチベットなどの少数民族を相手にしたときだけである。中国共産党は政権維持の柱として、日本軍と戦って祖国と人民を守ったと盛んに宣伝しているが、これも歴史的に正しくない。彼らは日本軍とはほとんど戦っていない。当時の日本軍の相手は蒋介石であり、毛沢東の共産党はその後の国共内戦に備えて戦力を温存していたのである。中国は、まだ「近代」を理解していない。中国はこれまで民主主義を実践したことがないし、対等な国家間の外交も経験したことがない。なぜなら中国の歴史観と世界観は、「中国だけが唯一無二の王朝であり、あとはみな自分に排跪する存在でしかない」というものだからである。日下公人 フレッシュアイペディアより)

  • 中華人民共和国憲法

    中華人民共和国憲法から見た中国共産党中国共産党

    中華人民共和国憲法(ちゅうかじんみんきょうわこくけんぽう、簡体字:'')は、中華人民共和国の憲法で最高法規。ただし序章に中国は中国共産党に指導を仰ぐとされており、事実上中国共産党が憲法より上位に来る構成となる。中華人民共和国憲法 フレッシュアイペディアより)

1579件中 11 - 20件表示

「中国共産党」のニューストピックワード