1579件中 21 - 30件表示
  • 鎌と槌

    鎌と槌から見た中国共産党中国共産党

    コミンテルンやコミンフォルムに参加した世界の共産党も鎌と槌をシンボルに使うようになった。ソビエト連邦共産党以外にも、中国共産党など世界各地の共産党も鎌と槌を標章にしているため、冷戦下の中ソ対立で中国共産党に与した党も、鎌と槌を使っている。また、ソ連共産党にも中国共産党にも反対する共産主義政党ですら、鎌と槌を使っていた。それゆえ、鎌と槌は、傾向の差こそあれ多くの共産主義の標章となっている。鎌と槌 フレッシュアイペディアより)

  • 酒井信彦

    酒井信彦から見た中国共産党中国共産党

    中国共産党政権は自国内では貧富の差を広げ、周辺諸国・地域を虐げる世界最悪の侵略国家と非難。「中華人民共和国は民主化を遂げて解体すべきだが、今のところその機運はない」と発言。また朝日新聞、日本カトリック教団を反日勢力と呼んで対決姿勢をとる。現在は西村修平が代表を務める主権回復を目指す会の顧問として西村が行っている運動の「理論的支柱」として活動している。「日本ナショナリズム研究所」なる個人機関を主宰。酒井信彦 フレッシュアイペディアより)

  • 神韻

    神韻から見た中国共産党中国共産党

    神韻芸術団は、中国共産党の数十年の統治下で破壊された中国五千年の伝統文化を復興するという目的を持ち、2006年に設立されて以来、2007年には初ステージを披露、2009年には、「神韻ニューヨーク芸術団」、「神韻国際芸術団」、「神韻巡回芸術団」の三つの舞踊団とオーケストラに規模を拡大し、北米のみならずヨーロッパ、オセアニア、アジアなど世界各国で巡回公演が行われている。神韻 フレッシュアイペディアより)

  • 朝日新聞の中国報道問題

    朝日新聞の中国報道問題から見た中国共産党中国共産党

    朝日新聞の中国報道問題(あさひしんぶんのちゅうごくほうどうもんだい)とは、1960年代から現在に至るまでに、朝日新聞社発行の『朝日新聞』に掲載された中華人民共和国に関する記事が、中国共産党の利益に叶うように偏向、歪曲されているという指摘である。批判の論旨は、「『朝日新聞』の報道が中華人民共和国寄りである」「『朝日新聞』は一党独裁の全体主義国家である中華人民共和国(中国共産党)と癒着している」といったものである。『朝日新聞』の中国関連報道に対する批判本としては、朝日新聞社OBでジャーナリストの稲垣武の著作などが出版されている。朝日新聞の中国報道問題 フレッシュアイペディアより)

  • 南京国民政府の行政区分

    南京国民政府の行政区分から見た中国共産党中国共産党

    この時代には中央政府直轄市、省政府管轄による普通市の設置が推進されると同時に、後に共産党勢力に対する軍事行動の必要性から行政督察区制度が新設され省と県の間の連絡監督業務を管轄し、実質的な三級制へと移行している。南京国民政府の行政区分 フレッシュアイペディアより)

  • リチャード・ニクソン

    リチャード・ニクソンから見た中国共産党中国共産党

    ウォーターゲート事件の責任を取り辞任したこともあり、辞任後から1980年代頃まではその功績が過小評価された傾向にあるものの、1973年に実現にこぎつけたベトナム戦争における南ベトナムからのアメリカ軍の完全撤退や、冷戦当時ソ連と対立していた中国共産党率いる中華人民共和国の承認など、主に外交面で行った施策がその後高い評価を受けている。リチャード・ニクソン フレッシュアイペディアより)

  • 日中戦争

    日中戦争から見た中国共産党中国共産党

    9月 、田中義一首相と蒋介石が会談し北伐・対共産主義戦に対する支援と日本の満州国での権益を認める密約を結ぶ。10月には毛沢東が江西省に革命根拠地を創設。11月には広東省で中国共産党南方局広州委員会が広東にソビエト政権を樹立(広東コミューン)。日中戦争 フレッシュアイペディアより)

  • 中国の歴史

    中国の歴史から見た中国共産党中国共産党

    袁世凱により国民党が非合法化されたのち、孫文は1914年7月に中国革命党を東京で結成した。1919年には拠点を上海に移し、中国国民党と改称した。1920年にはニコラエフスクにおける赤軍による日本軍攻撃を支援し、日本軍及び在留邦人を殲滅させた(尼港事件)。1921年には上海で中国共産党が成立した。これらの政党は1918年のロシア革命の影響を受けており、議会政党というよりも明確な計画性と組織性を備えた革命政党を目指した。1924年国民党は第一回全国大会をおこない、党の組織を改編するとともに共産党との合同(第一次国共合作)を打ち出した。孫文はこのころ全く機能していなかった国会に代わって国内の団体代表による国民会議を提唱し、これに呼応した馮国璋により北京に迎えられた。1925年には国民会議促成会が開かれたが、中国の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 愛新覚羅溥儀

    愛新覚羅溥儀から見た中国共産党中国共産党

    1964年:中国共産党政治協商会議全国委員に選出される愛新覚羅溥儀 フレッシュアイペディアより)

  • 西安事件

    西安事件から見た中国共産党中国共産党

    1936年10月、国民政府行政院長(首相)蒋介石は、紅軍(中国共産党軍)の根拠地に対する総攻撃を命じたが、共産党と接触していた張学良と楊虎城は共産党への攻撃を控えていた。このため、蒋介石は攻撃を督促するために12月4日には西安を訪れていた。西安事件 フレッシュアイペディアより)

1579件中 21 - 30件表示

「中国共産党」のニューストピックワード