2115件中 61 - 70件表示
  • 愛新覚羅溥儀

    愛新覚羅溥儀から見た中国共産党中国共産党

    赤軍の捕虜となって中華人民共和国に引き渡され、1959年の撫順戦犯管理所からの釈放後の1960年には中国共産党の方針により北京植物園に勤務したが、すぐに全国政治協商会議文史研究委員会専門委員という要職に就任した。さらに晩年の1964年には、満州族の代表として中国人民政治協商会議全国委員に選出され、北京で生涯を終えた。愛新覚羅溥儀 フレッシュアイペディアより)

  • 習近平

    習近平から見た中国共産党中国共産党

    習 近平(しゅう きんぺい、、、漢族、1953年6月15日 - )は、中華人民共和国の政治家。中国共産党の第4世代の最高指導者であった胡錦濤の後任として、2012年より第5代中国共産党中央委員会総書記、第6代中国共産党中央軍事委員会主席、2013年より第7代中華人民共和国主席、第4代中華人民共和国中央軍事委員会主席を務め、中華人民共和国の最高指導者の地位にある。父は習仲勲(元国務院副総理)、妻は彭麗媛である。習近平 フレッシュアイペディアより)

  • 米中関係

    米中関係から見た中国共産党中国共産党

    米中関係は複雑で多面的であり、米中関係は同盟関係でも敵対関係でもないともいわれる。ホワイトハウスとアメリカ軍当局は中国を軍事的な脅威とみなす一方で、貿易など他の分野ではパートナーとみなしている。米中関係は、ソ連が崩壊した後、アメリカ合衆国による一極体制が続き、概して安定していたが、他方、アメリカをはじめとする西側諸国は中国共産党の一党独裁制や天安門事件にみられる言論弾圧や人権侵害、またチベット問題やウイグルへの弾圧に対し懸念を表見しており、中華人民共和国が北東アジアや東南アジアで覇権を握ることを強く警戒している。他、 台湾問題もある。米中関係 フレッシュアイペディアより)

  • 台湾

    台湾から見た中国共産党中国共産党

    1912年、中華民国が中国に設立された。1945年における日本の降伏後、中華民国は台湾の統治を引き継いだ。国共内戦後、中国共産党は中国大陸を完全に支配し、1949年には中華人民共和国を設立した。中華民国は政府を台湾へと移転し、同国の法域は台湾及びその周囲の諸島に限定された。1971年、中華民国が当初占有していた国際連合での中国の議席を中華人民共和国が継承した。多くの国が中華人民共和国へと国際的承認を切り替えるにつれ、中華民国の承認は次第に失われてきた。現在国連加盟21箇国及び聖座のみが中華民国と公式の外交を有するが、他の多くの国家とは駐在員事務所経由で非公式な関係を有する。そのため、多くは公式に台湾を中華人民共和国台湾省また台湾地域と表記している。台湾 フレッシュアイペディアより)

  • ベトナム

    ベトナムから見た中国共産党中国共産党

    政府の運営は極めて官僚的であり、市場経済化しつつ政治の民主化は認めない中国共産党独裁下の中華人民共和国に類似している。近年では行政手続きを簡素化するなど、投資の透明性や効率性を向上させようとしている。ベトナム フレッシュアイペディアより)

  • 中国基督教三自愛国運動委員会

    中国基督教三自愛国運動委員会から見た中国共産党中国共産党

    中国基督教三自愛国運動委員会(ちゅうごくきりすときょうさんじあいこくうんどういいんかい)中国共産党政権公認のプロテスタント系キリスト教の世俗的な面での指導機関。中国基督教三自愛国運動委員会 フレッシュアイペディアより)

  • 吉鴻昌

    吉鴻昌から見た中国共産党中国共産党

    吉 鴻昌(きつ こうしょう)は中華民国の軍人。国民軍、国民革命軍の軍人。後に中国共産党に加入し、察哈爾民衆抗日同盟軍の最高幹部の1人となった。原名は恒立。別号は世五。吉鴻昌 フレッシュアイペディアより)

  • ヘンドリクス・スネーフリート

    ヘンドリクス・スネーフリートから見た中国共産党中国共産党

    ヘンドリクス・ヨセフス・フランシスクス・マリー・スネーフリート(オランダ語:Hendricus Josephus Franciscus Marie Sneevliet 、1883年5月13日 -1942年4月13日)は、簡称名でヘンク・スネーフリート、偽名としてマーリンを使用した。オランダ人の共産主義者であり、オランダ本国及びオランダ領東インド(現インドネシア共和国)で主に活動を行った。また彼はコミンテルンから中国に派遣され1921年7月の中国共産党の設立で重要な貢献した。第二次世界大戦が勃発すると祖国オランダを占領したナチス・ドイツに抵抗する共産主義派のレジスタンスに参加し、1942年にドイツ人により処刑された。ヘンドリクス・スネーフリート フレッシュアイペディアより)

  • 金円券

    金円券から見た中国共産党中国共産党

    金円券(きんえんけん、金圓券)は中華民国政府が中国大陸で発行した貨幣の一種。1948年8月発行開始、1949年7月に流通停止となった。使用期間は10箇月前後であり、インフレにより最終的に価値は2万分の1に下落した。金円券は発行当初、政府の民間の金、外貨を強制的に兌換させる手段として利用された。しかし発行限度額が厳守されなかったために悪性のインフレを招き、民間経済は混乱を来たした。特に都市部の中小資産階級は経済的に巨額の損失を蒙り、都市部での国民党の支持を失わせ、国共内戦で共産党が勝利する遠因にもなった。金円券 フレッシュアイペディアより)

  • 海峡交流基金会

    海峡交流基金会から見た中国共産党中国共産党

    海峡交流基金会(かいきょうこうりゅうききんかい、略称:海基会、SEF)は、中華民国(台湾)政府の対中交渉窓口機関である。中華民国行政院大陸委員会所管。中華人民共和国(中国大陸の共産党政権)側のカウンターパートは海峡両岸関係協会(海協会)。海峡交流基金会 フレッシュアイペディアより)

2115件中 61 - 70件表示

「中国共産党」のニューストピックワード