1579件中 61 - 70件表示
  • カク鵬挙

    カク鵬挙から見た中国共産党中国共産党

    郝 鵬挙(かく ほうきょ)は中華民国の軍人。国民軍、国民革命軍に属し、後に南京国民政府に参加する。さらに国共内戦期には、一時的ながらも、中国共産党陣営に属した。幼名は勉。字は騰霄。カク鵬挙 フレッシュアイペディアより)

  • アグネス・スメドレー

    アグネス・スメドレーから見た中国共産党中国共産党

    アグネス・スメドレー(Agnes Smedley, 1892年2月23日 - 1950年5月6日)はアメリカ合衆国のジャーナリスト。中国大陸の近代事情、特に中国共産党に関する著作で知られる。第一次世界大戦においてはインドの英国からの独立のためドイツ政府からの経済援助を受けながら合衆国内で活動し、世界革命論を促進するコミンテルンのために共に長期間活動している。コミンテルンから資金援助を受けて対外宣伝活動を行っていた。アグネス・スメドレー フレッシュアイペディアより)

  • 張軫

    張軫から見た中国共産党中国共産党

    張 軫(ちょう しん)は中華民国・中華人民共和国の軍人。鎮嵩軍、国民軍などを経て、国民革命軍に属した。日中戦争で活躍後、国共内戦では中国共産党側に転じた。字は翼三。張軫 フレッシュアイペディアより)

  • 北京飯店

    北京飯店から見た中国共産党中国共産党

    中国共産党北京市委員会や北京市人民政府、中華人民共和国国家安全部などの政府機関の本部だけでなく、天安門広場や紫禁城(故宮博物館)、毛主席紀念堂などの観光施設も徒歩圏内にあることから、政府要人から団体観光客までが利用する。北京飯店 フレッシュアイペディアより)

  • 衛立煌

    衛立煌から見た中国共産党中国共産党

    日本軍との戦いでは、衛立煌は朱徳ら中国共産党の幹部とも協力関係を構築し、蒋介石が反共方針を加速させても衛は容易に従おうとはしなかった。そのため1942年(民国31年)1月、猜疑を募らせた蒋により衛は第1戦区から異動を命じられ、軍事委員会西安弁公庁主任に左遷されている。衛立煌 フレッシュアイペディアより)

  • 陳明仁

    陳明仁から見た中国共産党中国共産党

    同年、陳明仁は中国共産党(紅軍)第4次掃討に参加したが、反撃を受けて率いる部隊は壊滅状態に陥った。翌年の福建事変鎮圧では軍功をあげ、江西省へ移って第5次掃討に参加している。1934年(民国23年)5月、第80師中将師長に昇進したが、同年夏にまたしても紅軍に敗北を喫し、指揮権剥奪の憂き目に遭った。その後、陳は廬山軍官訓練団に加わり、第1大隊副兼中隊長となる。まもなく、いったん江西省に戻って軍務に復帰したが、1935年(民国24年)春には陸軍大学に第13期生として入学し、9月には軍事参議院参議に移った。陳明仁 フレッシュアイペディアより)

  • 葉挺

    葉挺から見た中国共産党中国共産党

    葉 挺(よう てい)は中華民国の軍人。南方政府、国民政府(国民革命軍)の軍人で、粤軍(広東軍)出身。はじめは中国国民党、後に中国共産党に属した。南昌起義の主導者、新四軍軍長として著名である。原名は詢。字は希夷。葉挺 フレッシュアイペディアより)

  • 韓徳勤

    韓徳勤から見た中国共産党中国共産党

    韓 徳勤(かん とくきん)は中華民国(台湾)の軍人。国民革命軍の軍人で顧祝同の腹心と目され、北伐、中国共産党討伐、日中戦争、国共内戦などで前線指揮をとった。字は楚箴。韓徳勤 フレッシュアイペディアより)

  • 蒋鼎文

    蒋鼎文から見た中国共産党中国共産党

    蒋 鼎文(しょう ていぶん)は中華民国(台湾)の軍人。国民革命軍の有力軍人で、中国共産党(紅軍)討伐や日中戦争に参戦したが、日本軍の大陸打通作戦の前に大敗を喫している。字は銘三。蒋鼎文 フレッシュアイペディアより)

  • 日本解放第二期工作要綱

    日本解放第二期工作要綱から見た中国共産党中国共産党

    日本解放第二期工作要綱(にほんかいほうだいにきこうさくようこう)とは、中国共産党による対日工作活動が記されていると称して一部で流布されている文書。「第一期」・「第三期」の存在は確認されていない。日本解放第二期工作要綱 フレッシュアイペディアより)

1579件中 61 - 70件表示

「中国共産党」のニューストピックワード