237件中 21 - 30件表示
  • 中国共産党

    中国共産党から見た上海市

    1921年7月に、コミンテルンの主導により、北京大学文科長の陳独秀や北京大学図書館長の李大釗、元北京大学図書館司書の毛沢東らが各地で結成していた共産主義組織を糾合する形で、日本の東京帝国大学(現在の東京大学)への留学から帰国したの上海の自宅にて中国共産党第1次全国代表大会(第1回党大会)を開催、結成されたとされる。中国共産党 フレッシュアイペディアより)

  • 中国共産党

    中国共産党から見た向忠発

    中華民国の統治期に、コミンテルンの代表者であるマーリン(ヘンドリクス・スネーフリート)の指導により中国国民党と協力し(1924年の第一次国共合作)、その後敵対した(1927年の蒋介石による4・12クーデター(上海クーデター)により国共分裂)。一方で、ソ連でのスターリン派とトロツキー派の抗争が中国共産党にも飛び火し、トロツキー派のレッテルを貼られた陳独秀は、第一次国共合作を主導したとして責任を問われ失脚する (:en:Left Opposition)。代わって選出されたのが瞿秋白であり、やの指導により広州起義を起こすが失敗し、妄動主義による失敗として批判され失脚する。代わって選出されたのが向忠発であるが、実権はプロフィンテルンと連絡を取る李立三が握っていた。ソ連側は、「国民政府の軍隊内に、共産党の細胞を植付け、其戦闘力を弱める事が最も必要」だとしていた。中国共産党 フレッシュアイペディアより)

  • 中国共産党

    中国共産党から見た片山哲

    日中共産党の関係は、1950年代前半の日本側の党分裂時代でも維持され、中ソ対立でも日本共産党は当初中華人民共和国側を支持した。 しかし、1950年代に徳田球一は中国に亡命して野坂参三とともに北京機関を組織して所感派を立ち上げて中国に亡命しなかった宮本顕治ら国際派と対立した歴史もあり、インドネシアの9月30日事件後の1966年に訪中した宮本顕治は毛沢東と意見が対立し、その後は両党機関紙での激しい非難合戦が続いて、両党の関係は断絶した。日本側の親中派は「日本労働党」、「日本共産党(左派)」、「日本共産党(マルクス・レーニン主義)」(後の労働者共産党)などを結党した。一方、日本社会党との関係は日本初の社会党出身の内閣総理大臣でもある初代党首の片山哲が中国建国10周年慶祝代表団団長として訪中し、社会党最後の党首で首相でもあった村山富市も度々中国の軍事パレードに招待されてるように、常に強い繋がりを維持していた。社会党は「野党外交」を展開できるメリットがあったともいえる。中国共産党 フレッシュアイペディアより)

  • 中国共産党

    中国共産党から見た兪正声

    中国共産党中央政治局と中央政治局常務委員会は党の最高意思決定機関であり、中央委員会総会の閉会期間に中央委員会の職権を行使する。 総書記が中央政治局会議、中央政治局常務委員会会議を招集する。 現在(第18期1中全会選出)の政治局委員は25人。 うち、政治局常務委員は習近平(総書記)、李克強、張徳江、兪正声、劉雲山、王岐山、張高麗の7人で、党の最高指導部を形成している。 毛沢東時代に合議制が形骸化し、毛沢東の恣意的な決定が頻繁になされた。 鄧小平時代になっても、こうした傾向は継続したが、2015年現在では改められている。中国共産党 フレッシュアイペディアより)

  • 中国共産党

    中国共産党から見た華国鋒

    内部問題とソ連との敵対関係(ダマンスキー島事件を参照)で危機感を強めた政権は1971年にアルバニア決議で国際連合に加盟して国際社会に参加し、1972年にアメリカ合衆国大統領リチャード・ニクソンの訪中受け入れや、日本との国交回復を実現するなどの外交政策の大転換を行った。1976年に毛沢東が死去すると、文化大革命推進派は力を失い、毛沢東の妻・江青など文革派の四人組は逮捕され、華国鋒体制が成立し、1977年に文革の終結が宣言された。中国共産党 フレッシュアイペディアより)

  • 中国共産党

    中国共産党から見た張高麗

    中国共産党中央政治局と中央政治局常務委員会は党の最高意思決定機関であり、中央委員会総会の閉会期間に中央委員会の職権を行使する。 総書記が中央政治局会議、中央政治局常務委員会会議を招集する。 現在(第18期1中全会選出)の政治局委員は25人。 うち、政治局常務委員は習近平(総書記)、李克強、張徳江、兪正声、劉雲山、王岐山、張高麗の7人で、党の最高指導部を形成している。 毛沢東時代に合議制が形骸化し、毛沢東の恣意的な決定が頻繁になされた。 鄧小平時代になっても、こうした傾向は継続したが、2015年現在では改められている。中国共産党 フレッシュアイペディアより)

  • 中国共産党

    中国共産党から見た胡耀邦

    1970年代に日中両国の国交が回復し、文革が終結すると、廖承志の復権(中日友好協会の初代会長へ就任)や両国指導者の相互訪問の増加などで中国共産党と日本社会との関係は再び深まり、社会党だけでなく、自由民主党や公明党、民社党なども対象としてより多層に広がっていき、平和条約交渉も妥結して日中平和友好条約も締結された。特に1980年代に中国共産党の最高指導者だった胡耀邦は党内親日派として当時の日本の中曽根康弘総理と友好関係だったことから国交正常化後に日中関係が最も安定した時代とされた(政府は鄧小平が実権を握っていた)。日本では1995年頃から日本社会党の勢力が後退した。その為中国共産党は日本共産党との和解を模索し始め1998年に日本共産党幹部会委員長(当時) 不破哲三の訪中で両国共産党の関係も正常化した。2005年に、若手幹部が訪日し、両党で理論交流を行うなど、活発な交流を行っている。自民党と公明党とは日中与党交流協議会、民主党(現・民進党)とは日中交流協議機構を設置している。中国共産党 フレッシュアイペディアより)

  • 中国共産党

    中国共産党から見た張徳江

    中国共産党中央政治局と中央政治局常務委員会は党の最高意思決定機関であり、中央委員会総会の閉会期間に中央委員会の職権を行使する。 総書記が中央政治局会議、中央政治局常務委員会会議を招集する。 現在(第18期1中全会選出)の政治局委員は25人。 うち、政治局常務委員は習近平(総書記)、李克強、張徳江、兪正声、劉雲山、王岐山、張高麗の7人で、党の最高指導部を形成している。 毛沢東時代に合議制が形骸化し、毛沢東の恣意的な決定が頻繁になされた。 鄧小平時代になっても、こうした傾向は継続したが、2015年現在では改められている。中国共産党 フレッシュアイペディアより)

  • 中国共産党

    中国共産党から見た江青

    内部問題とソ連との敵対関係(ダマンスキー島事件を参照)で危機感を強めた政権は1971年にアルバニア決議で国際連合に加盟して国際社会に参加し、1972年にアメリカ合衆国大統領リチャード・ニクソンの訪中受け入れや、日本との国交回復を実現するなどの外交政策の大転換を行った。1976年に毛沢東が死去すると、文化大革命推進派は力を失い、毛沢東の妻・江青など文革派の四人組は逮捕され、華国鋒体制が成立し、1977年に文革の終結が宣言された。中国共産党 フレッシュアイペディアより)

  • 中国共産党

    中国共産党から見たジョセフ・マッカーシー

    1945年12月、ジョージ・C・マーシャル将軍はトルーマン大統領から中国における全権特使に任命され、13ヶ月中国に滞在したが、ソ連とアメリカで世界分割を行う密約を行っていた外交問題評議会(CFR)、太平洋問題調査会(IPR)の勢力に組した彼は、内戦において本来劣勢であった共産党が優勢となるような行動を意図的に取った、と言う主張があり、下記の点が指摘されている。この疑惑は、後にアメリカ政界でジョセフ・マッカーシー議員によるマッカーシズム(赤狩り)にまで発展した。中国共産党 フレッシュアイペディアより)

237件中 21 - 30件表示

「中国共産党」のニューストピックワード