151件中 21 - 30件表示
  • 中国共産党

    中国共産党から見た董必武

    一般には、創立党員は57人とされるが、57人の名前が明確に示された文献はなく、本当に57人であるかは定かではない。 結成時に上海に集まった党員は13人であるとする説もあるが、公式記録では、12人とされている。また、顧問として、オランダ共産党政治局員が招聘されている。なお、創立党員で中華人民共和国建国まで生き残り、かつ、死ぬまで「中国共産党」内での名誉を保ちつづけた者は毛沢東と董必武のみとされる。中国共産党 フレッシュアイペディアより)

  • 中国共産党

    中国共産党から見た劉雲山

    中国共産党中央政治局と中央政治局常務委員会は党の最高意思決定機関であり、中央委員会総会の閉会期間に中央委員会の職権を行使する。 総書記が中央政治局会議、中央政治局常務委員会会議を招集する。 現在(第18期1中全会選出)の政治局委員は25人。 うち、政治局常務委員は習近平(総書記)、李克強、張徳江、兪正声、劉雲山、王岐山、張高麗の7人で、党の最高指導部を形成している。 毛沢東時代には合議制が形骸化し、毛沢東の恣意的な決定が頻繁になされた。 鄧小平時代になっても、こうした傾向は継続したが、現在では改められている。中国共産党 フレッシュアイペディアより)

  • 中国共産党

    中国共産党から見た唐家セン

    現在の中国共産党の対日担当者は、党中央委員 唐家璇(国務委員、元外相)などのように、日本と中華人民共和国の間の国交が無い時代の中華人民共和国国内で研修を積んだ世代が中心であり、今後は再び国交回復後の日本留学者が多く関わってくる事が予測される。中国共産党 フレッシュアイペディアより)

  • 中国共産党

    中国共産党から見た野坂参三

    中国共産党の対日政策は1935年の抗日戦争呼びかけに始まる。中国共産党はコミンテルン(ソ連)の指示で、当時の蒋介石政権に抗日戦争を呼びかけて、日中戦争を導いて最後は日本の敗北に至らせた。日本共産党でも中国共産党と協力して抗日運動に協力した例が多く、野坂参三はコミンテルンの日本代表として延安で日本人民反戦同盟を指揮した。中国共産党 フレッシュアイペディアより)

  • 中国共産党

    中国共産党から見た趙紫陽

    改革開放の流れの中で党の指導体制は改革派と保守派に分れ、1980年代後半からは党機構と行政機構の分離も盛んに議論されるようになったが、1989年に起きた天安門事件後は保守派が息を吹き返し、党の独裁指導体制が再び強化された。(趙紫陽がこの事件で事実上、失脚した) しかし、それによってこれまで続いてきた経済成長がスピードダウン、1992年冬に行われた南巡講話の中で鄧小平は「改革開放を加速せよ」と指示を出し、同年10月の第14回大会では社会主義市場経済が打ち出された。中国共産党 フレッシュアイペディアより)

  • 中国共産党

    中国共産党から見た浅沼稲次郎

    日中共産党の関係は、1950年代前半の日本側の党分裂時代でも維持され、中ソ対立でも日本共産党は当初中華人民共和国側を支持した。 しかし、インドネシアの9月30日事件後の1966年に訪中した日本共産党書記長 宮本顕治は毛沢東と意見が対立し、その後は両党機関紙での激しい非難合戦が続いて、両党の関係は断絶した。日本側の親中派は「日本労働党」、「日本共産党(左派)」、「日本共産党(マルクス・レーニン主義)」(後の労働者共産党)などを結党した。 一方、日本社会党との関係は委員長 浅沼稲次郎が1959年に「米帝国主義は日中人民共同の敵」と述べたように、文化大革命時代も相互自立の関係を維持した。 社会党には「野党外交」を展開できるメリットがあったともいえる。中国共産党 フレッシュアイペディアより)

  • 中国共産党

    中国共産党から見た周恩来

    中国共産党の初期の指導者は、多くが日本への留学経験を持つ。マルクス主義理論家の李大釗や東京生まれの廖承志は早稲田大学で、毛沢東体制で長く首相を務めた周恩来も1917年から1919年まで東京の専門学校(現在の明治大学)で学んでいる。中国共産党 フレッシュアイペディアより)

  • 中国共産党

    中国共産党から見たニキータ・フルシチョフ

    当初、ソ連をモデルとして社会主義建設が始まったものの、1956年のニキータ・フルシチョフによるスターリン批判以降はソ連共産党との関係が悪化、1960年からは公開論争にまで発展し(中ソ論争)、武力衝突までに至った。中国共産党 フレッシュアイペディアより)

  • 中国共産党

    中国共産党から見た不破哲三

    1972年に日中両国の国交が回復し、文革が終結すると、廖承志の復権(中日友好協会の初代会長へ就任)や両国指導者の相互訪問の増加などで中国共産党と日本社会との関係は再び深まり、自由民主党や公明党なども対象としてより多層に広がっていった。日本では1995年頃から日本社会党の勢力が後退した。その為中国共産党は日本共産党との和解を模索し始め1998年には日本共産党幹部会委員長(当時) 不破哲三の訪中で両国共産党の関係も正常化した。2005年には、若手幹部が訪日し、両党で理論交流を行うなど、活発な交流を行っている。中国共産党 フレッシュアイペディアより)

  • 中国共産党

    中国共産党から見た廖承志

    中国共産党の初期の指導者は、多くが日本への留学経験を持つ。マルクス主義理論家の李大釗や東京生まれの廖承志は早稲田大学で、毛沢東体制で長く首相を務めた周恩来も1917年から1919年まで東京の専門学校(現在の明治大学)で学んでいる。中国共産党 フレッシュアイペディアより)

151件中 21 - 30件表示

「中国共産党」のニューストピックワード