237件中 41 - 50件表示
  • 中国共産党

    中国共産党から見た唐家セン

    2015年現在の中国共産党の対日担当者は、党中央委員 唐家璇(国務委員、元外相)などのように、日本と中華人民共和国の間の国交が無い時代の中華人民共和国国内で研修を積んだ世代が中心であり、2010年代後半以降からは再び国交回復後の日本留学者が多く関わってくる事が予測される。例えば、習李体制では国交正常化後に東大で工学博士号を取得したのような日本への留学経験者も党中央委員に選ばれてる。中国共産党 フレッシュアイペディアより)

  • 中国共産党

    中国共産党から見たトロツキー

    中華民国の統治期に、コミンテルンの代表者であるマーリン(ヘンドリクス・スネーフリート)の指導により中国国民党と協力し(1924年の第一次国共合作)、その後敵対した(1927年の蒋介石による4・12クーデター(上海クーデター)により国共分裂)。一方で、ソ連でのスターリン派とトロツキー派の抗争が中国共産党にも飛び火し、トロツキー派のレッテルを貼られた陳独秀は、第一次国共合作を主導したとして責任を問われ失脚する (:en:Left Opposition)。代わって選出されたのが瞿秋白であり、やの指導により広州起義を起こすが失敗し、妄動主義による失敗として批判され失脚する。代わって選出されたのが向忠発であるが、実権はプロフィンテルンと連絡を取る李立三が握っていた。ソ連側は、「国民政府の軍隊内に、共産党の細胞を植付け、其戦闘力を弱める事が最も必要」だとしていた。中国共産党 フレッシュアイペディアより)

  • 中国共産党

    中国共産党から見た周仏海

    中国共産党の創立メンバーは創設者の陳独秀や董必武をはじめ、多くが日本への留学経験を持つ。マルクス主義理論家の李大釗や東京生まれの廖承志は早稲田大学で、毛沢東体制で長く首相を務めた周恩来も1917年から1919年まで東京の専門学校(のちの明治大学)で学んでいる。中国共産党の設立会議である第一次全国代表大会を自宅で開いた李漢俊は東大の卒業生であり、当時その会合に日本への留学生の代表として出席した周仏海は京都帝国大学(現在の京都大学)出身だった。中国共産党 フレッシュアイペディアより)

  • 中国共産党

    中国共産党から見た野坂参三

    中国共産党の対日政策は1935年の抗日戦争呼びかけに始まる。中国共産党はコミンテルン(ソ連)の指示で、当時の蒋介石政権に抗日戦争を呼びかけて第二次国共合作に導き、日中戦争で最後は日本の敗北に至らせた。日本共産党でも中国共産党と協力して抗日運動に協力した例が多く、野坂参三はコミンテルンの日本代表として延安で日本人民反戦同盟を指揮した。中国共産党 フレッシュアイペディアより)

  • 中国共産党

    中国共産党から見た習近平

    2017年10月現在、指導思想としてマルクス・レーニン主義(マルクス主義)、毛沢東思想、鄧小平理論、江沢民が提唱した思想理論「3つの代表」思想と胡錦濤が提出した「科学的発展観」、さらに、習近平が提唱した「」を掲げている。中国共産党 フレッシュアイペディアより)

  • 中国共産党

    中国共産党から見たグリゴリー・セミョーノフ

    1933年5月、ソ連のトロツキストと繋がりを持つとされる元ドイツ参謀のハンス・フォン・ゼークトが、中華民国の軍事顧問となった。1934年12月、日本人を中心に運営されていた満州国は、元白軍司令官のグリゴリー・セミョーノフの参加する反ソ組織の白系露人事務局を設立し、1935年3月に、ソ連より中東鉄道及びその付属地を買収した (北満鉄道讓渡協定)。1935年5月2日、ゼークトの提案に基づき中華民国秘密警察の藍衣社が親日要人へのテロ事件を起こしたため、日本は抗議し、1935年6月27日、日本と中華民国は梅津・何応欽協定を結び、その協定の中でソ連の偵察所であった張家口の徳華洋行の妨害工作を企てた。それらに対し、ソ連は、1935年7月から8月にかけてモスクワで第7回コミンテルン世界大会を行い、コミンテルンは日本やドイツ等を共産化の主な攻撃目標に定めた。中国共産党代表団(ミフ派)は国共合作を呼びかける八・一宣言を行い、1936年の西安事件(西安事変)、1937年盧溝橋事件、中ソ不可侵条約を経て、国民党とのいわゆる第二次国共合作を成立させた。日中戦争の際は八路軍などを編成して、華北を中心とした解放区を拠点に日本軍との正面衝突は避けて力を温存させた。また、蒋介石を通して、ソ連との不可侵条約締結などで、反共から容共化に変えさせた。中国共産党 フレッシュアイペディアより)

  • 中国共産党

    中国共産党から見た安倍晋三

    日本の報道機関に対しては、日中記者交換協定での対立もあり、産経新聞などの保守系とされるメディアに概して批判的である。中国共産党中央委員会機関紙『人民日報』は安倍晋三首相に関する言説で安倍政権を「右傾してる」と批判し、反安倍政権の論調をとる朝日新聞に対して賛辞を送り、安倍政権の「暴走を牽制する役割」を期待する記事を掲載している。中国共産党 フレッシュアイペディアより)

  • 中国共産党

    中国共産党から見た裸官

    党幹部の中には子弟をアメリカ、カナダなどに移住させ、いつでも海外へ逃亡できるよう準備している者も少なくない(→裸官)。また、1,000人以上の幹部が二重国籍を有している。北京市検察機関は、90年代半ばから、2008年までに、2万人弱の汚職官僚が海外逃亡をし、その際持ち去られた国家資金は8000億元(約12兆円)に達したと述べた。このような事に対して胡錦涛・習近平政権は幹部の国外逃亡を事前に阻止するため、幹部のパスポート管理や不正の疑いがある者に対して出国制限を課す、既に外国に逃亡している者を現地の政府・治安機関に身柄拘束を要請するなどの対策を打ち出している。近年は、遠隔地の農家を貸し切って宴会を開くなど、発覚を逃れる手法が巧妙化している。中国共産党 フレッシュアイペディアより)

  • 中国共産党

    中国共産党から見た秦邦憲

    スターリン派 - 陳紹禹 (王明)、秦邦憲、張聞天など中国共産党 フレッシュアイペディアより)

  • 中国共産党

    中国共産党から見た趙紫陽

    改革開放の流れの中で党の指導体制は改革派と保守派に分れ、1980年代後半からは党機構と行政機構の分離も盛んに議論されるようになったが、1989年に起きた天安門事件後は保守派が息を吹き返し、党の独裁指導体制が再び強化された(趙紫陽がこの事件で事実上失脚した)。 しかし、それによってこれまで続いてきた経済成長がスピードダウン、1992年冬に行われた南巡講話の中で鄧小平は「改革開放を加速せよ」と指示を出し、同年10月の第14回大会では社会主義市場経済が打ち出された。中国共産党 フレッシュアイペディアより)

237件中 41 - 50件表示

「中国共産党」のニューストピックワード