151件中 81 - 90件表示
  • 中国共産党

    中国共産党から見た台湾

    党の直属機関として、組織部、宣伝部、統一戦線工作部、対外連絡部、弁公庁、政法委員会、政策研究室、台湾工作弁公室、中央党学校、人民日報社など20の機関が設置されている。中国共産党 フレッシュアイペディアより)

  • 中国共産党

    中国共産党から見た上海幇

    指導部には団派、上海幇、太子党などの派閥がある。ロイター通信のデータベース「コネクティッド・チャイナ」によれば、左記の三派閥のほかに清華大学閥がある。中国共産党 フレッシュアイペディアより)

  • 中国共産党

    中国共産党から見た一党独裁制

    中華人民共和国憲法において「中華人民共和国を領導(上下関係を前提とする指導)する政党」と明記され、建国以来一党独裁制を維持している。年代によっての程度の違いはあるが、宗教や言論に対する統制など、極めて抑圧的な統治が特徴である。自由経済の利点を中国の経済に取り込むようになってからは私営企業家の入党が認められるようになるなど、雑多な集団へと変質してきているとも言われ、現在の党内は必ずしも一枚岩ではない。中国共産党 フレッシュアイペディアより)

  • 中国共産党

    中国共産党から見たカナダ

    党幹部の中には子弟をアメリカ、カナダなどに移住させ、いつでも海外へ逃亡できるよう準備している者も少なくない。また、1,000人以上の幹部が二重国籍を有している。北京市検察機関は、90年代半ばから、2008年までに、2万人弱の汚職官僚が海外逃亡をし、その際持ち去られた国家資金は8000億元(約12兆円)に達したと述べた。このような事に対して胡錦涛政権は幹部の国外逃亡を事前に阻止するため、幹部のパスポート管理や不正の疑いがある者に対して出国制限を課す、既に外国に逃亡している者を現地の政府・治安機関に身柄拘束を要請するなどの対策を打ち出している。中国共産党 フレッシュアイペディアより)

  • 中国共産党

    中国共産党から見た中華ソビエト共和国

    このような中で毛沢東は一農村に拠点を置いて活動していた。そうした農民を対象とした社会主義化の動きは、それまでのマルクス主義やレーニン主義のように労働者階級を中心とするものとは異なっていた。これは、当時の中国の人口の圧倒的多数を占めるのは農民であり、農民の支持なくして革命の実現はありえなかったためである。また、都市部が国民党に押さえられていたため、共産党の活動拠点は山奥の華中や華南の農山村地域にならざるをえなかった。1931年、毛沢東らは江西省瑞金において「中華ソビエト共和国臨時政府」を樹立した。中国共産党 フレッシュアイペディアより)

  • 中国共産党

    中国共産党から見たダマンスキー島事件

    内部問題とソ連との敵対関係(ダマンスキー島事件を参照)で危機感を強めた政権は1972年にはアメリカ合衆国大統領リチャード・ニクソンの訪中を受け入れと、日本との国交回復を実現するなどの外交政策の大転換を行った。1976年に毛沢東が死去すると、文化大革命推進派は力を失い、毛沢東の妻・江青など文革派の四人組は逮捕され、華国鋒体制が成立し、1977年には文革の終結が宣言された。中国共産党 フレッシュアイペディアより)

  • 中国共産党

    中国共産党から見た赤狩り

    1945年12月、ジョージ・C・マーシャル将軍はトルーマン大統領から中国における全権特使に任命され、13ヶ月中国に滞在したが、ソ連とアメリカで世界分割を行う密約を行っていた外交問題評議会(CFR)、太平洋問題調査会(IPR)の勢力に組した彼は、内戦において本来劣勢であった共産党が優勢となるような行動を意図的に取った、と言う主張があり、下記の点が指摘されている。この疑惑は、後にアメリカ政界でジョセフ・マッカーシー議員によるマッカーシズム(赤狩り)にまで発展した。中国共産党 フレッシュアイペディアより)

  • 中国共産党

    中国共産党から見た中国共産党全国代表大会

    中国共産党の最高指導機関は、5年に一度開催される中国共産党全国代表大会(党大会)である。 閉会期間中は大会で選出された中国共産党中央委員会(毎年少なくとも1回開催)がこれを代行する。 中央委員会全体会議は、中央政治局委員、中央政治局常務委員、中央委員会総書記を選出し、中央書記処メンバーを選出する。中国共産党 フレッシュアイペディアより)

  • 中国共産党

    中国共産党から見た人民日報

    党の直属機関として、組織部、宣伝部、統一戦線工作部、対外連絡部、弁公庁、政法委員会、政策研究室、台湾工作弁公室、中央党学校、人民日報社など20の機関が設置されている。中国共産党 フレッシュアイペディアより)

  • 中国共産党

    中国共産党から見た西安事件

    しかしこの時期、共産党は上海から移動してきたソ連留学組によって指導されていた。共産党軍は中国国民党軍の包囲攻撃に抵抗することができず、1934年には瑞金の中央根拠地を放棄して逃避行を始めた(後に長征と称される)。その過程の1935年に開催された遵義会議において毛沢東の指導権が確立したと言われる。逃避行は奥地でソ連に近い陝西省延安に拠点を構えることで終わった。1935年のコミンテルンから国民党と協力せよとの指示が出され、1936年の西安事件(西安事変)、1937年盧溝橋事件、中ソ不可侵条約を経て、国民党とのいわゆる第二次国共合作を成立させた。日中戦争の際には八路軍などを編成して、華北を中心とした解放区を拠点に日本軍との正面衝突は避けて力を温存させた。蒋介石をして、ソ連との不可侵条約締結などで、反共から容共化に変えさせた。中国共産党 フレッシュアイペディアより)

151件中 81 - 90件表示

「中国共産党」のニューストピックワード

  • 工作の作風を改善し、大衆と緊密につながることに関する8項目の規定

  • アニメーションの神様、その美しき世界

  • 人妻に一目惚れする役