前へ 1 次へ
5件中 1 - 5件表示
  • 三菱自動車のエンジン系列名

    三菱自動車のエンジン系列名から見た中国の自動車産業中国の自動車産業

    三菱の自動車用エンジンは、本来は自社グループの自動車や産業機械に搭載する目的で開発・生産されているものであるが、他社へのOEM供給も行われている。古くは1970年代から1980年代のマツダのピックアップトラックや軽トラックなどに対する供給、1980年代から2000年代に掛けての米国クライスラーや韓国現代自動車等への供給が知られていたが、2000年代以降は中国の自動車産業に対する供給の比率が高まっており、中国では三菱車を見かける機会は少ないものの、市井を走る多くの中国車が実際は三菱製自動車用エンジンを搭載しているとされている。これは中国の知的財産権問題でも明らかなように、エンジン製造技術の秘密保全上、欧米や韓国のメーカーは中国の自動車メーカーにエンジンのみをOEM供給することには及び腰で、事実上世界の自動車メーカーで中国メーカーのOEM供給要望に応じる企業が三菱のみに限定されているためとも言われている。なお、三菱はこれ以前にもGEMAワールドエンジンでの欧米・韓国との協業で技術流出または盗難が危惧された事もあったが、そのエンジンの中核となる技術情報の保全自体には万全を期しているようである。三菱自動車のエンジン系列名 フレッシュアイペディアより)

  • 韓国車

    韓国車から見た中国車中国の自動車産業

    韓国車はヨーロッパや北アメリカを始めとした、世界各国で販売されている。中国、インドなどの巨大新興市場での現代自動車の販売台数はトヨタを上回っている。今までは価格の安さで売れていた。最大手の現代自動車でも、最大の国外市場であるアメリカ合衆国ではこれまで、自身の商品を「日本車の安価な代用品」と位置付けてビジネスを行っていた。しかし、ウォン高の進行によって価格が高騰し、セールスポイントである「安さ」が失われ、逆に日本車が円安や低価格車戦略などによって韓国車より価格が下回るケースが出ている。発展途上国でもさらに価格の安い中国車にシェアを奪われつつある。そのような状況でも売上が好調な理由としては、品質面での信頼性向上もさることながら、メーカーがブランド戦略を行ったことによる、韓国車に対するユーザーのイメージの改善が好影響を及ぼしたとも考えられる。韓国車 フレッシュアイペディアより)

  • 自動車産業

    自動車産業から見た中国の自動車産業中国の自動車産業

    中にはプラグインハイブリッドカーを開発し世界で初めて発売するなど技術力に差があるものの先進国の自動車メーカーとほぼ対等に競争できるほどに技術力が高まっている企業がある一方で、海外の安全性能試験で0点を付けられるような未だ低品質の製品も見られる。)、サービスの悪さなど課題もある。詳細は、中国の自動車産業・中華人民共和国の経済を参照されたい。自動車産業 フレッシュアイペディアより)

  • 中華人民共和国の科学技術

    中華人民共和国の科学技術から見た中国の自動車産業中国の自動車産業

    中国の自動車産業はモータービークル生産量において世界最大である。しかし、中国国内の自動車会社は世界市場で苦戦を強いられており、電動輸送機器市場の増大はこの苦境を救う方法と考えられている。2010年、中国は海外の電動輸送機器企業に対し、中国市場で販売を行うためには中国の自動車メーカーと合弁事業を行い、技術開示を行わなければならないとする、物議を醸す法案を成立させた。世界銀行の2011年の報告書によると、中国は電動輸送機器分野で世界をリードしている。中華人民共和国の科学技術 フレッシュアイペディアより)

  • 中国車

    中国車から見た中国の自動車産業中国の自動車産業

    中国車 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 次へ
5件中 1 - 5件表示

「中国汽車工業協会」のニューストピックワード