前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
84件中 1 - 10件表示
  • 授乳

    授乳から見た粉ミルク粉ミルク

    子どもが母親の胸に吸い付く搾乳刺激によりプロラクチンの分泌が促進されることで、母性行動を誘発し母乳が分泌される。直接乳房から飲まさなくても(搾乳して哺乳瓶から飲ませる等)、母乳を用いる場合を「母乳栄養」、母乳を用いず育児用の粉ミルク他のみを用いる場合を「人工栄養」、両者を併用する場合を「混合栄養」と称する。日本の産院では、出産直後は母親を休ませるために母子を離して新生児にミルクを与える例があり、その後母乳のみで育てても、厳密には混合栄養に分類されることになる。授乳 フレッシュアイペディアより)

  • 母乳栄養

    母乳栄養から見た粉ミルク粉ミルク

    母乳栄養(ぼにゅうえいよう)とは、栄養のために母乳を乳児に授乳すること。人工栄養と対となる。乳児に栄養を与える手段としてもっとも好ましい方法とされており、特に女性の乳房の乳首を直接乳児に吸わせることが望ましいとされている。哺乳類一般の授乳に関しては授乳、人工栄養に関しては粉ミルクを参照されたい。母乳栄養 フレッシュアイペディアより)

  • ネスレ・ボイコット

    ネスレ・ボイコットから見た粉ミルク粉ミルク

    ネスレ・ボイコットは1977年から始まった、ネスレ社を中心とする乳児用粉ミルク・乳幼児用食品販売戦略に対する抗議行動・不買運動を指す。ネスレ・ボイコット フレッシュアイペディアより)

  • 離乳食

    離乳食から見た粉ミルク粉ミルク

    離乳食(りにゅうしょく)は、乳幼児に対して栄養源を母乳やミルクから切り替えるための食品を言う。また、離乳食を供する期間を離乳期という。離乳食 フレッシュアイペディアより)

  • 食品衛生管理者

    食品衛生管理者から見た粉ミルク粉ミルク

    全粉乳(その容量が1,400グラム以下である缶に収められるものに限る)、加糖粉乳、調整粉乳、食肉製品、魚肉ハム、魚肉ソーセージ、放射線照射食品、食用油脂(脱色又は脱臭の過程を経て製造されるものに限る)、マーガリン、ショートニング、添加物(食品衛生法第11条第1項の規定により規格が定められたものに限る)食品衛生管理者 フレッシュアイペディアより)

  • 森永ヒ素ミルク中毒事件

    森永ヒ素ミルク中毒事件から見た粉ミルク粉ミルク

    森永ヒ素ミルク中毒事件(もりながヒそミルクちゅうどくじけん)は、1955年(昭和30年)6月頃から主に西日本を中心としてヒ素の混入した森永乳業製の粉ミルクを飲用した乳幼児に多数の死者、中毒患者を出した食中毒の事件。森永ヒ素ミルク事件(森永砒素ミルク事件、もりながヒそミルクじけん)とも。森永ヒ素ミルク中毒事件 フレッシュアイペディアより)

  • 和光堂

    和光堂から見た粉ミルク粉ミルク

    なお、創業者の弘田長は国内で初めて小児科を作った人物であり、国内最初の粉ミルクを作った人物でもある。和光堂 フレッシュアイペディアより)

  • ビーンスターク・スノー

    ビーンスターク・スノーから見た粉ミルク粉ミルク

    1951年 - 粉ミルク『ビタミルク』発売。ビーンスターク・スノー フレッシュアイペディアより)

  • ミルクケーキ

    ミルクケーキから見た粉ミルク粉ミルク

    1919年に山形県東置賜郡高畠町にある日本製乳(現在では森永乳業の子会社)が国産初の「粉ミルク」(おしどり粉ミルク)を生産。粉ミルク生産の際に出る副産物に加糖したところおいしかったので、商品化したのがミルクケーキ(おしどりミルクケーキ)である。ミルクケーキ フレッシュアイペディアより)

  • 原邦生

    原邦生から見た粉ミルク粉ミルク

    入社後の数年間は昇給もなく子供の粉ミルク代にも事欠いたが、1965年には1年間通い続けて三越との契約に成功し、1966年からは松坂屋銀座店でもバレンタインフェアを開始するなど、会社の業績拡大に務めた。1969年には営業部長としてロサンゼルスのショッピングセンターへの出店を手掛け、ブラウン&ヘーリーの商品と自社製品を販売した。この店舗の経営が軌道に乗った後、父の知人の紹介でニューヨークのメイシーズで2週間の就業体験をした。ここで見たオフィスコンピュータに影響を受け、帰国後に取締役となると1971年にMELCOMを導入して在庫管理に利用した。原邦生 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
84件中 1 - 10件表示

「中国粉ミルク汚染」のニューストピックワード