106件中 11 - 20件表示
  • 固化防止剤

    固化防止剤から見た粉ミルク粉ミルク

    たとえば、"anti-caking agent (554)"とラベルに表示されている場合、固化防止剤として化成品のアルミノケイ酸ナトリウム(E554)が添加されている。この物質は食塩の他に粉ミルク、砂糖製品および穀粉にも使われている。欧州では、フェロシアン化ナトリウム(E535)とフェロシアン化カリウム(E536)が一般に食塩に添加されている。より高価な食塩には天然の固化防止剤の炭酸カルシウムまたは炭酸マグネシウムが使われる。固化防止剤 フレッシュアイペディアより)

  • シチジル酸

    シチジル酸から見た粉ミルク粉ミルク

    5'-シチジル酸は、旧厚生省告示の既存添加物名簿に収載されている、食品添加物である。強化剤として使用される。母乳中に含まれ、免疫力の向上、発育促進の効果がある事が分かっているため、乳児用粉ミルクにも添加されている。ナトリウム塩として添加される場合もある。シチジル酸 フレッシュアイペディアより)

  • フォローアップミルク

    フォローアップミルクから見た粉ミルク粉ミルク

    フォローアップミルク は育児用粉ミルクの一種で、離乳を開始した生後9か月以降の乳幼児に用いるものである。フォローアップミルク フレッシュアイペディアより)

  • 哺乳瓶

    哺乳瓶から見た粉ミルク粉ミルク

    哺乳瓶とはミルクを呑ませるのに用いる瓶であり、別の言い方をすると、授乳を行うための瓶である。乳首のついた瓶で、粉ミルク或いは母乳を入れて用いる。哺乳瓶 フレッシュアイペディアより)

  • 根本しのぶ

    根本しのぶから見た粉ミルク粉ミルク

    生後8か月でミルクの広告モデルとしてデビュー。それ以来、11歳になるまでテレビCMの出演は約200本、ポスター広告に約3000回も登場するなど、当時のジュニア広告界におけるトップモデルであった。根本しのぶ フレッシュアイペディアより)

  • ミルクケーキ

    ミルクケーキから見た粉ミルク粉ミルク

    1919年に山形県東置賜郡高畠町にある日本製乳(現在では森永乳業の子会社)が国産初の「粉ミルク」(おしどり粉ミルク)を生産。粉ミルク生産の際に出る副産物に加糖したところおいしかったので、商品化したのがミルクケーキ(おしどりミルクケーキ)である。ミルクケーキ フレッシュアイペディアより)

  • Nudossi

    Nudossiから見た粉ミルク粉ミルク

    材料:砂糖、ヘーゼルナッツ(36 %)、植物油、 低脂肪カカオ、 低脂肪粉ミルク、 レシチン、 香料、 食塩。Nudossi フレッシュアイペディアより)

  • 乳業工学

    乳業工学から見た粉乳粉ミルク

    粉乳製造時の予備濃縮や、練乳製造において行われる工程。このプラントをエバポレーターと称する。全脂乳では1/4、脱脂乳では1/5まで濃縮される。発生蒸気圧縮式、機械的再圧縮式、多重効用蒸発缶などの方式が採られる。濃縮乳を「エバミルク」と称するのは、字義通り「エバポレーションされた乳」の意。乳業工学 フレッシュアイペディアより)

  • クロノバクター属

    クロノバクター属から見た粉ミルク粉ミルク

    寒天培地上で黄色いコロニーを形成する。全ての年代で感染を起こすが、特に新生児や乳児に菌血症や細菌性髄膜炎、壊死性腸炎等のリスクが高い。一方、成人では不顕感染が多く発症はまれ。乳児は発症した際の致死率は 20 - 50%とされている。粉ミルク類で汚染が知られているが、野菜や環境中からの分離報告もあるので広く環境中に分布していると考えられている。クロノバクター属 フレッシュアイペディアより)

  • ラスマライ

    ラスマライから見た粉ミルク粉ミルク

    家庭で作るラスマライは、粉ミルクを中力粉、ベーキングパウダー、油で作る。ドウを形成するようにこね、ボール状に成形し、沸騰したミルククリームの中に浸す。ラスマライ フレッシュアイペディアより)

106件中 11 - 20件表示

「中国粉ミルク汚染」のニューストピックワード