106件中 21 - 30件表示
  • スリランカ料理

    スリランカ料理から見た粉ミルク粉ミルク

    庶民的なミルクティー。BOPFのような細かい茶葉と多めの砂糖、それに粉ミルクまたはコンデンスミルクを用いる。インドのチャイとは異なり、スパイスなどは用いない。スリランカ料理 フレッシュアイペディアより)

  • ホワイト・クリスマス (洋菓子)

    ホワイト・クリスマス (洋菓子)から見た粉ミルク粉ミルク

    「Copha」(商品名: ココナッツオイルに水素添加して製造する植物性油脂のショートニング)かホワイト・チョコレートに、粉砂糖、サルタナ(白ブドウの干しぶどう)、ドレンチェリー(砂糖漬けしたサクランボ)、乾燥ココナッツ、粉ミルク、「Rice Bubbles」(ケロッグ社の「ライスクリスピー」のオーストラリア、ニュージーランドでの商品名: 米のシリアル食品)を加えて作る。ホワイト・クリスマス (洋菓子) フレッシュアイペディアより)

  • 噴霧乾燥

    噴霧乾燥から見た粉ミルク粉ミルク

    食品:脱脂粉乳(粉ミルク)、インスタントコーヒー、インスタント食品の粉末スープ、茶系飲料、加工卵、調味料、プロテインや粉末青汁などの健康食品 など噴霧乾燥 フレッシュアイペディアより)

  • スタラグ・ルフト III

    スタラグ・ルフト IIIから見た粉ミルク粉ミルク

    その他にも様々な物が集められた。その一つが赤十字社から捕虜宛に支給された元々は粉ミルクが入っていたブリキ製のクリム缶であった。缶の金属は、様々な種類の工具やシャベル、ろうそく立てのような物に仕立て上げられた。ろうそくは収容所で出されるスープの表面に浮いた脂肪を濾し、小さなブリキ容器に入れて作り、ろうそくの芯には古く擦り切れた布地を利用した。しかし、クリム缶の主要な用途は3つのトンネル全てで広範囲に設けられた換気用ダクトへの利用であった。スタラグ・ルフト III フレッシュアイペディアより)

  • 赤ちゃん一時避難プロジェクト

    赤ちゃん一時避難プロジェクトから見た粉ミルク粉ミルク

    震災現場の避難所では、不衛生な環境下で咳、胃腸炎、入浴できないための湿疹に見舞われた乳幼児たちが多く見受けられていた。新陳代謝が活発な時期に1週間も入浴できない乳幼児もいた。肉体面のみならず、笑顔を失ったり、すぐに泣くようになったり、以前は元気だったのに避難所に来ておとなしくなったといった具合に、精神面での被害も深刻であった。母親にしても、避難所では子供の泣き声一つで周囲の大勢の避難者たちに気を配らなければならず、授乳も気軽にできる環境ではなかった。そうした母親の不安を子供が感じることで、子供は同様のストレスに遭い、親子ともにストレスがたまる一方で、一時的に母乳が出なくなる母親もいた。産院でもベッドの調整がつかず、産後わずか3日の子供が避難所へ直行することもあった。物資不足も深刻であり、水がないためにミルクを温めることができず、ミルクの代りにジュースを与えられている乳幼児すらいた。赤ちゃん一時避難プロジェクト フレッシュアイペディアより)

  • アンリ・ネスレ

    アンリ・ネスレから見た粉ミルク粉ミルク

    アンリ・ネスレは牛乳に小麦粉、穀粉、砂糖を混ぜて粉ミルクをつくり、母乳栄養養育が受けられない子どもの代用乳とした。さらに友人の栄養学者ジャン・バルタザール・シュニッツラーと共に、乳幼児が消化しにくい酸を小麦から除去した。水を加えるだけで作れる製品は、乳児用調製粉乳の製品化第1号だと考えられる。人々はすぐに新製品の価値を理解し、「Farine Lactée Henri Nestlé アンリ・ネスレの小麦粉ミルク」はヨーロッパ中で売られるようになった。1870年代までには米国で、麦芽、牛乳、砂糖、小麦粉で作られた「Nestle's Infant Food ネスレのベビーフード」は1瓶0.5ドルで売られるようになった。アンリ・ネスレ フレッシュアイペディアより)

  • 三鹿集団

    三鹿集団から見た粉ミルク粉ミルク

    三鹿集団(サンルーしゅうだん)は、中国河北省に位置する、中国の石家庄三鹿有限公司とニュージーランド生活協同組合フォンテラとの合弁会社である。粉ミルクを中心とした乳製品の製造を行っていた。同社の粉ミルクの中国国内における市場占有率は18パーセントで、15年連続首位を記録した。2008年12月24日、破産の法律的手続きに入ったと発表された。三鹿集団 フレッシュアイペディアより)

  • オーバーギュンツブルク

    オーバーギュンツブルクから見た粉ミルク粉ミルク

    地元で最大の企業はガプラー=ザルティアー・ミルク工場である。ここではコーヒーミルク、コンデンスミルク、ミルク入り飲料、粉ミルク、さらにはベビーフードや病者用食品の素材製品を製造している。オーバーギュンツブルク フレッシュアイペディアより)

  • 中国の汚染タンパク質輸出問題

    中国の汚染タンパク質輸出問題から見た粉ミルク粉ミルク

    FDAの食品安全・応用栄養センターの最高責任者であるデイヴィッド・アチソン博士によると、これらの原材料は汚染原材料が人間の食品に利用されている証拠は何もなかったが、朝食シリアルやピザ、幼児用粉ミルク、プロテインシェイクなど様々な食品に利用されていた。中国の汚染タンパク質輸出問題 フレッシュアイペディアより)

  • ヨウ素酸カリウム

    ヨウ素酸カリウムから見た粉ミルク粉ミルク

    一部の国では、甲状腺異常予防のため食卓塩や乳児用粉ミルクに添加される。また、臭素酸カリウムと同様、パンの改良材として用いられる場合がある。ヨウ素酸カリウム フレッシュアイペディアより)

106件中 21 - 30件表示

「中国粉ミルク汚染」のニューストピックワード