84件中 41 - 50件表示
  • 王シュレット事件

    王シュレット事件から見た粉ミルク粉ミルク

    その『ワンナイ』での事件は、「王シュレット事件」に留まらなかった。この事件の謝罪放送をした当日の番組中、妊婦に扮した小池栄子に山口智充らが粉ミルクをかけるコントを行い、視聴者から再び抗議が殺到。同時にかけた粉ミルクが和光堂の「ぐんぐん」であることが解る映像が放送されたため、今度は和光堂がフジテレビに対して抗議した。しかしながら、このコントに関するお詫びは9月3日放送分で番組終了間際のお詫びテロップが流れただけだったため、またもや苦情が殺到する。王シュレット事件 フレッシュアイペディアより)

  • 乳母

    乳母から見た粉ミルク粉ミルク

    かつて、現在のような良質の代用乳が得られない時代には母乳の出の悪さは乳児の成育に直接悪影響を及ぼし、その命にも関わった。そのため、皇族、王族、貴族、武家、あるいは豊かな家の場合、母親に代わって乳を与える乳母を召し使った。乳母 フレッシュアイペディアより)

  • 桃華絵里

    桃華絵里から見た粉ミルク粉ミルク

    2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震の被災地への支援を積極的に行い、震災から3日後の3月14日には静岡新聞社を通じて義援金100万円を寄付している。さらに、同日中に10トントラック1台分の飲料水と粉ミルクや紙おむつなども混載して被災地に向けトラックが出発したことをブログで報告している。桃華絵里 フレッシュアイペディアより)

  • スタラグ・ルフト III

    スタラグ・ルフト IIIから見た粉ミルク粉ミルク

    その他にも様々な物が集められた。その一つが赤十字社から捕虜宛に支給された元々は粉ミルクが入っていたブリキ製のクリム缶であった。缶の金属は、様々な種類の工具やシャベル、ろうそく立てのような物に仕立て上げられた。ろうそくは収容所で出されるスープの表面に浮いた脂肪を濾し、小さなブリキ容器に入れて作り、ろうそくの芯には古く擦り切れた布地を利用した。しかし、クリム缶の主要な用途は3つのトンネル全てで広範囲に設けられた換気用ダクトへの利用であった。スタラグ・ルフト III フレッシュアイペディアより)

  • ミネラルウォーター

    ミネラルウォーターから見た粉ミルク粉ミルク

    日本の粉ミルクは硬度の低い日本の水道水で溶かすことを前提に成分が設計されているため、外国製を主体とした硬度の高い製品では、ミネラル分の過剰摂取となり、乳児の体に負担をかけることが指摘されている。ミルク用にはできる限り硬度の低い製品を使うことが求められる。もし適した水(軟水)が入手できない場合は、通常通りに水道水を使用することの見解が日本小児科学会などから発表されている。これは、放射性物質を含んだ水を摂取するよりも、ミルクを与えないことによる脱水症状の方が危険であるという理由からである。ミネラルウォーター フレッシュアイペディアより)

  • 軍隊調理法

    軍隊調理法から見た粉ミルク粉ミルク

    なお、本書で列挙されているレシピは主に兵営などにおいて調理され食す給食であり、乾パン・大和煮の缶詰・粉ミルク・乾燥食品・粉末調味料などといった演習地や戦地の最前線で食される野戦糧食(携帯口糧、レーション)については別に開発・供給されている。軍隊調理法 フレッシュアイペディアより)

  • 北海道警察本部爆破事件

    北海道警察本部爆破事件から見た粉ミルク粉ミルク

    その後の現場検証で、多くのパチンコ玉と粉ミルク缶の破片が発見された。これらの証拠から、粉ミルク缶に火薬と殺傷能力を高めるためのパチンコ玉を詰めた「パチンコ玉爆弾」であることが判明した。北海道警察本部爆破事件 フレッシュアイペディアより)

  • カカオマス

    カカオマスから見た粉ミルク粉ミルク

    カカオマスはそれぞれのメーカーの嗜好に合わせて数種類がブレンドされ、チョコレートに加工される。ブレンドはカカオニブやカカオリカーの段階で行われる場合もある。カカオマスに砂糖、粉乳、ココアバター、植物性油脂などを加えて均一に混合したものは、チョコレートの元でありチョコレートドゥと呼ばれる。チョコレートドゥはその後、レファイナーによる最終磨砕、コンチェ(コンチングマシン)による精錬、テンパリング(温調)による脂肪結晶の生成、成型、包装、エージング(結晶安定化)など多くの工程を経て、製品としてのチョコレートになる。カカオマス フレッシュアイペディアより)

  • 鴛鴦茶

    鴛鴦茶から見た粉乳粉ミルク

    香港の食料品店などでは、粉末化したコーヒー及び紅茶に砂糖、粉乳を加え、1杯分ずつを個包装した粉末飲料が複数のメーカーから発売されている。インスタント食品の一種で、湯を加えて飲む。鴛鴦茶 フレッシュアイペディアより)

  • チョコレートの歴史

    チョコレートの歴史から見た粉ミルク粉ミルク

    スイスのろうそく職人は義父がチョコレート会社を経営していたことからチョコレートに携わるようになり、1867年からチョコレートの苦味をまろやかにするために牛乳を入れることを試行錯誤し始め(溶けたチョコレートに水分を混ぜると、チョコレートの中の砂糖が水分を吸収しココアバターの油と分離するためにボソボソになり食感が悪くなる)、粉ミルクを入れるという解決方法を発明し、1875年にミルクチョコレートの販売を始めた。またミルクチョコレート製造には、牛乳から水分を抜く必要があったが、ダニエルは隣りに住んでいたベビーフード生産業者のアンリ・ネスレ(ネスレ創業者)と協力して研究を行った。またロドルフ・リンツはチョコレートの粒子を均一かつ細かくし、滑らかな食感を出すのに必要なコンチングを考案した。チョコレートの歴史 フレッシュアイペディアより)

84件中 41 - 50件表示

「中国粉ミルク汚染」のニューストピックワード