106件中 41 - 50件表示
  • 神谷美恵子

    神谷美恵子から見た粉ミルク粉ミルク

    7月に、東京帝国大学理学部の講師を務めていた植物学者神谷宣郎と結婚した。神谷は美恵子と同時期にアメリカ東海岸で研究生活を送っており、同じく植物学を修めていた浦口真左のペンシルベニア大学サイフリッツ研究室における同僚でもあった。二人は世田谷に新居を構えた後上北沢へと転居し、ここで長男の律が誕生した。結婚後十年ほどの間の暮らしは戦後の物資不足や次男の粟状結核などもあり、極めて苦しいものであった。栄養失調により律の体調が悪化した際にはララ物資による粉ミルクの支給を受けなんとか小康を取り戻した。神谷美恵子 フレッシュアイペディアより)

  • 必須元素

    必須元素から見た粉ミルク粉ミルク

    人体内には約80mgの銅が含まれている。2-3mg/日の摂取がよい。古くから銅の酸化物である緑青が人体に有毒であると信じられてきたがこれは誤りで、現在では他の金属と比較して毒性は大差ないことが複数の動物実験により明らかにされている。厚生省も毒物や劇物ではなく「普通物」としている。日本では1983年より硫酸銅と亜鉛が粉ミルクに添加されている(100mlあたり45μg)。必須元素 フレッシュアイペディアより)

  • 缶

    から見た粉ミルク粉ミルク

    乾燥食品などの製品を単に金属缶に詰めて密封したものは「缶入り」として通常は缶詰とは区別される。茶、コーヒー、紅茶、海苔、菓子、プロテイン、粉ミルクなどによく使われ、普通の蓋による開閉になっている。菓子類では飴、煎餅、クッキー、チョコレートなど贈答用のものも多い。茶や海苔など特に乾燥状態を保ちたい食品を入れる缶には中蓋の付属するものがある。 フレッシュアイペディアより)

  • オーストラリア料理

    オーストラリア料理から見た粉ミルク粉ミルク

    イギリスからは紅茶だけでなく、伝統的なティータイムの習慣もオーストラリアに持ち込まれた。紅茶はオーストラリア人に欠かせない飲み物だったが、コーヒーに取って代わられつつある。牛乳および乳製品の生産量と消費量は多いが、長期の保存は困難であるため、粉ミルク、コンデンスミルク、エバミルクなどに加工される。オーストラリア料理 フレッシュアイペディアより)

  • 脂肪

    脂肪から見た粉ミルク粉ミルク

    1976年には、Cuthbertonが粉ミルクの必要成分としてリノール酸のみが必須だと主張したが、Crawfordは異議を唱え、1978年には世界保健機関(WHO)と国際連合食糧農業機関(FAO)が、脂肪に関する専門部会でαリノレン酸の必須性を確定した。1982年に、ラルフ・ホルマンが、αリノレン酸の摂取が増加すると、血中のDHAが増加することを確認しヒトでαリノレン酸が必須だと裏付けた。脂肪 フレッシュアイペディアより)

  • 小麦粉

    小麦粉から見た粉乳粉ミルク

    作る料理によって、タンパク質の割合が適したものを選び、他の穀粉や膨らし粉、粉乳、ショートニング、調味料、香料、着色料などの原料を調合した商品(調製粉、プレミックス)が多種市販されている。小麦粉 フレッシュアイペディアより)

  • 水道水フッ化物添加についての議論

    水道水フッ化物添加についての議論から見た粉ミルク粉ミルク

    現在の医学研究団体や歯科研究団体の見解をよそに、数多くのグループが水道水フッ化物添加に対して議論を続けている。そのようなグループは、必ずしも水道水フッ化物を否定したりしているわけではないが、いくつかの論点からなる水道水フッ化物添加の議論を共有している。水道水フッ化物添加に反対するグループは、水道水フッ化物添加は、意図している恩恵より大きな害をもたらす(歯のフッ素症のように)と主張している。またある反対派は、フッ化物を上水道に添加することは、個人の摂取する物質の選択を奪う集団投薬であると主張している。またある反対派は、水道水フッ化物添加は、有毒な産業廃棄物の処理計画の一端であると主張している。医学ならびに歯科の研究団体はさまざまなメッセージを流し続けている。その一つは、2006年の米国学術研究会議の報告であり、そこでは幼児の粉ミルク摂取によるフッ化物の過剰摂取の懸念がとりあげられている。水道水フッ化物添加についての議論 フレッシュアイペディアより)

  • ヒ素

    ヒ素から見た粉ミルク粉ミルク

    1955年の森永ヒ素ミルク中毒事件では粉ミルクにヒ素が混入したことが原因で、多数の死者を出した。この場合は急性ヒ素中毒である。年月が経過し、慢性ヒ素中毒の報告もある。1998年に発生した和歌山毒物カレー事件では、この稿には詳細な急性中毒の報告が記載されている。ヒ素 フレッシュアイペディアより)

  • ナーブルスチーズ

    ナーブルスチーズから見た粉ミルク粉ミルク

    主に羊乳から作るが、山羊乳から作ることもある。あまり高品質と見なされていないものについては、牛乳を原料とする粉ミルクを加えて作ることもある。山羊や羊の乳が入手しやすい春に作られることが多いが、保存がきくため季節を問わず食すことができる。しばしば、同じくパレスチナのチーズであるアッカーチーズを茹でるような工程で作ると評される。ナーブルスチーズは白く四角い形をしたセミハードチーズであり、炭酸ガスなどによってできる気泡の穴は無い。羊や山羊の乳から作るチーズとしては典型的なものだが、伝統的にはマフレブやマスティックなどのスパイスを沸かした塩水に加えて味付けし、そこにカードを入れて作る。ナーブルスチーズにはスパイシーな風味があり、ブラッククミンシードなどのスパイスが黒い点になって表面に見えることがある。ナーブルスチーズ フレッシュアイペディアより)

  • 東日本大震災に対する物資の提供

    東日本大震災に対する物資の提供から見た粉ミルク粉ミルク

    東京都:毛布166,360枚、アルファ化米259,000食、クラッカー102,620食、飲料水10,000本、肌着19,100枚、応急水袋800枚、哺乳瓶1,020本。調整粉乳10,008缶、遺体収容袋4,700袋、医薬品、医療機器、マスク152,010枚、ハンドタオル500枚、安全靴200足、作業着2,000枚、防水防寒コート985枚、ベッドマットレス250枚。東日本大震災に対する物資の提供 フレッシュアイペディアより)

106件中 41 - 50件表示

「中国粉ミルク汚染」のニューストピックワード