106件中 51 - 60件表示
  • ダニス・タノヴィッチ

    ダニス・タノヴィッチから見た粉ミルク粉ミルク

    2014年の「汚れたミルク/あるセールスマンの告発」では、ネスレが製造販売する粉ミルクによって乳幼児が病気になってゆく状況に抗議した元ネスレ社員、サイヤド・アーミル・ラザをモデルに、良心による多国籍企業ラスタとの闘いを描いた。この作品は日本を含む全世界で公開されたが、ネスレは公式サイトの特設ページで映画とアーミルの主張を全面否定した。ダニス・タノヴィッチ フレッシュアイペディアより)

  • ライポンF

    ライポンFから見た粉ミルク粉ミルク

    1962年9月20日、東京都北区で粉末タイプの「ライポンF」を溶いたものを誤飲した男性が2時間後に死亡。妻が粉ミルクと誤って調合したものを子どもが嫌がったため、試しにひと口飲んだことが原因であった。ライポンF フレッシュアイペディアより)

  • メラミン

    メラミンから見た粉ミルク粉ミルク

    中国メーカーが食品のタンパク質含有量(窒素含有量)を贋造するために利用された。2007年メラミンが混入された中国企業製ペットフードがアメリカ等に輸出され、犬や猫が主に腎不全で死亡する事件が起きた。2008年には中国でメラミン混入粉ミルクが原因で乳幼児に腎不全が多数発生する事件が起きた。腎毒性の発現にはメラミンに加えシアヌル酸の関与が疑われている。メラミン フレッシュアイペディアより)

  • チョコレートの歴史

    チョコレートの歴史から見た粉ミルク粉ミルク

    スイスのろうそく職人ダニエル・ペーターは義父がチョコレート会社を経営していたことからチョコレートに携わるようになり、1867年からチョコレートの苦味をまろやかにするために牛乳を入れることを試行錯誤し始め(溶けたチョコレートに水分を混ぜると、チョコレートの中の砂糖が水分を吸収しココアバターの油と分離するためにボソボソになり食感が悪くなる)、粉ミルクを入れるという解決方法を発明し、1875年にミルクチョコレートの販売を始めた。またミルクチョコレート製造には、牛乳から水分を抜く必要があったが、ダニエルは隣りに住んでいたベビーフード生産業者のアンリ・ネスレ(ネスレ創業者)と協力して研究を行った。またロドルフ・リンツはチョコレートの粒子を均一かつ細かくし、滑らかな食感を出すのに必要なコンチングを考案した。チョコレートの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • バター飴

    バター飴から見た粉ミルク粉ミルク

    主に砂糖(甜菜糖)・水飴(麦芽糖)・水・バター・粉乳などで製造されるが、元祖の製品は、デンプン飴(ジャガイモデンプンを使用した水飴)にバターが加えられたもの。バター飴 フレッシュアイペディアより)

  • 明治ナイスデイ

    明治ナイスデイから見た粉ミルク粉ミルク

    1985年設立した『株式会社ナイスデイ』は、明治乳業株式会社の粉ミルク部門と強く連携し、育児用通信販売事業の委託を受け、出産準備&ベビー用品の通販カタログ「ナイスデイ」を刊行、併せて事務機器、販促物品、印刷物等の斡旋・仲介などの商事部門、受託業務部門を拡大。明治ナイスデイ フレッシュアイペディアより)

  • アイクレオ

    アイクレオから見た粉ミルク粉ミルク

    アイクレオ株式会社(英語:ICREO CO., LTD)は、江崎グリコグループに属する、主に乳児用粉ミルク等の製造販売を行う食品及びスキンケア商品のメーカーである。本社は、東京都港区高輪に所在している。アイクレオ フレッシュアイペディアより)

  • ポッカコーヒー

    ポッカコーヒーから見た粉乳粉ミルク

    乳成分に全粉乳や脱脂粉乳を使用したシリーズ唯一となる250g入りのロング缶。2012年9月に2001年以来、実に11年ぶりとなるリニューアルを実施したものの、基本レイアウトはほぼ変更されておらず、現在でも顔が下半分いっぱいに入っている。ポッカコーヒー フレッシュアイペディアより)

  • 乳製品

    乳製品から見た粉ミルク粉ミルク

    調整粉乳 - 育児用粉ミルクなど。乳製品 フレッシュアイペディアより)

  • カカオマス

    カカオマスから見た粉ミルク粉ミルク

    カカオマスはそれぞれのメーカーの嗜好に合わせて数種類がブレンドされ、チョコレートに加工される。ブレンドはカカオニブやカカオリカーの段階で行われる場合もある。カカオマスに砂糖、粉乳、ココアバター、植物油などを加えて均一に混合したものは、チョコレートの元でありチョコレートドゥと呼ばれる。チョコレートドゥはその後、レファイナーによる最終磨砕、コンチェ(コンチングマシン)による精錬、テンパリング(温調)による脂肪結晶の生成、成型、包装、エージング(結晶安定化)など多くの工程を経て、製品としてのチョコレートになる。カカオマス フレッシュアイペディアより)

106件中 51 - 60件表示

「中国粉ミルク汚染」のニューストピックワード