84件中 71 - 80件表示
  • 森永製菓

    森永製菓から見た粉ミルク粉ミルク

    1921年(大正10年) - 粉ミルクを国産化。森永製菓 フレッシュアイペディアより)

  • プロテイン

    プロテインから見た粉ミルク粉ミルク

    プロテインサプリメントは日本でいう健康食品の一種である。これらは必須アミノ酸をバランス良く、あるいは極端に偏って配合してあり、不足が予測される栄養素を補助するために用いられる。その多くは粉ミルクに類似した外見を持つ乳白色の粉末であるが、風味を加えたものは様々な着色された製品も見られる(後述)。この粉末を水などの液体に溶いて流動食のようにして食べる(飲み下す)。プロテイン フレッシュアイペディアより)

  • 赤ちゃん本舗

    赤ちゃん本舗から見た粉ミルク粉ミルク

    赤ちゃん本舗は災害時の円滑な生活支援物資供給などに協力するため2006年7月14日に新潟県長岡市と「災害時支援協定」を締結している。赤ちゃん本舗が自治体と協定を結ぶのは初めてとなる。災害時には協定に基づき粉ミルクや離乳食など食料や乳幼児用の紙おむつを提供する。赤ちゃん本舗は「中越地震で粉ミルクや紙おむつを無償提供した経緯もあり、地域社会に貢献する企業の精神から協定に至った」と説明している。赤ちゃん本舗 フレッシュアイペディアより)

  • 明治乳業

    明治乳業から見た粉ミルク粉ミルク

    1932年(昭和7年) - 育児用の粉ミルク「パトローゲン」発売。明治乳業 フレッシュアイペディアより)

  • 缶コーヒー

    缶コーヒーから見た粉乳粉ミルク

    乳成分は缶コーヒーをマイルドな口あたりにするが、その比率が高まるほど「コーヒーらしさ」から離れる傾向がある。缶コーヒーに使用される乳成分は牛乳のほか粉乳、煉乳などがある。その扱いは乳等省令に基づき厳しい管理がなされる。缶コーヒー フレッシュアイペディアより)

  • コピー商品

    コピー商品から見た粉ミルク粉ミルク

    食品関係で有名な例としてはかにカマボコがある。かにカマボコは消費者が本物の蟹を加工した食品と混同するとして、農林水産省の指示で「カニ」を商品名に使えなくなった経緯がある。実際はスケソウダラのすり身を使い、カニの煮汁で風味をつけた蒲鉾である。人造食品としては、大正時代からある育児用「粉ミルク」がある。また、化学技術の発達から派生した技術を用いた、近年における代表的なものとしては、人造イクラがある。コピー商品 フレッシュアイペディアより)

  • ネスレ

    ネスレから見た粉ミルク粉ミルク

    現在、ネスレは世界各国でミネラルウォーターからベビーフード、更にコーヒーから乳製品、アイスクリーム等の製品を幅広く手掛けるようになっている。しかし、ネスレが発展途上国に於いて乳児用調製粉乳を販売した手法に強く表れるような、独特の商慣習は議論を呼び、ネスレ・ボイコットを引きおこしたこともある。ネスレ フレッシュアイペディアより)

  • リボ核酸

    リボ核酸から見た粉ミルク粉ミルク

    母乳にはウリジル酸などの各種ヌクレオチドとDNA・RNAが含まれ、乳児の免疫調節や記憶力の向上に役立っていると考えられており、市販の乳児用粉ミルクの多くにヌクレオチドの形で添加されているが、こちらも効果のほどは不明である。最近ではRNAの形で添加する例もあり、総称して核酸関連物質と表示されている場合がある。リボ核酸 フレッシュアイペディアより)

  • ポッキー

    ポッキーから見た粉ミルク粉ミルク

    ポッキー ミルク :原材料のチョコレートの粉乳の比率をポッキー チョコレートより2.5倍増量した商品。ポッキー フレッシュアイペディアより)

  • アラキドン酸

    アラキドン酸から見た粉ミルク粉ミルク

    アラキドン酸はほとんどの哺乳類にとって必須脂肪酸であると考えられている。アラキドン酸はリノール酸を原料として体内で合成されるが、種によってはこの機能が十分でないため必要な量を生産することができないか、あるいは全く生産する機能を持たない。アラキドン酸は植物にはほとんど含まれないため、自ら十分な量を生産できない動物(ネコなど)は他の動物の捕食によって摂取する必要がある。主に肉、卵、魚、母乳などに含まれており、欧米など諸外国では乳児用調製乳にも添加されている。アラキドン酸 フレッシュアイペディアより)

84件中 71 - 80件表示

「中国粉ミルク汚染」のニューストピックワード