前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
108件中 1 - 10件表示
  • 粉ミルク

    粉ミルクから見た厚生労働省

    特別用途食品のひとつで、主に出生から離乳期までの赤ちゃんの育児用として適するように乳の成分を調整したもの(現在、各メーカーはインファント・フォミュラーの授乳目安期間を0?9ヶ月としている)。単に「粉ミルク」というと、この育児用の粉ミルクのイメージが強い。規格の制改定は厚生労働省が管轄しており、食品衛生法の付則である乳等省令にて決定されている。また特別用途食品であることから、その表示項目、内容などは健康増進法の規制を受け、消費者庁の管理下にある。母乳の成分を研究して概ね以下の様な改良が為されている。粉ミルク フレッシュアイペディアより)

  • 粉ミルク

    粉ミルクから見たアサヒビール

    1917年に東京の和光堂薬局(現和光堂・(アサヒビール傘下))が加糖全脂粉乳の「キノミール」を製造したのが最初。粉ミルク フレッシュアイペディアより)

  • 粉ミルク

    粉ミルクから見た雪印メグミルク

    1951年には、雪印乳業(現雪印メグミルク:育児用製品部門は、後にビーンスターク・スノー(大塚製薬との合弁会社)へ移管)が「雪印ビタミルク」(後の「雪印ネオミルク」)を製造開始。粉ミルク フレッシュアイペディアより)

  • 粉ミルク

    粉ミルクから見た江崎グリコ

    1962年に日本ワイス(現アイクレオ・(江崎グリコ傘下))が日本で初めて母乳と同様乳糖100%にして、乳児にとって消化吸収の悪い牛乳脂肪を除去した「SMA」を発売。粉ミルク フレッシュアイペディアより)

  • 粉ミルク

    粉ミルクから見た雪印乳業

    1951年には、雪印乳業(現雪印メグミルク:育児用製品部門は、後にビーンスターク・スノー(大塚製薬との合弁会社)へ移管)が「雪印ビタミルク」(後の「雪印ネオミルク」)を製造開始。粉ミルク フレッシュアイペディアより)

  • 粉ミルク

    粉ミルクから見た明治乳業

    1928年には、極東練乳(後に明治乳業を経て、現在は「株式会社明治」)が「明治コナミルク」を製造開始。粉ミルク フレッシュアイペディアより)

  • 粉ミルク

    粉ミルクから見た大塚製薬

    1951年には、雪印乳業(現雪印メグミルク:育児用製品部門は、後にビーンスターク・スノー(大塚製薬との合弁会社)へ移管)が「雪印ビタミルク」(後の「雪印ネオミルク」)を製造開始。粉ミルク フレッシュアイペディアより)

  • 粉ミルク

    粉ミルクから見た森永乳業

    1921年には、日本練乳(現森永乳業)が「森永ドライミルク」を製造開始。粉ミルク フレッシュアイペディアより)

  • 粉ミルク

    粉ミルクから見た豆乳

    乾燥した大豆の粉末なども、豆乳をミルクと考えれば(海外では :en:soymilk と呼ばれる)、粉ミルクの一種と見なせる。粉ミルク フレッシュアイペディアより)

  • 粉ミルク

    粉ミルクから見た大豆

    上記の他にアレルギーに配慮し、乳タンパクを大豆タンパクに置き換えた物、乳タンパクをペプチドに酵素分解してアレルギー性を抑えた物も販売されている。粉ミルク フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
108件中 1 - 10件表示

「中国粉ミルク汚染」のニューストピックワード