109件中 21 - 30件表示
  • 粉ミルク

    粉ミルクから見た動物

    ウシ科の動物である、ウシの乳(牛乳)を原料とするものがほとんどであるが、ウシ科の水牛、ヤギ、羊などの乳を原料にするものも製造されている。また、粉末豆乳なども広義の粉ミルクと言える。粉ミルク フレッシュアイペディアより)

  • 粉ミルク

    粉ミルクから見た心理

    赤ちゃんを粉ミルクで育てることについては、母子双方に与える心理的な作用や、粉ミルクにはない免疫機能などを考え、基本的には母乳での育児が推奨されている。粉ミルク フレッシュアイペディアより)

  • 粉ミルク

    粉ミルクから見た学校給食

    生乳から乳脂肪を除いてから乾燥させたもの。全粉乳と比較して保存性に優れるため工業的にも広く用いられる。湯を加えて飲用することができ、その用途としても販売されているが、現在では加工乳、加工食品の原料、料理の風味付けに使う方が多い。かつては学校給食においても幅広く飲用された。身近な物では入浴剤の白濁成分としても使用されている。粉ミルク フレッシュアイペディアより)

  • 粉ミルク

    粉ミルクから見た料理

    生乳から乳脂肪を除いてから乾燥させたもの。全粉乳と比較して保存性に優れるため工業的にも広く用いられる。湯を加えて飲用することができ、その用途としても販売されているが、現在では加工乳、加工食品の原料、料理の風味付けに使う方が多い。かつては学校給食においても幅広く飲用された。身近な物では入浴剤の白濁成分としても使用されている。粉ミルク フレッシュアイペディアより)

  • 粉ミルク

    粉ミルクから見たヒツジ

    ウシ科の動物である、ウシの乳(牛乳)を原料とするものがほとんどであるが、ウシ科の水牛、ヤギ、などの乳を原料にするものも製造されている。また、粉末豆乳なども広義の粉ミルクと言える。粉ミルク フレッシュアイペディアより)

  • 粉ミルク

    粉ミルクから見たアラキドン酸

    乳児用調製粉乳の原料としては、牛乳から乳脂肪を取り除いた脱脂粉乳、乳より分離された乳糖、乳精パウダー、乳脂肪よりも母乳に脂肪酸組成を近づけた調整油脂などを主原料に、ビタミン、カルシウム、マグネシウム、カリウム、銅、亜鉛、鉄などのミネラル、母乳オリゴ糖、タウリン、シアル酸、β-カロテン、γ-リノレン酸、ドコサヘキサエン酸、ヌクレオチドまたはRNA等の核酸関連物質、ポリアミンなど、赤ちゃんの発育や免疫調整に必要な各種栄養素が配合されている。また、欧米など諸外国ではアラキドン酸が添加されている。粉ミルク フレッシュアイペディアより)

  • 粉ミルク

    粉ミルクから見たアイクレオ

    1962年 - 日本ワイス(現在のアイクレオ)が「SMAミルク」を発売(製造は1989年まで中央製乳)。粉ミルク フレッシュアイペディアより)

  • 粉ミルク

    粉ミルクから見た和光堂

    1917年、東京の和光堂薬局(後の和光堂)が加糖全脂粉乳の「キノミール」を製造。これが日本最初の(育児用)粉ミルクとされる。以後、各社でさまざまな粉ミルクが製造・販売されており、現代まで続くブランドもある。粉ミルク フレッシュアイペディアより)

  • 粉ミルク

    粉ミルクから見た中央製乳

    1962年 - 日本ワイス(現在のアイクレオ)が「SMAミルク」を発売(製造は1989年まで中央製乳)。粉ミルク フレッシュアイペディアより)

  • 粉ミルク

    粉ミルクから見た雪印ビーンスターク

    1951年 - 雪印乳業(現在は雪印ビーンスターク)が「雪印ビタミルク」(後の「雪印ネオミルク」)を製造開始。粉ミルク フレッシュアイペディアより)

109件中 21 - 30件表示

「中国粉ミルク汚染」のニューストピックワード