108件中 21 - 30件表示
  • 粉ミルク

    粉ミルクから見た出産

    これも特別用途食品のひとつで、出産前や授乳期間中の母親の栄養摂取を目的に成分を調整したもの。カルシウムや鉄分を増強し、母体および胎児の栄養補給に役立つように考えられている。粉ミルク フレッシュアイペディアより)

  • 粉ミルク

    粉ミルクから見た育児

    特別用途食品のひとつで、主に出生から離乳期までの赤ちゃんの育児用として適するように乳の成分を調整したもの(現在、各メーカーはインファント・フォミュラーの授乳目安期間を0?9ヶ月としている)。単に「粉ミルク」というと、この育児用の粉ミルクのイメージが強い。規格の制改定は厚生労働省が管轄しており、食品衛生法の付則である乳等省令にて決定されている。また特別用途食品であることから、その表示項目、内容などは健康増進法の規制を受け、消費者庁の管理下にある。母乳の成分を研究して概ね以下の様な改良が為されている。粉ミルク フレッシュアイペディアより)

  • 粉ミルク

    粉ミルクから見た亜鉛

    乳児用調製粉乳の原料としては、牛乳から乳脂肪を取り除いた脱脂粉乳、乳より分離された乳糖、乳精パウダー、乳脂肪よりも母乳に脂肪酸組成を近づけた調整油脂などを主原料に、ビタミン、カルシウム、マグネシウム、カリウム、銅、亜鉛、鉄などのミネラル、母乳オリゴ糖、タウリン、シアル酸、β-カロテン、γ-リノレン酸、ドコサヘキサエン酸、ヌクレオチドまたはRNA等の核酸関連物質、ポリアミンなど、赤ちゃんの発育や免疫調整に必要な各種栄養素が配合されている。また、欧米など諸外国ではアラキドン酸が添加されている。粉ミルク フレッシュアイペディアより)

  • 粉ミルク

    粉ミルクから見た動物

    ウシ科の動物である、ウシの乳(牛乳)を原料とするものがほとんどであるが、ウシ科の水牛、ヤギ、羊などの乳を原料にするものも製造されている。また、粉末豆乳なども広義の粉ミルクと言える。粉ミルク フレッシュアイペディアより)

  • 粉ミルク

    粉ミルクから見た心理

    赤ちゃんを粉ミルクで育てることについては、母子双方に与える心理的な作用や、粉ミルクにはない免疫機能などを考え、基本的には母乳での育児が推奨されている。粉ミルク フレッシュアイペディアより)

  • 粉ミルク

    粉ミルクから見た料理

    生乳から乳脂肪を除いてから乾燥させたもの。全粉乳と比較して保存性に優れるため工業的にも広く用いられる。湯を加えて飲用することができ、その用途としても販売されているが、現在では加工乳、加工食品の原料、料理の風味付けに使う方が多い。身近な物では入浴剤の白濁成分としても使用されている。粉ミルク フレッシュアイペディアより)

  • 粉ミルク

    粉ミルクから見たヒツジ

    ウシ科の動物である、ウシの乳(牛乳)を原料とするものがほとんどであるが、ウシ科の水牛、ヤギ、などの乳を原料にするものも製造されている。また、粉末豆乳なども広義の粉ミルクと言える。粉ミルク フレッシュアイペディアより)

  • 粉ミルク

    粉ミルクから見たアラキドン酸

    乳児用調製粉乳の原料としては、牛乳から乳脂肪を取り除いた脱脂粉乳、乳より分離された乳糖、乳精パウダー、乳脂肪よりも母乳に脂肪酸組成を近づけた調整油脂などを主原料に、ビタミン、カルシウム、マグネシウム、カリウム、銅、亜鉛、鉄などのミネラル、母乳オリゴ糖、タウリン、シアル酸、β-カロテン、γ-リノレン酸、ドコサヘキサエン酸、ヌクレオチドまたはRNA等の核酸関連物質、ポリアミンなど、赤ちゃんの発育や免疫調整に必要な各種栄養素が配合されている。また、欧米など諸外国ではアラキドン酸が添加されている。粉ミルク フレッシュアイペディアより)

  • 粉ミルク

    粉ミルクから見たアイクレオ

    1962年に日本ワイス(現アイクレオ・(江崎グリコ傘下))が日本で初めて母乳と同様乳糖100%にして、乳児にとって消化吸収の悪い牛乳脂肪を除去した「SMA」を発売。粉ミルク フレッシュアイペディアより)

  • 粉ミルク

    粉ミルクから見た和光堂

    1917年に東京の和光堂薬局(現和光堂・(アサヒビール傘下))が加糖全脂粉乳の「キノミール」を製造したのが最初。粉ミルク フレッシュアイペディアより)

108件中 21 - 30件表示

「中国粉ミルク汚染」のニューストピックワード