108件中 31 - 40件表示
  • 粉ミルク

    粉ミルクから見たビーンスターク・スノー

    1951年には、雪印乳業(現雪印メグミルク:育児用製品部門は、後にビーンスターク・スノー(大塚製薬との合弁会社)へ移管)が「雪印ビタミルク」(後の「雪印ネオミルク」)を製造開始。粉ミルク フレッシュアイペディアより)

  • 粉ミルク

    粉ミルクから見たミネラル

    乳はタンパク質、ミネラルなどの栄養価に富む食品であるが、生乳の状態では腐敗が早く、また体積が大きいため移送、保管は非常に困難である。粉乳は生乳の水分を除去し、粉末にすることで保存性、移送性を高めるために製造される。粉ミルク フレッシュアイペディアより)

  • 粉ミルク

    粉ミルクから見た牛乳

    生後9ヶ月以降の離乳期に与えるのに適した成分にしたフォローアップミルクも乳幼児用調製粉乳の一種。フォローアップミルクには、従来の離乳食や一般的に与えられる牛乳では不足しがちなビタミン、ミネラルを強化してある。基本的には乳児用調製粉乳とほぼ同じ製法であるが、脂質:タンパク質:炭水化物の比は成人の食事によるものに近づけてある。前者を専門的にはレーベンスミルク、インファントフォーミュラーと呼ぶ。粉ミルク フレッシュアイペディアより)

  • 粉ミルク

    粉ミルクから見た生乳

    粉ミルク(こなミルク、英語:)は、粉乳(ふんにゅう)とも呼ばれ、乳製品の一つで、生乳の水分をほとんど除去して、粉末に加工した食品。粉ミルク フレッシュアイペディアより)

  • 粉ミルク

    粉ミルクから見たビタミン

    厚生労働省発行のガイドライン「日本人の食事摂取基準」に従いビタミン、ミネラル類の含有量を調整している。粉ミルク フレッシュアイペディアより)

  • 粉ミルク

    粉ミルクから見た細菌

    水分を除去することで水分活性が低下し細菌が繁殖不可能な状態となるため保存性は飛躍的に向上する。粉ミルク フレッシュアイペディアより)

  • 粉ミルク

    粉ミルクから見た殺菌

    主に乳牛から取った生乳を、ろ過、脱脂、加熱殺菌、成分調整、濃縮、噴霧乾燥、包装、検査などの工程を経て作る。なお、噴霧乾燥工程で出来上がった粉乳は粒子径が小さく、水和性が低いため溶けにくい。この欠点を補い消費者の利便性を高めるため、噴霧乾燥の後、粉乳に僅かな水分を与え粉末同士を顆粒状に結合させることで溶け易くするための造粒(アグロメレーション)という工程が付加される場合も多い。粉ミルク フレッシュアイペディアより)

  • 粉ミルク

    粉ミルクから見たミネラルウォーター

    なお、日本製の粉ミルクは日本の水道水の硬度(軟水)に合わせて成分が配合されているため、市販のミネラルウォーターは一部硬度の高い製品ではミネラル分が過剰となり、乳児に負担をかける。ミネラルウォーターを参照。粉ミルク フレッシュアイペディアより)

  • 粉ミルク

    粉ミルクから見たカルシウム

    これも特別用途食品のひとつで、出産前や授乳期間中の母親の栄養摂取を目的に成分を調整したもの。カルシウムや鉄分を増強し、母体および胎児の栄養補給に役立つように考えられている。粉ミルク フレッシュアイペディアより)

  • 粉ミルク

    粉ミルクから見たヌクレオチド

    β-カロチン、ヌクレオチド、タウリン、EPA、DHAなど、乳児の発育に有益であるとされる成分を添加している。粉ミルク フレッシュアイペディアより)

108件中 31 - 40件表示

「中国粉ミルク汚染」のニューストピックワード