108件中 71 - 80件表示
  • 粉ミルク

    粉ミルクから見た硬度 (水)

    なお、日本製の粉ミルクは日本の水道水の硬度(軟水)に合わせて成分が配合されているため、市販のミネラルウォーターは一部硬度の高い製品ではミネラル分が過剰となり、乳児に負担をかける。ミネラルウォーターを参照。粉ミルク フレッシュアイペディアより)

  • 粉ミルク

    粉ミルクから見た乳牛

    主に乳牛から取った生乳を、ろ過、脱脂、加熱殺菌、成分調整、濃縮、噴霧乾燥、包装、検査などの工程を経て作る。なお、噴霧乾燥工程で出来上がった粉乳は粒子径が小さく、水和性が低いため溶けにくい。この欠点を補い消費者の利便性を高めるため、噴霧乾燥の後、粉乳に僅かな水分を与え粉末同士を顆粒状に結合させることで溶け易くするための造粒(アグロメレーション)という工程が付加される場合も多い。粉ミルク フレッシュアイペディアより)

  • 粉ミルク

    粉ミルクから見たウシ科

    ウシ科の動物である、ウシの乳(牛乳)を原料とするものがほとんどであるが、ウシ科の水牛、ヤギ、羊などの乳を原料にするものも製造されている。また、粉末豆乳なども広義の粉ミルクと言える。粉ミルク フレッシュアイペディアより)

  • 粉ミルク

    粉ミルクから見た摂氏

    2007年以前は摂氏40?60度程度の温度の湯で溶かすのが一般的であり、電気ポット等も調乳用として60度の設定を備えている物が多かった。しかし乾燥した粉ミルクの中でも細菌は生存できるので(繁殖は不可)、殺菌のため摂氏70度以上の湯で溶かすことを世界保健機関では推奨しており、2008年より厚生労働省もそのように通達している。粉ミルク フレッシュアイペディアより)

  • 粉ミルク

    粉ミルクから見た食品

    粉ミルク(こなミルク、英語:)は、粉乳(ふんにゅう)とも呼ばれ、乳製品の一つで、生乳の水分をほとんど除去して、粉末に加工した食品粉ミルク フレッシュアイペディアより)

  • 粉ミルク

    粉ミルクから見た

    乳児用調製粉乳の原料としては、牛乳から乳脂肪を取り除いた脱脂粉乳、乳より分離された乳糖、乳精パウダー、乳脂肪よりも母乳に脂肪酸組成を近づけた調整油脂などを主原料に、ビタミン、カルシウム、マグネシウム、カリウム、銅、亜鉛、などのミネラル、母乳オリゴ糖、タウリン、シアル酸、β-カロテン、γ-リノレン酸、ドコサヘキサエン酸、ヌクレオチドまたはRNA等の核酸関連物質、ポリアミンなど、赤ちゃんの発育や免疫調整に必要な各種栄養素が配合されている。また、欧米など諸外国ではアラキドン酸が添加されている。粉ミルク フレッシュアイペディアより)

  • 粉ミルク

    粉ミルクから見た

    粉ミルク(こなミルク、英語:)は、粉乳(ふんにゅう)とも呼ばれ、乳製品の一つで、生乳の水分をほとんど除去して、粉末に加工した食品。粉ミルク フレッシュアイペディアより)

  • 粉ミルク

    粉ミルクから見た離乳食

    生後9ヶ月以降の離乳期に与えるのに適した成分にしたフォローアップミルクも乳幼児用調製粉乳の一種。フォローアップミルクには、従来の離乳食や一般的に与えられる牛乳では不足しがちなビタミン、ミネラルを強化してある。基本的には乳児用調製粉乳とほぼ同じ製法であるが、脂質:タンパク質:炭水化物の比は成人の食事によるものに近づけてある。前者を専門的にはレーベンスミルク、インファントフォーミュラーと呼ぶ。粉ミルク フレッシュアイペディアより)

  • 粉ミルク

    粉ミルクから見たヒ素

    1955年に粉ミルクにヒ素が混入される森永ヒ素ミルク中毒事件が起きた。粉ミルク フレッシュアイペディアより)

  • 粉ミルク

    粉ミルクから見た英語

    粉ミルク(こなミルク、英語:)は、粉乳(ふんにゅう)とも呼ばれ、乳製品の一つで、生乳の水分をほとんど除去して、粉末に加工した食品。粉ミルク フレッシュアイペディアより)

108件中 71 - 80件表示

「中国粉ミルク汚染」のニューストピックワード