145件中 91 - 100件表示
  • ハカ (ダンス)

    ハカ (ダンス)から見た中外製薬中外製薬

    日本では1991年に中外製薬の栄養ドリンク「グロンサンDX」のテレビCMで、田中実(後に高田純次バージョンも追加)らがスーツ姿でハカを踊っていた。語句は日本語風にした「頑張って、頑張って、仕事(遊び)!」。ハカ (ダンス) フレッシュアイペディアより)

  • 中嶋宏

    中嶋宏から見た日本ロシュ中外製薬

    さらに1958年(昭和33年)から1967年(昭和42年)までフランス保険医療研究局(INSERM)に科学者として勤務し、同分野での基礎研究と臨床研究を継続した。1967年(昭和42年)、東京に戻り、日本ロシュの研究センターにおけるディレクターに就任した。中嶋宏 フレッシュアイペディアより)

  • 一般用医薬品

    一般用医薬品から見た中外製薬中外製薬

    中外製薬→ライオン(なお、外用鎮痛消炎薬の「ゼノール」は大鵬薬品工業、解熱鎮痛薬「サリドン」の製造は販売元だったゼファーマ(現・第一三共ヘルスケア)へ)一般用医薬品 フレッシュアイペディアより)

  • シグマート

    シグマートから見た中外製薬中外製薬

    シグマートとは中外製薬株式会社より発売されている冠血管拡張薬の商品名であり、狭心症、心筋梗塞、その他虚血性心疾患に用いられる。シグマート フレッシュアイペディアより)

  • リツキシマブ

    リツキシマブから見た中外製薬中外製薬

    リツキシマブ(rituximab)は、抗ヒトCD20ヒト・マウスキメラ抗体からなるモノクローナル抗体であり、その製剤は分子標的治療薬のひとつとして抗癌剤などとして使用されている。製剤としてのリツキシマブが注射剤であり、日本はリツキサン(Rituxan)®の商品名で中外製薬から発売されている。リツキシマブ フレッシュアイペディアより)

  • トラスツズマブ

    トラスツズマブから見た中外製薬中外製薬

    トラスツズマブ(遺伝子組換え)製剤はHER2過剰発現が確認された転移性乳癌に対する治療薬として用いられる。製造・販売元は中外製薬株式会社で、商品名は「ハーセプチン® (Herceptin®) 」。トラスツズマブ フレッシュアイペディアより)

  • バファリン

    バファリンから見た中外製薬中外製薬

    また、「バファリン」の日本上陸から48年目の2010年9月に、「バファリン」ブランドのかぜ薬「バファリンかぜEX」を発売。かぜ薬に関しては小中学生用の「バファリンジュニアかぜ薬」が既に発売されているが、成人(15歳以上)向けのかぜ薬は「バファリン」ブランドでは初の発売となる。なお、当社としては2004年12月に中外製薬から譲り受けた「アルペン ゴールドカプセル【指定第2類医薬品】」が既に発売されているが、ピリン系のイソプロピルアンチピリンが配合されているなど、配合成分が異なる。さらに「アルペン」にはこどもかぜシロップ・こどもせきどめシロップ・こども鼻炎シロップもラインナップされており、「キッズバファリン」のかぜシロップ・せきどめシロップ・鼻炎シロップと重複するが、配合成分やフレーバーが異なることから、現在も両ブランド共に継続販売されている。バファリン フレッシュアイペディアより)

  • ドキシフルリジン

    ドキシフルリジンから見た中外製薬中外製薬

    ドキシフルリジン(Doxifluridine : 5'-DFUR)とはアメリカのホフマン・ラ・ロシュ社によって発見され、日本ロシュ社が開発したフッ化ピリミジン系の経口抗悪性腫瘍剤(抗がん剤)。商品名はフルツロンカプセル(販売:中外製薬株式会社)。ドキシフルリジン フレッシュアイペディアより)

  • ベバシズマブ

    ベバシズマブから見た中外製薬中外製薬

    2006年(平成18年)4月21日、中外製薬が製造販売承認を厚生労働省に申請し、翌2007年(平成19年)4月18日「治癒切除不能な進行・再発の結腸・直腸癌」の治療薬として製造販売承認を受けた。ベバシズマブ フレッシュアイペディアより)

  • エルロチニブ

    エルロチニブから見た中外製薬中外製薬

    2004年11月19日米国食品医薬品局 (FDA) は非小細胞肺癌に対する治療薬として本薬剤を認可し、さらに2005年11月2日膵臓癌の治療薬としてゲムシタビンとの併用療法において承認した。日本では中外製薬が2006年4月14日厚生労働省に販売製造承認申請を行い、2007年10月19日に承認された。エルロチニブ フレッシュアイペディアより)

145件中 91 - 100件表示

「中外製薬」のニューストピックワード