169件中 11 - 20件表示
  • コマーシャルソング

    コマーシャルソングから見た中外製薬中外製薬

    1972年(昭和47年)、フォーク界から吉田拓郎が『Have A Nice Day』(富士フイルム)を(前年に中外製薬「新グロンサン」でも歌唱)、翌1973年(昭和48年)には、ロック界から大瀧詠一(元・はっぴいえんど)が『Cider '73』(三ツ矢サイダー)を手がけ、若者を中心に人気を博した。コマーシャルソング フレッシュアイペディアより)

  • バルサン

    バルサンから見た中外製薬中外製薬

    バルサンは、1954年より中外製薬がブランドの使用を始め、2004年以降は同社から譲渡を受けたライオンが製造・販売する燻蒸・燻煙式を主とした殺虫剤である。医薬品扱い。バルサン フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の日本

    2007年の日本から見た中外製薬中外製薬

    厚生労働省、インフルエンザ治療薬タミフルについて、10代への使用中止を求める緊急安全性情報を出すよう中外製薬に指示。翌未明、服用後の転落事例が2004年以降22件、うち15件が10代の患者であったとする調査結果を発表。2007年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 必殺シリーズ

    必殺シリーズから見た中外製薬中外製薬

    2作目『必殺仕置人』の放送期間中に「必殺仕置人殺人事件」が起きる。この事件の犯人が「番組を見ていた」と供述したことから、マスコミによる批判が展開され、世論の糾弾を浴びることになる。結果として、当時の制作局であった朝日放送が、キー局だったTBSから放送打ち切りを通告される事態に発展した。しかし、その後、容疑者の「俺はテレビに影響されるほど、安易な人間ではない」という供述により番組と事件の関連性が否定され、打ち切りも撤回された(当時のスポンサー中外製薬と日本電装、そして日本電装の親会社のトヨタ自動車からの打ち切りに反対する圧力もあった)。必殺シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 第一三共ヘルスケアの製品

    第一三共ヘルスケアの製品から見た中外製薬中外製薬

    解熱鎮痛薬 - 「サリドン」はスイス生まれの解熱鎮痛薬で発売当初は日本ロシュが製造していた。統合により事業を引き継いだ中外製薬が一般用医薬品事業から撤退したことに伴い、2005年以降当社(2007年3月まではゼファーマ)が製造販売元となっている。第一三共ヘルスケアの製品 フレッシュアイペディアより)

  • 高田純次

    高田純次から見た中外製薬中外製薬

    1988年に出演した中外製薬「グロンサン」(現在はライオンから発売)のCMが話題になり、CMのキャッチコピー「5時から男」で新語・流行語大賞の「流行語部門・大衆賞」を受賞した。高田純次 フレッシュアイペディアより)

  • コマーシャルメッセージ

    コマーシャルメッセージから見た中外製薬中外製薬

    ちかれたびー(ライオン:新グロモント)※当時は中外製薬が製造販売コマーシャルメッセージ フレッシュアイペディアより)

  • 三開社

    三開社から見た中外製薬中外製薬

    三開社株式会社(さんかいしゃ)は、鹿児島県鹿児島市錦江町3-34に本社をもつ病院向けの薬品などの卸売りをする会社。資本金 3,000万円。中外製薬系医薬品卸。現在は、「富田薬品」である。三開社 フレッシュアイペディアより)

  • 新光薬品 (岡山県)

    新光薬品 (岡山県)から見た中外製薬中外製薬

    新光薬品株式会社(しんこうやくひん)は、岡山県岡山市今村150に本社を置く医薬品の卸売を中心とする日本の企業であった。中外製薬系医薬品卸。地盤は岡山県。新光薬品 (岡山県) フレッシュアイペディアより)

  • 出羽薬品

    出羽薬品から見た中外製薬中外製薬

    北洞正平(中外製薬・工藤薬品取締役)出羽薬品 フレッシュアイペディアより)

169件中 11 - 20件表示

「中外製薬」のニューストピックワード