169件中 51 - 60件表示
  • リゲイン

    リゲインから見た中外製薬中外製薬

    また、商品の知名度向上に大きく貢献し20年以上たった今でもアレンジやキャッチコピー等で使用され続けているCMソング「勇気のしるし」(歌ったのは初代CMキャラクターである時任三郎の扮する牛若丸三郎太。作詞:黒田秀樹、作曲:近藤達郎)は後にCD化され各社通信カラオケ・着メロサイトでも配信されている。歌の中にも出てくる『24時間戦えますか』というキャッチフレーズは特に有名であり、中外製薬(当時。現在はライオン)「グロンサン強力内服液」の「5時から男」と共に流行語にもなった。リゲイン フレッシュアイペディアより)

  • メッセージ〜伝説のCMディレクター・杉山登志〜

    メッセージ〜伝説のCMディレクター・杉山登志〜から見た中外製薬中外製薬

    中外製薬「新グロモント」(ちかれたびー)メッセージ〜伝説のCMディレクター・杉山登志〜 フレッシュアイペディアより)

  • 井関紀大

    井関紀大から見た中外製薬中外製薬

    中外製薬(2016年) - 患者 役井関紀大 フレッシュアイペディアより)

  • キレイキレイ

    キレイキレイから見た中外製薬中外製薬

    なお、従来の「ブクブクガラガラ液」が発売された後、中外製薬から「アルペン」ブランドのうがい薬(アルペンうがい、アルペンこどもうがい薬)を譲り受けたことで当社のうがい薬のラインナップを拡充。しばらくは「アルペン」のうがい薬と併売されていたが、容器構造・内容量・成分が類似することから、大容量化してポンプ式容器となり、配合成分やフレーバーを変更して差別化した。キレイキレイ フレッシュアイペディアより)

  • 杏林製薬

    杏林製薬から見た中外製薬中外製薬

    ロカルトロール- 活性型ビタミンD3製剤(中外製薬との共同販売)杏林製薬 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺由紀

    渡辺由紀から見た中外製薬中外製薬

    中外製薬:グロンサン強力内服液、グロンサンプラス渡辺由紀 フレッシュアイペディアより)

  • キンキ薬品

    キンキ薬品から見た中外製薬中外製薬

    昭和45年8月 中外製薬系の「新王薬品」と三共系の「関西薬品」の合併により「キンキ薬品」に商号変更キンキ薬品 フレッシュアイペディアより)

  • 峯崎薬品

    峯崎薬品から見た中外製薬中外製薬

    終戦後の大阪地区の医薬品卸業者は塩野義製薬系「大阪薬品」、武田薬品系「厚和薬品」、稲畑産業系の「重松本店」、田辺製薬系の「峯崎薬品」、藤沢薬品系の「扇薬品」中外製薬系「新王薬品」、三共系の「関西薬品」、エーザイ系の「日本商事」、田辺製薬系「田辺薬品」、大衆薬では「岩城薬品(イワキ)」「中村滝商店・大坂支店」等が市場のシェアを奪い合っていた。峯崎薬品 フレッシュアイペディアより)

  • トレチノイン

    トレチノインから見た中外製薬中外製薬

    国内ではチガソンが1985年に、ベサノイドがオーファンドラッグ指定の上1995年に承認され、どちらも日本ロシュ(現:中外製薬)が輸入販売を行っている。トレチノイン フレッシュアイペディアより)

  • 広島中央薬局

    広島中央薬局から見た中外製薬中外製薬

    昭和21年4月、上海から引き揚げてきた山吉胎二が、母の山吉操の薬種店(広島市白島九軒町)を引き継ぎ「広島薬品商会」として、兄の雙一とともに広島市八丁堀に開業。開業医・郵政局・財務局・国税局・市役所に主に商品を卸していた。昭和25年1月「有限会社広島中央薬品商会」と商号変更。昭和27年11月「有限会社広島中央薬局」と商号変更する。昭和39年10月資本金1,000万円に増資し、中外製薬の働きかけで卸部門の営業権を「富士薬品」へ譲渡する。八丁堀の店舗は小売り専門となった。従業員の40名中20名は中央薬局に残った。広島中央薬局 フレッシュアイペディアより)

169件中 51 - 60件表示

「中外製薬」のニューストピックワード