145件中 81 - 90件表示
  • 大正製薬

    大正製薬から見た中外製薬中外製薬

    この枠は「水曜特番」(2005年4月 - 9月)までは筆頭スポンサーだったが、『全員正解あたりまえ!クイズ』とその後の『ドリーム・プレス社』では基本的には各社扱いだったが時折筆頭スポンサーの回もあった。金曜夜8時枠の移動に伴い降板。なお、ライバルであるライオンの医薬品事業は中外製薬から譲渡したもので金曜夜8時枠のスポンサーであるライオンは2009年3月まで提供していた。大正製薬 フレッシュアイペディアより)

  • 必殺シリーズ

    必殺シリーズから見た中外製薬中外製薬

    2作目『必殺仕置人』の放送期間中に「必殺仕置人殺人事件」が起きる。この事件の犯人が「番組を見ていた」と供述したことから、マスコミによる批判が展開され、世論の糾弾を浴びることになる。結果として、当時の制作局であった朝日放送が、キー局だったTBSから放送打ち切りを通告される事態に発展した。しかし、その後、容疑者の「俺はテレビに影響されるほど、安易な人間ではない」という供述により番組と事件の関連性が否定され、打ち切りも撤回された(当時のスポンサー中外製薬と日本電装、そして日本電装の親会社のトヨタ自動車からの打ち切りに反対する圧力もあった)。必殺シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 羽場裕一

    羽場裕一から見た中外製薬中外製薬

    中外製薬 「新中外胃腸薬」羽場裕一 フレッシュアイペディアより)

  • メディパルホールディングス

    メディパルホールディングスから見た中外製薬中外製薬

    武田薬品、アステラス製薬、中外製薬、ファイザー、エーザイメディパルホールディングス フレッシュアイペディアより)

  • 遠藤武

    遠藤武から見た中外製薬中外製薬

    ゼノールチックE(中外製薬遠藤武 フレッシュアイペディアより)

  • グラニセトロン

    グラニセトロンから見た中外製薬中外製薬

    英国の製薬企業ビーチャム社(現在のグラクソ・スミスクライン社)により開発されている。日本では1995年8月より薬価収載され中外製薬より商品名「カイトリル」で販売されている。効能は抗悪性腫瘍剤〈シスプラチン等〉投与に伴う消化器症状(悪心、嘔吐)である。ヒトでは抗悪性腫瘍剤投与による悪心、嘔吐の場合のみ使用される。注射剤と顆粒剤が販売されている。現在では多数の製薬メーカーよりジェネリック医薬品が販売されている。グラニセトロン フレッシュアイペディアより)

  • モグラ

    モグラから見た中外製薬中外製薬

    モグラの黒焼きは土龍霜と呼ばれ、日本でも民間薬として使われてきた。強壮作用、興奮作用、排膿作用があるとされる。『大和本草』の鼠(ウクロモチ、モグラのこと)の項に、「肉ヲ焼テ癰疽諸瘻ヲ治スト云ウ」、つまりはオデキや痔などの化膿したものを治すと、本草綱目から引用している。また、中外医薬生産(中外製薬とは別)から、土龍霜を配合した「ユリアン」という夜尿症の治療薬が発売されている。モグラ フレッシュアイペディアより)

  • 高瀬一誌

    高瀬一誌から見た中外製薬中外製薬

    東京府豊多摩郡井荻町(現・杉並区)に生まれる。東京経済大学卒業。父は文部大臣・郵政大臣などを歴任した高瀬荘太郎。妻は歌人の三井ゆき。中外製薬に勤務し、CMなどの制作に携わった。高瀬一誌 フレッシュアイペディアより)

  • パンテーン

    パンテーンから見た中外製薬中外製薬

    パンテーンは当初、スイスのエフ・ホフマン・ラ・ロシュによりヘアケア製品として開発された。日本では1956年に発売され、製造元は日本ロシュ(現・中外製薬)、販売元は塩野義製薬であった。パンテーン フレッシュアイペディアより)

  • エフ・ホフマン・ラ・ロシュ

    エフ・ホフマン・ラ・ロシュから見た中外製薬中外製薬

    日本には1924年に現地法人「エヌ・エス・ワイ合名会社」を設立して進出(のちの日本ロシュ株式会社)。これは日本で製造許可を取得した初の外資系医薬品企業であった。2001年12月、中外製薬との間で日本国内の医薬品事業の統合を柱とした包括的業務提携を結び、翌2002年にロシュ・ファームホールディングを通じて株式公開買付けを行って中外を買収、同年10月には医薬品事業の日本法人であった日本ロシュを中外に合併した。これにより日本国内の医薬品事業は連結子会社の中外製薬を通じて行うこととなった。エフ・ホフマン・ラ・ロシュ フレッシュアイペディアより)

145件中 81 - 90件表示

「中外製薬」のニューストピックワード