169件中 81 - 90件表示
  • 遠藤武 (声優)

    遠藤武 (声優)から見た中外製薬中外製薬

    ゼノールチックE(中外製薬遠藤武 (声優) フレッシュアイペディアより)

  • 米城薬品

    米城薬品から見た中外製薬中外製薬

    昭和39年10月中外製薬一般用医薬品特約店卸として特選品販売制度「中外会」(1卸に1小売店制度)に加盟米城薬品 フレッシュアイペディアより)

  • 1990年以後の企業の買収・合併の実績

    1990年以後の企業の買収・合併の実績から見た中外製薬中外製薬

    2001年、中外製薬を買収。1990年以後の企業の買収・合併の実績 フレッシュアイペディアより)

  • リツキシマブ

    リツキシマブから見た中外製薬中外製薬

    リツキシマブ(Rituximab)は、抗ヒトCD20ヒト・マウスキメラ抗体からなるモノクローナル抗体であり、その製剤は分子標的治療薬のひとつとして抗がん剤・免疫抑制剤などとして使用されている。製剤としてのリツキシマブが注射剤であり、日本はリツキサン(Rituxan)の商品名で全薬工業および中外製薬から発売されている。リツキシマブ フレッシュアイペディアより)

  • 秋山愛生舘

    秋山愛生舘から見た中外製薬中外製薬

    1964年10月「中外会」(中外製薬)結成により加盟秋山愛生舘 フレッシュアイペディアより)

  • ジフルコルトロン

    ジフルコルトロンから見た中外製薬中外製薬

    1980年 日本シエーリング(現 バイエル薬品)から「ネリゾナ」の販売名で、共同開発の日本ロシュ(現 中外製薬)からは「テクスメテン」の販売名で発売。(ネリゾナは1985年から1997年にかけてステロイド外用薬市場でシェア1位を占める)ジフルコルトロン フレッシュアイペディアより)

  • ゾピクロン

    ゾピクロンから見た中外製薬中外製薬

    日本では1989年から、アモバンの商品名で発売されている。当時は中外製薬と吉富製薬が提携販売。2015年時点では、サノフィ製造・日医工販売。ゾピクロン フレッシュアイペディアより)

  • 科学映像館

    科学映像館から見た中外製薬中外製薬

    「ミクロの世界 ー結核菌を追ってー 」製作:岡田桑三、脚本:吉見泰、撮影:小林米作 1958年 中外製薬 1科学映像館 フレッシュアイペディアより)

  • ほくやく

    ほくやくから見た中外製薬中外製薬

    武田薬品工業、アステラス製薬、中外製薬、ファイザー、ノバルティス、大日本住友製薬、エーザイ、小野薬品工業、第一三共、田辺三菱製薬、大塚製薬、塩野義製薬、持田製薬、キッセイ薬品工業、グラクソ・スミスクライン などほくやく フレッシュアイペディアより)

  • グローバルヘルス技術振興基金

    グローバルヘルス技術振興基金から見た中外製薬中外製薬

    グローバルヘルス技術振興基金(Global Health Innovative Technology Fund = GHIT Fund)は日本に本部を置く公益社団法人で、日本政府(外務省、厚生労働省)と製薬関連企業16社(アステラス製薬、中外製薬、エーザイ、第一三共、富士フイルム、グラクソ・スミスクライン、ジョンソン・エンド・ジョンソン、協和発酵キリン、メルク、田辺三菱製薬、ニプロ、大塚製薬、塩野義製薬、大日本住友製薬、シスメックス、武田薬品)、ビル%26メリンダ・ゲイツ財団、ウェルカム・トラスト、及びUNDP(国連開発計画)と連携する国際的な官民パートナーシップである。主に開発途上国で蔓延する感染症の医薬品、ワクチン、診断薬の研究開発に投資を行う12。ビル・ゲイツは、「GHIT Fundは日本の製薬会社、大学、研究機関の多大な革新能力を活用し、グローバルヘルス分野におけるワクチン、治療薬、診断薬の開発を加速させる」と述べている3。WHO前事務局長のマーガレット・チャンは 「GHIT Fundは先駆的なパートナーシップモデルであり、日本のイノベーション、投資、リーダーシップを世界における感染症との戦いに投入するものである」と述べている4。GHIT Fundは政府、国連機関、製薬関連企業、国際慈善財団が参画する、世界初の官民パートナーシップ基金である56。グローバルヘルス技術振興基金 フレッシュアイペディアより)

169件中 81 - 90件表示

「中外製薬」のニューストピックワード