112件中 11 - 20件表示
  • 中外製薬

    中外製薬から見たイーライリリー・アンド・カンパニー

    2004年4月☆ - イーライリリー・アンド・カンパニー社と1999年締結した提携に基づき、日本初の選択的エストロゲン受容体調整薬(骨粗鬆症治療薬)「エビスタ」、日本イーライ・リリー社と共同発売(なお、「エビスタ錠60mg」は2013年1月より日本イーライ・リリーの直販体制となる)。中外製薬 フレッシュアイペディアより)

  • 中外製薬

    中外製薬から見た佐藤製薬

    1999年★ - 免疫抑制剤 「セルセプト」発売。佐藤製薬に「テクスメテン」を承継。中外製薬 フレッシュアイペディアより)

  • 中外製薬

    中外製薬から見たテレビ朝日

    かつては日本テレビ系列水曜夜8時枠の「クイズ世界はSHOW by ショーバイ!!」→「速報!歌の大辞テン」や「全国高等学校クイズ選手権」(第15回 - 第16回)やテレビ東京系列の「未来世紀ジパング」などの提供番組を持っていた。このスポンサーは当社出身の製品を販売している日用品メーカーのライオンと共に行っていた。上記以外ではTBS系列の「水曜ロードショー」、「スペースJ」、テレビ朝日系列の「報道ステーション SUNDAY」などにも提供していた。中外製薬 フレッシュアイペディアより)

  • 中外製薬

    中外製薬から見た三笠製薬

    ただし、三笠製薬が製造する外用鎮痛消炎薬「ゼノール」の販売権は大鵬薬品工業(大塚ホールディングス傘下)へ譲渡。これは、譲渡先のライオンが「ハリックス」として同ジャンルの製品が発売されている為である。中外製薬 フレッシュアイペディアより)

  • 中外製薬

    中外製薬から見たソニー

    2001年1月★ - ソニー出身の小川渉、日本ロシュ社長就任。ロシュ・ダイアグノスティックス社長、兼任。(現職)中外製薬 フレッシュアイペディアより)

  • 中外製薬

    中外製薬から見た大塚ホールディングス

    ただし、三笠製薬が製造する外用鎮痛消炎薬「ゼノール」の販売権は大鵬薬品工業(大塚ホールディングス傘下)へ譲渡。これは、譲渡先のライオンが「ハリックス」として同ジャンルの製品が発売されている為である。中外製薬 フレッシュアイペディアより)

  • 中外製薬

    中外製薬から見た抗がん剤

    2000年★ - スミスクライン・ビーチャム(イギリス)とグラクソ・ウエルカム(イギリス)が合併しグラクソ・スミスクラインとなる。両社製品の重複整理に伴い、スミスクライン・ビーチャムの(抗がん剤治療にともなう)制吐剤「カイトリル」を全世界的にRocheへ譲渡、日本でも日本ロシュに販売が移管。(後に製造も移管)中外製薬 フレッシュアイペディアより)

  • 中外製薬

    中外製薬から見た麒麟麦酒

    1990年☆ - 中外製薬、主に人工透析に伴う腎性貧血の治療剤(エリスロポエチン製剤)「エポジン」を、ジェネティクス・インスティチュート社と共同開発し発売。しかし、アムジェン社開発、麒麟麦酒・三共発売の、同一製剤「エスポー」と特許訴訟となりエポジンは北米地域非売で和解。中外製薬 フレッシュアイペディアより)

  • 中外製薬

    中外製薬から見たテオ・ヤンセン (彫刻家)

    一般用医薬品事業を譲渡した2004年12月以降はCMのテレビ放映は行われなかったが、翌年の2005年11月から放映された『そして、医療現場へ編』から企業CMのテレビ放映を行っている。なお、新スローガンの策定に合わせて2014年12月から放映されている『風で吹きこまれるいのち』篇に登場するのは彫刻家テオ・ヤンセンの代表作「ストランドビースト」である。中外製薬 フレッシュアイペディアより)

  • 中外製薬

    中外製薬から見た上野十蔵

    1925年3月☆ - 上野十蔵によって中外新藥商會として創立。中外製薬 フレッシュアイペディアより)

112件中 11 - 20件表示

「中外製薬」のニューストピックワード